« いよいよ週末は! | トップページ | マルちゃん杯で学んだこと »

2010年6月 7日 (月)

第22回マルちゃん杯中部少年柔道大会

 平成22年6月6日(日)、静岡県浜松市の浜北総合体育館にて、東洋水産様が毎年主催されている「第22回マルちゃん杯」の「中部地区少年柔道大会」が開催されましたhappy01 今年も小学生の部(学年関係なしの5人制)、中学男子の部(5人制)、中学女子の部(3人制)で争われ、中部各県の強豪チームが多数参加されていましたwink

 

 今年の小学生の部は全部で70チーム弱が出場されており、丸岡スポ少もオール6年生のチームで参加させていただきましたhappy01 まずは大会遠征が無事に終われましたことを、ご協力いただきました関係各位の皆様に厚くお礼申し上げますsign01 このような大きな舞台で、代表選手の6人が貴重な経験をさせていただくことができましたのも、何事もなく無事に遠征を終えることができましたのも、多くの関係各位の皆様のご協力のお陰です。本当にありがとうございましたsign03

 

 子供たちはこのような中部各県のチームが多数参加された大きな大会で、福井の丸岡代表としてとても頑張ってくれていたと思いますshine また、遠征中もとても元気に良い子で過ごしてくれて、引率する父兄としてはとても楽な遠征でしたhappy01 さすが6年生ですgood それでは早速結果報告ですが、なんと今年は選手がとても頑張ってくれて・・・・

 

 

 丸岡スポ少 マルちゃん杯初勝利

 

 

 をあげることができました (v^ー゜)ヤッタネ!! 念願のマルちゃん杯1勝ゲットですhappy02 先輩たちが過去2回挑戦して勝つことができずに、そして昨年は今年と同じメンバーで挑戦し惜敗・・・crying 今年は4回目の挑戦、昨年と同じメンバーで大会に臨み、見事に昨年のリベンジを果たしてくれましたsign03shinehappy02 

 

 

【1回戦】 VS J好会さん(静岡県)

 先  ○ R菜 (1本勝ち)

 次  ○ 美希弥 (1本勝ち)

 中  ○ M紀 (1本勝ち)

 副  ○ R一 (優勢勝ち)

 大  ▲ Sょう (1本負け)

 

 ということで、4-1で見事に初戦を突破することができましたhappy01 みんな緊張している様子で、動きが硬かったのは硬かったのですがcoldsweats01 先鋒のR菜が「らしい」柔道で勢いを付けてくれて、この先鋒の頑張りにみんながついてきてくれた感じがありましたscissors やっぱり団体戦はチームワークが重要ですねhappy01 足技から有効を奪い、そして押さえ込んでの1本勝ちでしたhappy01 体が硬いなりに持ち味は発揮できた試合だったと思いましたwink 強かったです。

 

 続いて次鋒の美希弥、R菜からもらった勢いで、積極的に大外で前に出るのは出るのですが、技がムチャクチャcoldsweats01 あれでは掛かりませんねsweat02 気だけ焦って前に出ても、体がバラバラでいつも以上に下手な技でしたcoldsweats01 中盤、その下手な大外でしたが倒したい気持ちだけで強引に投げに行って技ありを奪い、終盤にはなんと寝技coldsweats02 大外よりも更に下手な寝技で1本取る意外な試合展開coldsweats01 2-0で精神的に有利に中堅戦を迎えることができました。

 

 後半、何が起こるかわからないですし、ここで決めてしまいたい中堅戦、M紀は開始早々の内股sign01 こちらも技はムチャクチャでしたがcoldsweats01 気持ちで持って行って技あり、そのまま袈裟固めで1本happy01 M紀で団体戦の勝利を決めてくれましたhappy01 

 

 副将R一の対戦相手からちょっと雰囲気が変わってcoldsweats02 強そうな女子選手が2名並んでいました。しかしR一は、序盤に支え釣り込み足で技ありを奪うと、そのまま優勢勝ちで4-0としてくれました。本当は団体戦の勝利も決まった後の試合ですし、思いっきり得意の大外刈りで勝負に行く柔道が見たかったところですが、初戦の緊張がとれていなかったのか・・・イマイチ踏み込めない技で決めきることができなかった試合でした。

 

