« 第22回マルちゃん杯中部少年柔道大会 | トップページ | 鯖江三六祭記念柔道大会(団体戦) »

2010年6月 9日 (水)

マルちゃん杯で学んだこと

 さて、今年のマルちゃん杯も終わってしまいましたが、前回書いたとおり子供たちは丸岡スポ少に「マルちゃん杯初勝利」をプレゼントしてくれましたhappy01 遠征に引率する父兄さんにとっても一番のプレゼントですし、疲れも一気に吹き飛ぶ一瞬ですねhappy01 子供たち自身もとても貴重な経験をしてきたことと思いますwink

 

 しかし、改めて大会を振り返ってみますと、そう喜んでばかりもいられないところもあったように感じ、反省しなければならないことも多く残された大会だったのではないでしょうか・・・sad そこで今回は、先生から話を聞いた反省、僕らが上から見ていて感じた反省などを少々・・・書いてみたいと思いますdash

 

Photo まずは会場入りする前の子供たちの写真からhappy01 前日土曜日の夜中に出発し、会場に着いたのはまだ4時過ぎだったと思います。しばらく車の中で仮眠をとり、6時にはみんな元気に外に出て遊んでましたねcoldsweats01 お前ら、「緊張」って言葉知らないのか??? 親が一番疲れてましたし、緊張もしてたかも・・・coldsweats01 ま、元気なくてお通夜みたいのよりは全然マシですけどね。。。bleah

 

Photo_2 そしていよいよ始まった開会式sign01 光栄にも、丸岡スポ少の選手が福井県のプラカードを持たせていただくことになりましたscissors R佳がしっかり大役を果たしてくれましたshine 

 

 

 

Photo_3 いよいよ試合直前の選手たちの姿ですscissors 全員、気合が入っている様子ではありましたが、顔は幾分緊張気味・・・coldsweats01 正面と対戦相手との礼が済んだ後の「気合い入れていくぞー」という主将の声がやけにか細くてcoldsweats01 観客席から見ている僕らにすると不安な立ち上がりでしたshock 先生から聞いたところによると、準備体操・打ち込みの時からすでに「終わってた」らしくangry 主将がやっぱり責任果たせてなかったみたいでしたimpact まずはここからですねthink 遠征の団体戦、意味分かってるのか、主将殿?

 ・・・もう2年目なんだし、いい加減しっかりしてくれよsweat02 お前のその元気なさ・やる気のなさでチームが負けたらどうするの???お前がチームを引っ張っていかなきゃ、誰が元気出させてくれるの? 誰がチームの雰囲気作っていくの? 責任感じないなら主将辞めれば?

 

Photo_4 とういわけで始まった先鋒戦、主将の情けない失態を帳消しにしてくれたのが先鋒・R菜でしたhappy01 この先鋒戦、R菜が5人の中では一番いつもどおりのR菜らしい試合をしていたと思いましたshine 持ち味の先に先に攻め込む柔道で相手に指導もきましたし、最後は足技(多分、大内だと・・・coldsweats01)から相手を崩してそのまま押さえ込みsign01 完勝でしたねscissors 試合中盤から使っていた、久しぶりに見たR菜の支え釣り込み足がかなり有効で、実は相手も相当支え釣り込み足を嫌がっていたと思うので、思い切って行けば背負いで勝つことも出来た試合だったかもしれませんhappy01 

 

Photo_5 緊張気味で、アップから気合いを入れることも出来なかったチームに、これで勢いがついたのだと思います。 団体戦としては、まずは先鋒の仕事をしっかり果たして次鋒戦へとつないでくれましたshine

 

 

Photo_6 次鋒戦、へたれ主将が登場しました。。。試合内容は、大外で追いかける美希弥とそれを凌ぐ相手・・・といった展開で、試合中盤ごろに美希弥の圧力に真っ直ぐ下がってしまった相手を捕らえて大外刈りsign01 何とか足が掛かり技ありを奪いました。そして終盤には縦四方固めに入り合わせて1本。勝つには勝ちましたthink でも、いつもの美希弥からすると40~50点くらいの出来だったと思います。やはりビビッて思い切りに欠ける試合運びだったと思います。R菜がつけてくれた勢いで勝たせてもらった印象ですねthink 大事な次鋒戦、慎重になってしまう気持ちも分からないでもないですがcoldsweats01 ちょっと物足りない感は大いに感じましたbearing また、終盤、消極的の指導をもらった相手がちょっと前に出て攻めに来た時、守りに入ったのも納得いきませんねangry 前に出てきたら逆にチャンスなのに、相手の気合いに受けに回った美希弥は最悪でした。相手の一本背負い、潰れてくれたから助かったものの、体重を乗っけて受けるようなことしたら必ずやられますthink 反省の多い試合でした。最近、調子は上向きな美希弥ですが、こんな試合してたらすぐにまた逆戻りしてしまうぞthink 

