« 6年生を送る会 | トップページ | 枝垂桜11連発!! »

2010年4月12日 (月)

こだわり

 4月に入りある日の居残り練習・・・今回の記事は、その居残り練習での長男・優弥の様子について少々・・・

 

 その日の優弥は最初、M原先生に指導を受けていましたhappy01 自由練習を受けてくださったのですhappy01 先生は上手に優弥の良い所を引き出してくださり、優弥も積極的に練習をしている様子でした。まずは練習後のM原先生の感想ですが、

 

 「昔みたいな背負いの怖さがなくなってますね。昔はもっと飛ばされる怖さがあったんですけどね・・・。あれだけ良い足技持ってるんだから、そこから昔みたいな思い切った背負いに入れば絶対決まると思うんですけどねぇ」

 

 というようなことをおっしゃられました。そのとおりだと僕も思いましたthink 実際に道衣を着るようになり、僕も何度か優弥と組んでみましたが、確かに足技は腹が立つぐらいしつこくていやらしいですcoldsweats01 僕は大嫌いです。。。良い意味ですけどね。なのに、相手は嫌がっているのに・・・次が来ないからすぐ体勢は整えられるんですthink だから単発の背負いで、しかも中途半端な投げる気のない背負いでは怖くもなんともない・・・小学生のころの背負いのほうがよっぽど怖かった気がしますcoldsweats01 今の背負いはまったく投げられる気がしませんdanger 

 

 優弥は中学生になり、大内・小内といった足技はやっぱり上手くなったと思います。足払いもタイミングをつかんでいる感じの足払いも見せてくれます。でもsign01 優弥は背負い投げです。これがなくなったらただのチビですcoldsweats01 下手でも何でも背負いなんだと思います。昔からそうでした。優弥の調子のバロメーターは背負いでしたからhappy01 まずは連続技でなくてもいいです。思いっきり魂のこもった背負い投げを、何が何でも投げに行く気持ちで見せれるようになってほしいと感じました。たとえ単発の背負いでも、自信という気持ちのこもった技は、相手にとっては怖いはずですから・・・ね。そういうこだわりの気持ちを強く持った柔道選手になっていってほしいと思いましたhappy01 

 

 続いては同じ中学生、OBのY章との練習でした。ここではMなぶ先生に、背負いへのこだわり+組み手の甘さを指導されていましたthink 何度組み合っても、必ずY章が先に自分の組み手にしてしまうthink 先に技を出されてしまう・・・体の大きくて強い相手に、チビで弱い選手が先に組まれて先に仕掛けられたら、それはもうお手上げですcoldsweats01 優弥の組み手になる瞬間はかなりあります。。。しかしそこで何も仕掛けられない心の弱さも見えました。仕掛けの遅い軽量級選手は、もはや致命的ですねcoldsweats01 ここも大きな課題ですthink 

 

 奥をしっかり持たれて、頭を下げられ内股の餌食・・・coldsweats01 何度も何度も同じことを繰り返し見せられると、イライラも溜まりますcoldsweats01 Y章ははっきり言って強いですhappy01 でも、投げる・投げないの問題ではなく、柔道そのものの問題だと思います。もし優弥がY章を投げるチャンスがあるとすれば、やはり背負い投げだと思いますし、そうあってほしいと思います。また、投げる気持ちを持って考える柔道をしてほしいです。優弥の持ち味は、良くも悪くも後先考えないガンガン柔道sign03 知恵がついて負けるのが怖くなったのは成長の証ですが、負けたくなければ投げるしかない、そして投げれる技は何なのか?をもっと自信を持って考えてほしいものです。

 

 この先、どんな考えを持ち、そしてどんな柔道家になっていくかは本人の自由ですhappy01 中学に入ってからは、練習も試合もほとんど見ませんし知りませんthink ただ、これは僕の勝手な思いですがcoldsweats01 見る機会があったときにがっかりするような柔道は・・・やっぱり見たくないですねぇshock 僕は優弥に、強い選手になれとは望んでいません。どんどん勝ち上がっていく選手になれとも今は望んでいません。でも昔僕が憧れたような、「柔道」と呼べる柔道を見せてほしいとは願っています。立技の美しさは柔道の原点だと思いますし、それこそが日本人の柔道だと思っているからです。底辺で頑張る柔道家だからこそ、どうせ柔道をしているならその「美しさ」はこだわってほしい部分ではあります。どうせ柔道してるなら、一つ多く勝ち上がるよりも、そして投げられないことよりも、何より周りから歓声が上がるような綺麗な技を一つ決めれる柔道家になった方が良いに決まってます。

 

 これは僕のこだわりだけかもしれません。それを息子に押し付けるのは悪いことかもしれませんcoldsweats01 しかし、柔道は柔道です。誰に何と言われようと、僕の思う柔道はそうです。勝敗を競い合うのではなく、技を競い合うのが柔道だと思っています。3兄妹が、小・中とスポ少や部活の中で練習していきそれを応援していく中で、思わず勝敗のみにこだわってしまうことも多々あり反省させられますがcoldsweats01 どうせこだわるなら、「勝敗」ではなくて「1本を取る」こだわりを持たせることが大事なのかな・・・と、そんな気持ちがしています。

|
|

« 6年生を送る会 | トップページ | 枝垂桜11連発!! »

3兄妹の柔道成長日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/34164142

この記事へのトラックバック一覧です: こだわり:

« 6年生を送る会 | トップページ | 枝垂桜11連発!! »