« 優弥の成長度 | トップページ | 坂井地区柔道大会(個人戦) »

2010年7月18日 (日)

坂井地区大会(団体戦)

 7月17日(土)、坂井町武道館において中学校の坂井地区柔道大会が開催されましたhappy01 長男・優弥が出場しましたが、あいにく父は仕事で観戦できず・・・crying 翌日のビデオ観戦となりましたhappy01 今大会は・・・坂井市の6中学校が参加し、

 

(1)団体戦(5人制)

(2)個人戦

  ① 全学年の部(各階級別)

  ② 2年生の部(各階級別)

  ③ 1年生の部(各階級別)

 

 で行われ、団体戦の上位4チーム及び個人戦各部・各階級の2位までが、来週24日に行われる県大会へと進出します。また、この県大会での団体戦優勝チーム及び全学年の部各階級の優勝者は、島根県で開催される第41回全国中学校柔道大会へと出場しますsign01

 

 丸岡中学校は団体戦の予選リーグで、強豪の三国中学校、芦原中学校と同じリーグとなっていましたcoldsweats02 この予選リーグを突破できるのは3チーム中の上位2チームsign03 つまり1勝が最低条件です。また、「決勝トーナメント進出=上位4チーム入り」ということで、県大会出場を賭けた戦いでもありました。

 

 僕は個人的に優弥の試合内容に期待していましたhappy01 この大会前2週間での成長度が素晴らしいと思っていたからです。生活態度もかなり改まり、何事にも集中力が出てきていました。こういう時の子供は、よく伸びる時だと思いますhappy01 僕は試合の1日前、風呂で優弥とこんな話をしていましたhappy01 

 

「優弥、明日の試合な、引き分けは絶対したらあかんぞsign01 どんな相手でもガンガン攻めて、1本取るか・取られるかの勝負をして来い。もし引き分けしたら家に入れんからなbleah 引き分けするぐらいなら思いっきり勝負に行って返されて負けて来いな。」

 

「えぇ~shock 何か怖くなってきたがsweat02

 

「なんでや?お前、まさか引き分けするつもりやったんか? この前はワクワクしてきたって言ってたやん。」

「そうじゃないけど・・・sweat01

 

「お父さん、何か厳しい注文してるか?確かに『負けたら家に入れんぞ』なら厳しいかもしれんけど、お父さんそんな事一言も言ってないやろ。引き分けするななんて、優しいお父さんやと思わん?」

 

「ま、確かにhappy01

 

「もしポイントなくて試合時間なくなってきたら、最後は自分から倒れて負ければ良いやんbleah 引き分けにはならんやろcatface ま、次の日ビデオで試合見て、もしそんなことしてたら、家に入れん+ビンタ100発やけどねcatface

 

     ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

 

 

 こうして大会の次の日、家に帰り楽しみにしていたビデオを見てみると・・・まずは初戦、三国中学校戦・・・・・shock 0-5・・・crying 完敗でしたsweat01 優弥の試合時間、一番短かったですねcoldsweats01 まさに秒殺sign03 負けるのは仕方ありませんが、組まれた瞬間後ろに下がり、大内で1本負けはありえませんthink 相手は強敵でしたが、負け方が悪かったですねimpact それにしても素直に親の言うことを守る男ですcoldsweats01 引き分けはせずにしっかり負けてきましたsweat02 点数は・・・もちろん0点sign03

 

 

 気を取り直して2戦目sign01 ここがポイントの芦原中学校との試合でした。まずは先鋒として登場した優弥。相手は小学校時代から何度か対戦しているY君。お互い力が拮抗しており、小学校時代からなかなか1本では決着がついたことがありませんthink この試合、最初の1分半は完全に相手ペースでsweat01 組み手にかなり苦しんでいる様子でしたthink 消極的の指導も2つもらいannoy、相手にリードを許して中盤に向かう苦しい展開・・・(この日はどの試合でも指導が出るのがかなり早く感じられ、とても良い傾向だったと思いましたhappy01 国際ルールそのままの印象です。) 

 

