« 第7回全国小学生学年別柔道大会県予選会 結果 | トップページ | 全国大会予選を振り返り(ベストバウト編) »

2010年5月10日 (月)

全国大会予選を振り返り(スポ少編)

 日曜日に行われた全国大会予選。。。丸岡スポ少からは各部門に6年生7人が出場しましたhappy01 新チームとなって初めての大会、しかも大事な県大会とあって、僕も楽しみに駆けつけましたnote

 

 まずは女子ですが、プログラムを見て思わずため息dash やっぱり重たいクラスは人数が少ないなぁsweat01 ま、それだけにどの子もレベルが高くて、初戦から激戦なんですけどねぇcoldsweats01 

 

 というわけで、重たいクラスにはM紀が出場しましたhappy01 初戦は不戦勝で2回戦が準決勝でした。対戦相手はこれまた強敵、柔整会のY選手coldsweats02 とにかく相手は強いので、自分から積極的に勝負しに行く柔道を期待していたのですが、残念ながら1本負け。。。shock 内容が残念だったのは、やはり気持ちの持って行き方なのだと思いました。勝敗は別にして、もっと気持ちのこもった勝負に行く試合が見たかったところでした。

 

 軽いクラスはR菜R佳が出場しましたが、ともに初戦は突破したものの2回戦での敗退となってしまいましたcrying 

 

 R佳の初戦は、動きが少し硬いようで心配でした。まだ体が暖まっていなかったのかもしれませんsweat02 足技も背負い投げも硬い感じでしたし、釣り手が使えてなかったのが一番危ないところでした。しかし、攻めに行く気持ちで上回り、旗では3-0の勝利sign01 できれば1本で決めて欲しかったところでした。続く2回戦は優勝候補筆頭の選手が相手でしたが、この選手はこのクラスでは頭一つも二つも抜けた存在で、やっぱり強かったですcoldsweats02 

 

 一方のR菜は、初戦は頭を使った柔道で優勢勝ちsign01 初戦は足技が冴えてましたshine 特に序盤、R菜が背負いに行こうとする所を、相手は後ろへ返そうとしてピンチがありました。そこから相手選手が返しを狙いに行っていると分かると、今度は背負いをちらつかせながら小内刈りでポイントを重ね、有効・技あり一つずつを奪っての優勢勝ちでしたhappy01 いつの間にあんなに小内刈りが上手くなったんでしょwink 続く2回戦、こちらももう一方の優勝候補との対戦となりましたがcoldsweats02 僕は寝技に気をつけてくれれば、簡単にやられることはなく良い勝負になると見ていました。立技での攻防は凌げていましたが、しかしその心配していた寝技でやられて一本負けshock 惜しいことをしてしまいました。寝技の攻防になったときに動けないのは致命的ですshock ここが課題として残った感じでした。

 

 さて、男子の方は・・・というと、重たいクラスはSょうR一が出場しました。

 

 R一は初戦、いつもお世話になっている敦賀市スポ少の強敵、H君と対戦しました。この二人は過去にも数度対戦経験があると思うのですが勝敗は互角sign01 今回もどちらが勝ってもおかしくない攻防となりましたgood 中盤から終盤に掛けては全くの互角でしたが、終盤に入ったところで気持ちの面で勝敗がついた感じでしたね。3分のロスタイムありの試合ということで、長かったでしょうcoldsweats01 おそらく、相手選手の気持ちが一瞬切れたところにR一の支えが入りポイントを奪うことが出来ましたshine こうして互角の展開を勝利し、勢いをつけて2回戦に進みましたが、2回戦ではこれまた強敵相手に、今度はあっさり1本負けshock 調子が良いんだか悪いんだか・・・coldsweats01 敗因としては組み手かなぁ・・・最初の組み手で上から持たれてそのまま投げられましたからねぇ・・・sweat02 あの強力なパワーの持ち主の相手に、上からがっちり正面で組まれたら、そりゃやられますdanger

 

 そしてSょう、こちらも初戦から厳しい相手との対戦となりましたがsweat02 お決まりの負けパターン・・・crying とでも言いましょうか・・・coldsweats01 あっさりいかれすぎですね。。。自信を持って行って欲しいところなのですが、試合以前にどうも気迫の面で負けてる気がします。課題の多い二人でした。

 

 最後、男子の軽いクラスではY輝美希弥が出場しましたが、Y輝は残念ながら初戦敗退crying 見た時には押さえ込まれている状態でした。どうなってこうなったのか分かりません。すみませんsweat02 