 

 

Mizuki_4Mizuki_5Mizuki_6 続いて中堅戦、M紀はちょっと強引でしたがcoldsweats01 気合いで相手を投げ有効、そのまま押さえ込んで1本勝ちでしたhappy01 はっきり言いまして・・・技はムチャクチャでしたcoldsweats01 でも、気合いは入っている投げでしたねhappy01 何が何でも勝つという気持ちのこもった技には違いないと思います。どうしても力任せに下へ潰しにいく技になりがちで、こちらも技の反省は必要ですが、最近、負ける試合が続いていたM紀にとっては、この勝ちが一番の薬になると思いますhappy01   勝ててホッと一安心、しかし勝って兜の緒は締めて欲しい・・・といった試合だったのではないでしょうかhappy01

 

 

 副将戦のR一は写真がないので残念ですがcrying 序盤に決めた支え釣り込み足の技ありは見事だったと思いますshine しかし、得意の大外が思い切り入れていなかったのが反省点かもしれませんねthink ケンカ四つの、しかも組み手の厳しい相手で難しい試合だったと思いますが、左組みの宿命だと思いますし、良い支えや足払いが使えるのですから、あとは踏み込む勇気だけだと思いますwink 何とか得意な技で決めきる柔道を目指して頑張って欲しいものです。また、R一は2回戦がそうだったのですが、体格の割には受けが甘いところがあるように感じます。丸岡では低い技の入り方をする選手がいないし、強烈な足技を使う選手も少ないため、練習不足は仕方ない部分もあるとは思いますが、これから大会等で試合をしていく上では、いろんな柔道に柔軟に対応していく力も必要になってくると思います。この大会、またひとつ良い経験になったと思いますscissors

 

 

Syou 最後は大将戦、Sょうの試合ですhappy01 相手は組み手も厳しく強い相手だったと思いますcoldsweats02 Sょうはその強い相手に序盤から中盤にかけてとても良く頑張った試合をしていたと思いますgood 試合の勝敗を決めたポイントは、 僕は何といっても試合中盤に出た写真の支え釣り込み足だったと思いますthink 中盤、組み負けたSょうが相手に押され下がり気味になったところでしたが、上手く支えで切り返すシーンがありました。

 

Syou_2 この支えが惜しくも決めきることが出来ずにノーポイントcrying ここから更に相手は慎重に組み手を厳しくする柔道になってきて、釣り手を持たしてもらえなくなりました。相手選手の引き手の持ち方はとても上手かったですね。こうして終盤になり、Sょうの気持ちも若干切れ掛かったところで、ついに力尽きて投げられてしまいましたshock 試合はそのまま押さえ込まれての敗戦でしたが、僕は勝てない試合ではなかったと思いますし、この支えが決めきる気持ちで何らかのポイントを奪えていたら、また違った結果になっていたのではないかと思っていますhappy01 実力も似た強い選手との対戦では、そう多くないチャンスを確実にモノにする気持ちと集中力が、試合の結果に大きく影響してくると思いますthink Sょうもまた、この大会で貴重な経験をした選手だと思います。今後も丸岡スポ少の大将として、試合では相手チームの大将と勝負していかなくてはならないのですから、更なる成長を願わずにはいられませんhappy01

 

 

 2回戦は、残念ながら今回の中部大会で見事に優勝されたH野道場さんとの対戦ということでsweat01 ほとんど全員が、相手の強さも感じる前に試合を終えた感がありますねcoldsweats01 確かに優勝されるチームだけあって、実力差も体格差も圧倒的に違いましたねshock しかし、全国でも上位のチームとの対戦機会を得るということは、遠征ならではの醍醐味でもあります。子供たちも全国クラスの実力を肌で感じ、相手の実力は分からないまま終わったにせよ、「違う」というのは感じてくれたのではないかと思いますcoldsweats01 悔しい気持ちを持ったのかどうかは置いといて・・・coldsweats01 対戦を忘れないでいて欲しいとは思いました。

 

 

 さて、長々と書いてきましたが、これからまだまだ大会が続いていく丸岡スポ少sign01 この遠征で学んだことを忘れることなく、少しずつでも変わった姿を見せていって欲しいと思います。今回の遠征は、本当によく頑張ってきてくれたと思います。お疲れ様でしたhappy01

 

 

|
|

« 第22回マルちゃん杯中部少年柔道大会 | トップページ | 鯖江三六祭記念柔道大会(団体戦) »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/35148897

この記事へのトラックバック一覧です: マルちゃん杯で学んだこと:

« 第22回マルちゃん杯中部少年柔道大会 | トップページ | 鯖江三六祭記念柔道大会(団体戦) »