 ところが中盤、2つ目の指導をもらった後、いきなり優弥の動きが別人のように変わりましたcoldsweats02 俗に言う「スイッチが入った」というやつでしょうcatface いきなり自分から組みに行き、先に自分の組み手にして攻めるナイスな動きをしだしましたshine (自分から組みに行けばこんなに簡単に持てるのに、わざわざ組み手争いなんて出来もしないことするから組み負けるんですねcoldsweats01) その直後、釣り手を動かし相手を揺さぶり背負投げで1本取りましたhappy02 Y君相手におそらく初めての1本勝ち、しかも高背負いで決めてくれて、あれはカッコいい背負いでしたgood 立ったままの背負いはやっぱり美しいheart02 

 

 背負いで1本取ったという結果は100点です。しかし、スイッチの入りが遅いsign01 下手な組み手争いするなsign01 ガンガン柔道が持ち味の優弥が2つも指導もらうなsign01 で-30点。70点の試合にしときましょうかbleah 

 

 その後、チームは3-1で勝利しshine なんと見事に目標としていた予選リーグを突破sign03 県大会出場を決めてくれましたhappy01 おめでとーshine

 

 しかし、決勝トーナメントがまた苦しい試合の連続でしたねdanger トーナメント初戦は丸岡南中学校との対戦。このチームは丸岡スポ少のOBと川口道場さんのOBが顔を揃えるチームで、当然かなり強いチームですhappy01 小学校時代を思い出させる懐かしい対戦に胸が躍りましたhappy02 先鋒戦、優弥はA君と対戦。当然、小学生時代から分の悪い相手との対戦で苦戦でした。終始攻め込まれる展開で、試合終了間際に有効を奪われ優勢負け。優弥らしさが一つも出なかった反省の多い試合だったと思います。こちらも苦手意識から思い切った柔道が出来ずに、下手な組み手争いで組み負けるいつもどおりの試合でcoldsweats01 自分から取りに行こうとは一度もしていなかったです。組んだら負けない強さがあると思うのに、自信がなくて組めないんでは試合になりません。両袖を持たれて何もさせてもらえなかったですね。

 

 次鋒戦  丸中 K輔 VS 南中 Tおる

 中堅戦  丸中 Y輝 VS 南中 T君

 副将戦  丸中 B場君 VS 南中 S太

 大将戦  丸中 O崎君 VS 南中 Mやん

 

 と、みんな頑張っていましたが、やはり南中は強かったhappy01 0-5とこちらも完敗sweat01 3位決定戦へとまわりました。

 

 3位決定戦では坂井中学校と対戦していました。先鋒戦、優弥は負けましたが面白い試合を見せていたと思いました。試合は、右組の優弥と左組みのT君との対戦で、T君の袖釣り込み腰と一本背負い対優弥の足技といった勝負でした。まずは序盤からお互い技を出し合う展開で、優弥が大内で大きく倒す場面があったのですが、ここが惜しくも引き手が切れて逃げられました。その後、終わりは必ず相手の袖釣り込み腰を受けて「待て」がかかる展開で、技出しは同じでも相手の攻めが印象良く感じられます。優弥に指導がきましたsweat01 終盤には、1本背負いで技あり・有効を立て続けに奪われる苦しい展開で・・・shock T君は器用な選手で、左から袖釣りと右から1本背負いが飛んできてthink 振り回されていましたね。オーラス、大内刈りで技ありを取り返しますが時間切れ・・・sweat02 取りつ・取られつの面白い試合展開でしたが、やはり背負いを一度も出していなかったのが悔やまれます。足技は効いていたのですから、背負いは両手持って出せれば決まってたかもしれませんねthink ここが課題となったところだったと思います。

 

 結局この悪い流れを取り戻せず、団体戦は0-4で敗戦。。。優弥にとっても悔しい試合となったようです。でも僕は、この優弥の負けた3試合を見て、手応えは感じましたhappy01 初戦の三国中との試合は0点ですから別として・・・残りの2試合は十分挽回できるチャンスの残された負けだったと思います。とにかく、良くも悪くも背負い次第の男だと改めて感じた団体戦だったと思いますhappy01

 

 

 

|
|

« 優弥の成長度 | トップページ | 坂井地区柔道大会(個人戦) »

3兄妹の柔道成長日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/35799551

この記事へのトラックバック一覧です: 坂井地区大会(団体戦):

« 優弥の成長度 | トップページ | 坂井地区柔道大会(個人戦) »