 

 一方、美希弥は初戦からハラハラドキドキ、やらかしてくれましたねcoldsweats01 初戦は大外刈りの打ち合いでした。前に出る気持ちは感じられ、そこは良かったのですが、肝心の体が腰を引いた「逃げ腰大外刈り」で、釣り手も使えてなくて怖かったですshock 案の定、序盤にいきなりそのへっぽこ大外を返され有効を奪われます。その後、もうビビッて大外に行けないかと心配してましたが、気持ちだけは折れることなく前に出てくれていたお陰で、終盤何とか大外みたいので倒して取り返し、勝負は旗の勝負になりました。旗では攻め数で大きく上回っていたようで3-0の勝利でしたが、あれは1本決めて勝って欲しい試合でした。気持ちは前に出ていても、やはり心の奥の方では怖い気持ちがあるから、ああいう腰の引けた大外になるのかもしれません。

 

 続く2回戦ではその大外で1本勝ち、いよいよ勝負は3回戦、三国町の強敵T君との対戦でした。この試合、まずはしっかり2本組んで柔道できるかが第1のポイント、そして相手の背負いを怖がらずに前に出れるかが第2のポイントだったと思いますthink まずは第1のポイント、組み手はとても褒めてあげたい内容でした。下手に組み手争いには付き合わず、持たれて嫌ならしっかり切る、自分から前に出て取りに行く、どちらもきちんと出来ていて、思った以上に持って勝負できる場面が多かったです。また、第2のポイントだと思っていた相手の背負いも、前に出る圧力で潰すことが出来ていたようで良かったです。でもsign01 そこからが問題でしたsweat02 せっかくちゃんと持って前に出る柔道できていたのに、自分の技に自信がなくて肝心の倒す技が出なかったですshock 美希弥の圧力の掛け方、良かったですし取れるチャンスは何度かあっただけに、それだけに惜しい試合でしたcrying ここが大きな課題として残りました。

 

 結局試合自体は、中盤、不用意に出した大外を空振りさせられ有効を奪われ、そのまま優勢負けでしたshock これもどう受け止めてよいやら迷うところです。「大外スカシ」なんて初めて聞きましたしcoldsweats01 思いっきり大外出したからすかされてポイントを奪われたのか?それとも中途半端だからやられたのか?遠くからで判断に迷うポイントの奪われ方でしたcoldsweats01

 

 ま、今日のところは前に出るという面ではとても良かった試合だと感じましたし、久々に熱くはなれる試合でしたしhappy01・・・・それにしても悔いが残るなぁ・・・・

 

 というわけで、今回丸岡スポ少から入賞者を出すことは出来ませんでしたがcrying 大会全般を見て、姿勢が良く面白い「丸岡らしい」柔道は出来ていたように思います。いよいよ6月からは本格的に試合の詰まった月なります。この敗戦を新たなバネにして、練習から気持ちを入れ替え頑張って欲しいものです。

|
|

« 第7回全国小学生学年別柔道大会県予選会 結果 | トップページ | 全国大会予選を振り返り(ベストバウト編) »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

日曜日はお疲れ様でしたconfident

私は息子さんが試合していた会場にいて息子さんや他の丸岡さんの子供達の試合を見させて頂きましたが、しっかり組んで前へ前へと攻める柔道がとてもいい印象を受けましたscissors

見ている私もハラハラドキドキでしたよlovely

次の試合でまた攻める柔道を見たいですconfident

投稿: まこやん | 2010年5月12日 (水) 00時06分

まこやん先生、コメントありがとうございます。日曜日はお疲れ様でしたhappy01

息子の試合、褒めてくださりありがとうございますsign01 僕もこの日の次男の試合は面白く見せてもらいました。ハラハラも出来ない試合じゃ寂しいですしねcoldsweats01 今のところ、不細工で前に出る柔道しか知らないのですが、それで十分sign01 と思ってます。

でも・・・日曜日の3回戦、取れるチャンスを何が何でもモノにする、という集中力と貪欲さがあれば取れた試合だったと思います。次ももちろん期待したいです。

話は変わりますが、5年男子超級の準決勝、面白かったですsign01 気持ちいい負け方だったので、これをバネに更に強くなられることを楽しみにしています。

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2010年5月12日 (水) 07時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/34609255

この記事へのトラックバック一覧です: 全国大会予選を振り返り(スポ少編):

« 第7回全国小学生学年別柔道大会県予選会 結果 | トップページ | 全国大会予選を振り返り(ベストバウト編) »