« 県スポ少大会(2) | トップページ | 3兄妹の父、東京へ行く »

2010年9月 9日 (木)

キッズ柔道大会(我が子編)

9月5日、県立武道館では實心館仲保道場さんが主催された「キッズ柔道大会」が開催されていました。我が子ら(美希弥と泉弥)は午前の県スポ少大会終了後、午後からの個人戦に出場させて頂きましたhappy01 しかしこの日仕事だった父は、メールにて


「泉弥は試合に間に合わなかった」


と連絡を受けていたので、それは仕方ないな、それにしても主催の仲保道場さんの先生方や対戦相手の方々に申し訳ないことになったなぁshock と思っていたのですが、どうやら御厚意で試合をさせて頂けたと聞き、とても嬉しかったですhappy01 本当にありがとうございました。そしてご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでしたsweat01


さてsign01 キッズ柔道大会といえば毎回、県内外から強豪チームが多数参加されて行われるレベルの高い大会で、参加させて頂けるだけでも光栄な大会なのですが、話しを聞くところでは今年も手に汗握る好勝負がたくさんあったようですねup 3兄妹の父としても、このようなハイレベルな大会の中で、美希弥や泉弥がどこまで柔道できるのかsign02 不安ばかりが先にたっていましたcoldsweats01 そんな中、ビデオには美希弥の予選2試合と泉弥の予選1試合が映っていました。試合を見て、美希弥の2試合の感想は


「やっぱりな・・・sweat02


でしたsweat02 何も言うことが見つかりませんdanger 怒ることさえ見つかりませんねcoldsweats01 2試合とも全く柔道できていませんでしたね。させてもらえなかったのか? しようとしなかったのか? ま、ここが今の美希弥の実力でしょうthink あとは本人がこの試合で何を思い、これからどうしていくのか・・・sign02 ですね。


ただ、ビデオを見て一つだけ思ったのは、当たり前のことなのですが、相手をなんとしても投げに行って逆に投げられて負けるのと、投げられたくないと守って凌いで結局投げられて負けるのとでは、同じ投げられて負けるのでも、意味が全く違うということですね。そしてそこが、強い選手と今の美希弥との決定的違いかな、と思いますthink 美希弥にはまず言いたい。


「相手を投げに行く強い気持ちをまず持てないと、そこから先には進めない。負けも意味のない負けになってしまう。」


同じ負けなら、自分から投げに行って負ける柔道が見たいものです。負けたくない・投げられたくないという気持ちもよく分かるのですがcoldsweats01 まずはその自分の弱い気持ちに勝って、そして相手との勝負にいける気持ちを作っていって欲しいものです。



一方、泉弥は・・・というと、ビデオには1試合のみ映っていたのですが、2試合したらしく、初戦は大外刈りで勝ったとの本人談でcoldsweats01 映っていたのは、實心館さんの4年生K選手との試合でした。かなり強い選手で、しかも学年上の選手sweat01 でも、内容は凄く評価できる試合をしていたな、という感想ですnote 美希弥と泉弥との違いも、やはり気持ちの面だと改めて思いました! 泉弥は、序盤からいきなり技ありを奪われる厳しい試合展開でしたが、その後は必死に喰らい付きながら「なんとかしよう」と技を出したりする姿勢がよく分かりました。もっと簡単に負けてしまうと思っていましたが、徐々に対応していって凌ぎ、技もいくつか出せていて、父は驚きましたcoldsweats02 最後は体落としのような感じで二つ目の技ありを奪われ1本負けでしたが、試合内容は簡単に諦めず粘りの見れた良い試合だったのではないかと思っています。


実力的に敵わないのは仕方がないことですが、そこからどう戦っていくかはとても重要だと思います。実力が数段上の選手にも、しっかり組んで戦えていたのも良かったですし、なんとかしようと技も出していけたのも良かったと思います。それこそ、必死に喰らい付いていこうとする姿勢が見れて、それだけでもこの大会に出させていただいて本当に良かったな、と思います。泉弥はこの大会でまた一つ、大切な事を学んだような気がしますhappy01


最後になりますが、今大会を主催・運営して下さった實心館仲保道場の皆様、関係者の皆様、本当にありがとうございました! また、よろしくお願いします。そして、ご迷惑もお掛けしまして本当に申し訳ありませんでした。

|
|

« 県スポ少大会(2) | トップページ | 3兄妹の父、東京へ行く »

3兄妹の柔道成長日記」カテゴリの記事

コメント

實心館の皆さんには昨夜も合同練習をしていただき、併せて御礼申し上げます。wink
實心館の選手たちは皆鍛え上げられて、スポ少にも良い刺激になりました。

試合は審判をしていたのであまり見れませんでしたが、6年生の試合に物足りなさを感じました。
裕サンの言うとおり、相手の攻撃をしのぐ事ばかりに神経が行っていたようですcoldsweats02
勝敗は別にして、後につながる柔道を心掛けるように、尚一層指導していかねば・・・angry

投稿: クリリン会長 | 2010年9月 9日 (木) 12時09分

クリリン会長、コメントありがとうございます!

實心館さんは本当に強い鍛えられた選手がたくさんいて、丸岡にはとても刺激になりますね。大会、合同練習をとおして、何か一つでも学んで欲しいですね!

實心館の先生方、選手のみなさん、保護者のみなさま、遠いところを練習に来て下さり本当にありがとうございました!!

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2010年9月10日 (金) 18時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/36621889

この記事へのトラックバック一覧です: キッズ柔道大会(我が子編):

« 県スポ少大会(2) | トップページ | 3兄妹の父、東京へ行く »