« 丸岡スポ少の試合を振り返り・・・ | トップページ | ノーベル平和賞 »

2010年10月14日 (木)

坂井市少年柔道大会を振り返り(2)

 前回の記事では、坂井市少年柔道大会を振り返ってもう少し丸岡スポ少の子供たちの活躍の様子を書くつもりだったのですが、美希弥のannoy試合で思わず熱くなりcoldsweats01 全部書き切らないまま終わっちゃったので、あと一人だけ良い試合を見せてくれた選手の試合と、あとはせっかく久し振りに3兄妹そろって大会に出場したので、その感想なんかも書いてみたいと思いますhappy01 もう少しだけ、坂井市大会の様子にお付き合い下さいcoldsweats01

  

 さて、まずは前回書き忘れてしまった、今大会を見学しての僕個人の感想ですが、前回書いたK晴・Sょうの他にも良い試合をしてたな、と思う選手がいましたwink それはM徳ですhappy01 M徳ちゃん、結果は負けちゃったけど強い相手に本当に頑張った試合を見せてくれましたgood しっかり組めてましたし、技も出ましたし、相手の技も凌げていましたし、寝技の勝負も頑張っていましたしgood 

 

 試合自体の展開は、M徳が予想以上に頑張って試合してたため、中盤以降は相手選手が上手さでポイントを重ねていく作戦に出たようで、M徳もその作戦に対応できずに小さいポイントを重ねられ負けちゃいましたがcrying 僕が見ていて、もしかしたらsign01 と思える試合をしていたと思うし、あと少しだけM徳に自信と試合に勝つという強い気持ちが出せていたなら、もっと面白い試合にはなっていたような気がしました( ̄ー ̄)ニヤリ この試合は本当に収穫ありでした。だって、いつもM徳ちゃんは優しすぎるところがあるので、自分の気持ちを少しだけですが前に出せた今回の試合は、それだけで収穫があったと思います。M徳ちゃんには、自分がとても良い技を持っていて、自分さえその気になればちゃんと勝てるんだということを知ってもらいたいですからsign01

 

 あとは丸岡の試合では、後日先生から聞いた話なのですが、幼年のS之介やY紀が頑張って良い試合をしていたとのことで、僕は見れなくて本当に残念なことをしましたcrying 特にY紀の試合は、僕も個人的に大いに期待している、センスあふれる選手の対外試合でのデビュー戦でしたので、見逃したのはかなりもったいない気がしましたweep 次回は是非とも見逃さずに応援したいと思いましたsign03

 

 

 それでは話は変わりますが、今大会は久々に3兄妹揃って出場した大会となりましたので、その試合の父の感想などを少し書きたいと思いますが、美希弥のことは前回熱く書いたので、今回は残りの長男と長女の試合の感想を少し書きたいと思いますhappy01

 

 まずは泉弥ですが、まずは2位という結果ははっきり言って出来過ぎの感じですcoldsweats02 坂井市内のチームだけの大会ですが、それでも周りは強敵ばかりでcoldsweats01 しかも今大会は、大会前の1週間は風邪のためほとんど練習出来ずに臨んだ大会でしたので、正直に言うとチームメイトの誰かにも負けてしまうかもしれないと思っていました。

 

 その不安どおり、勝ち上がりは最悪の試合内容でsweat02 動きが硬い印象を受けました。でも、微妙な僅差判定で勝った準決勝の動きは良かったように思いましたhappy01 体の大きな選手との対戦でしたが、まずは相手の技を姿勢良く受け止めることが出来ていた点、そして釣り手が格段に良くなっている点、最後に動きを止めず攻める姿勢が感じられた点が良かったと思います。旗の判定は2-1でしたし、その結果のとおり、試合を見てジャッジする審判の先生によって結果は違ってくるような、そんなきわどい勝負だったと思いますがcoldsweats01 僕は泉弥の成長は感じられた試合だったと思うので、攻めの姿勢で上回っていたこの試合は頑張ってくれたと褒めてあげたいですhappy01(相変わらず泉弥には甘い父・・・coldsweats01

 

 しかし、強いて注文をつけるとしたらthink この試合、泉弥は勝ちには行っていましたが、1本を取りには行けてなかったと思いますangry 自分より大きな体の選手から1本を取りに行くには、技のキレや崩し、タイミングも大切だと思いますが、まずは1本を取りに行くという強い気持が技にこもっていないとダメだと思いますthink 泉弥は技を出して攻めてはいましたが、

 

 「何が何でも1本取るsign01

 

 という強い意志の入った技ではなかったと思いますthink ここはこれからの柔道にも影響する大切な部分だと思うので、泉弥には今度からしっかり伝えていきたいと思います。一つ一つの技が思い切り1本を取りに行く技なら、その分、返されて負ける率も高くなるかも知れませんが、僕はそれで泉弥が負けてもいいので、まずは技に気持ちをこめる柔道を身に付けさせたいと考えているところですthink 

 

 

 それでは最後に中学生の優弥の試合ですが、僕は少年の部の畳のところにいて、遠くからちらっとしか見ていないのですがsweat02 いろんな先生方が、僕に親切に、

 

 「優弥、今日は立ち背負い、何回かビシッと決めてましたよ。」

 

 と教えてくださったので、そのお話を聞く限り、この日の優弥は頑張っていたのかな・・・と。また、優弥の試合後に、会場がワーと盛り上がる歓声が何度か聞こえ、それで気付いた僕も中学校の試合場に目を移すと、すでに優弥が勝ち名乗りを受けていてcoldsweats01 ビデオも忘れて見逃してましたcrying でも、会場の皆様にも褒めていただけるような技で勝ったのかな・・・とhappy01

 

 僕は小学生の頃の優弥にも感じていましたが、あいつ、弱っちいくせに、小さい頃から先生に教えて頂いた背負投げと背負いに対する気持ちのお陰で、そしてそれを今でもまだ貫き通しているお陰で、会場の皆様からも褒めて頂ける様な技を、年に数回の少ないペースですがcoldsweats01 見せてくれて、これは本当に幸せなことだと思います。どこのチームと言わず、見ている方から歓声が上がるような技で勝てるのは、本当に少ない子しかいないだろうし、自分自身も技を決めた後の快感は最高なんだろうと思います。(僕はそんな技で勝ったことが一度もないので、気持ち良さが分からないし、でもかなりうらやましい・・・coldsweats01

 

 これから強くなって勝っていくには、それだけではもちろんダメですし、いろいろ課題が多すぎるくらいあるので大変だとは思いますがcoldsweats01、この日のように、見ている方々から歓声が上がるような、そんな柔道にはやっぱりこだわってほしいと思いますhappy01 そして、この大会で味わった快感はずっと忘れないで持っていてほしいと思いましたconfident 何度も書きますが、このような会場を沸かせる技で勝てる選手は、僕はそう何人もいないと思いますからhappy01

|
|

« 丸岡スポ少の試合を振り返り・・・ | トップページ | ノーベル平和賞 »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/37210535

この記事へのトラックバック一覧です: 坂井市少年柔道大会を振り返り(2):

« 丸岡スポ少の試合を振り返り・・・ | トップページ | ノーベル平和賞 »