 最後、大将のSょうですが、試合自体は負けてしまいましたが、決して勝てない相手ではなかったと思いますsign01 現に終盤までは、確実にSょうのペースで試合が進んでいましたし、負けてる試合じゃなかったと思いますthink しかし、終盤には相手の組み手の上手さから徐々に押される展開へとなって行き、気持ちの切れ掛かってきた最後の最後にやられてしまいましたcrying やっぱり、体と心が後ろに下がってきちゃうとやられますね。。。中盤、ナイスなタイミングで入った支え釣り込み足が、惜しくもノーポイントだったのが勝敗の分かれ目だったかもしれませんthink あそこでしっかり決め切ってポイントを何でも奪えていたら・・・「たら・れば」はダメですがcoldsweats01 また違った結果だったかもしれません。

 

 

【2回戦】 VS H野道場さん(愛知県)

 

 言うことなく今年の優勝候補筆頭で、昨年のチャンピオンチームが対戦相手となった2回戦shock 実力の差が大きかったですねcrying 0-5での完敗でしたshock 試合前、一つでいいから自分から技を出していって、負けるならその技を思いっきり返されるような負け方をしてほしいな・・・と保護者の方と話をしていて、そしたら何人かは先に技を出すことはできていました。しかし、気持ちのこもった技では・・・なかった・・・と思いますthink 

  

 今大会は講道館ルールで行われたのですが、さっそく先鋒のR菜はその講道館ルールでは認められている足取り小内で1本負けshock 技に入られた瞬間、気持ちと体が後ろに下がってしまい、きれいに決められました。前に投げられる技で負けて欲しかったのが本音ですが、子供たちにはいろいろなルールの変わり目でsweat01 すこしかわいそうなところもあるかも知れませんね。もちろん、鍛えられているチームというのは、そういうことも踏まえしっかり教え込まれているのでしょうが・・・think

 

 美希弥は開始から組んで大内で勝負に行ったのは良かったです。しかし、次の瞬間、払い巻き込みでキレイに宙を舞いましたcoldsweats01 体重差もありましたし、投げられるのは良いけど・・・その後何とかならんかね・・・少なくとも、背中をきれいに畳に付けられる技ではなかったです。腰を切るとかなんとかできんもんかね・・・飛んだときにはすでに受身の準備してましたモンねcoldsweats01

 

 中堅の選手は強かったです。H野さんの初戦で中堅の選手を見た瞬間、「あ、この子は違うな」と思いました。M紀は相手の強さも感じる前に内股にやられました。試合後、お父さんが本人に「相手、強かったか?」と聞いていましたが、「分からん」とM紀が答えたとおり、率直な感想だったと思います。本当に強さも感じる前に投げられたんだと思いますdash でも、それが強いってことなのかもしれませんけどねcoldsweats01

 

 副将戦、R一の大外は少しもったいなかったです。最初から返される準備をしながら技に入ってるように見えましたcoldsweats01 あれは返されますthink 先鋒戦から大将戦までで、唯一、勝負できる対戦だったと思いますが、気持ちの面で負けてたんだと思います。1回戦と違い、前が勝って勢いを付けてきてくれたのではなく、中堅戦まで完敗でやられてきた後でしたから、そういう「負」のイメージで試合に臨んでしまったのかも知れませんね。

 

 最後は大将戦、相手選手は大きかったですねぇcoldsweats01 Sょうも組んで大外にいくのですが、やっぱり投げにいく大外刈りではなかったと思います。最後は払い腰に屈しました。

 

 

 さて、このような内容で試合を終えた子供たちhappy01 内容には満足できませんが、遠征で1つ勝てたのは大きな収穫だったと思いますsign03 次への自信にして、また更なる成長を遂げてほしいものです。その姿を見せてくれることが、周りの方々への何よりの感謝の気持ちの表わし方だと思います。

 

 

|
|

« いよいよ週末は! | トップページ | マルちゃん杯で学んだこと »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

大会お疲れ様でした

眠くて眠くてフラフラでしたがスカッとする試合も見れましたdelicious
Y章最高でしたねsmile

来週からの大会では より一層頑張ってもらいましょうup
狙うは表彰台です

運転ありがとうございました

投稿: R親父 | 2010年6月 7日 (月) 15時17分

R親父さん、大会お疲れ様でした。会長として、本当にお疲れだったことでしょうbearing
いろいろありがとうございました。お陰で良い遠征になったと思いますhappy01
1勝できてよかったですねgood

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2010年6月 7日 (月) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/35114204

この記事へのトラックバック一覧です: 第22回マルちゃん杯中部少年柔道大会:

« いよいよ週末は! | トップページ | マルちゃん杯で学んだこと »