« 第2回 団内柔道王決定戦 結果 | トップページ | 団内大会を振り返り・・・② »

2010年3月29日 (月)

団内大会を振り返り・・・①

 日曜日に行われた団内柔道王決定戦sign03 試合内容を試合順に振り返ってみたいと思いますhappy01 

 

Photo_5  が、まずはその前に、開会式で選手宣誓をしてくれた6年生のY衣Y日happy01 恥ずかしがりながらもしっかりと宣誓してくれました(*^ー゚)bグッジョブ!!

  

 

 それでは最初に行われた「団内柔道王決定戦」からですが、予選リーグは次のように分かれて行われましたgood

 

【Aリーグ】 R一Y衣R佳R菜美希弥

【Bリーグ】 SょうY日Y輝M徳M紀

 

Photo_4 Aリーグの注目は何といっても卒団を迎えるY衣の試合でしたhappy01 Y衣の持ち味は、このブログでも何度となくお伝えしてきましたが、けれんみのない真っ直ぐな柔道と心の強い攻めの柔道sign01 返されても返されても、それでも恐れずに大外刈りで真っ向勝負に行く姿は、まさに丸岡柔道そのものですgood この日もスポ少での最後の大会に相応しく、前に出る柔道で周りを湧かせてくれましたshine いつも1本勝ちか1本負けの柔道は、見ている者にとっては最高に面白い柔道ですよねgood スポ少で柔道をしていた期間は短いですが、団員の中で一番心の成長が見れた選手だと思います。中学に入っても、是非この柔道スタイルを崩さずに頑張って欲しいものですsign01

 

Photo_6Photo_7 さて、Aリーグその他の試合で特に目に付いたのは、R菜の試合でした。このリーグで5位に終わってしまったR菜・・・リーグ分けをした僕にとっては、ちょっと予想していなかった驚きの結果でしたcoldsweats02 試合運び自体はいつもと特段変わらずに積極的な気持ちの強い柔道でしたし、最近何度か練習中に乱取りをした感触でも調子自体は悪くなさそうだったのにsweat01 なぜこのような結果になってしまったのかsign02 周りが強くなってきた・・・そう言ってしまえばそれまでなのですがcoldsweats01 この日の試合で強い時のR菜と決定的に違っていたのは、「投げきる気持ちの技」が少なかったことだと思いましたshock ここしばらくの練習では、足技に力を入れていたように見え、打ち込みや投げ込みにも取り組んでいる様子だったR菜ですが、その足技が1本取る気持ちの入った足技にまだなっていないようで、その結果、得意の背負い投げも中途半端になってしまっている感じに見えましたsweat02 しかし、軽量級の選手なら誰もが一度は通る道に差し掛かってきたのだと、僕は好意的に受け止めていますsign01 この最後の1年での変身に大きな期待が持たれますhappy01 

 

 結局、AリーグではR一が4戦オール1本勝ち、美希弥が2勝1敗1分、R佳が1勝1敗2分で決勝トーナメントへ進み、4位のY衣が5-8位決定戦へ、5位のR菜が次の保護者会賞争奪リーグ戦へまわるという結果でした。

 

 一方のBリーグですが、僕はAリーグ会場の記録係をしていたため、まったく試合を見ることが出来なかったのですが、ある意味順当に力のある選手が勝ちあがった印象ですconfident また、注目の6年生Y日も、審判をしていた先生の話では「今までで一番頑張っていたし、良い顔で柔道していた」とのことで一安心ですhappy01 

 

 結果はSょうが1位、M紀・Y輝が2位と3位で決勝トーナメントへ進み、4位のM徳が5-8位決定戦へ、5位のY日が保護者会賞争奪リーグ戦へまわることになりましたgood

 

 そして迎えた決勝トーナメントでは、波乱(?)の展開が待っていましたsign03 Bリーグ2位のM紀が、1回戦を見事に突破し迎えた準決勝sign01 Aリーグ1位のR一との対戦が僕的にはこの部門で一番面白い試合だったように思いましたhappy01 序盤から組み手で優位に立ち、前に出る柔道でR一の技を封じる理想的な展開に持ち込んだM紀。中盤に差し掛かるところで出したM紀の内股、惜しかったですsign03 あとは釣り手だけでしたねcoldsweats01 僕は、あの大きなR一が飛ばされるのかsign02 と一瞬思いましたshine 結局、投げきることは出来ませんでしたが、その後も試合終了まで攻め数で上回っていたM紀が、文句なしの旗3本で勝利sign01 優勝候補のR一が敗れる展開となりました。

 

 もう一方では、A2位の美希弥が僕の嫌いな旗判定で1回戦を突破しangry 、準決勝はSょうと美希弥の対戦でしたが、順当にSょうが決勝へと駒を進めましたhappy01 美希弥は体の力が極端になくcoldsweats01 いつもふにゃふにゃな感じになってしまったり、体の大きな者との対戦ではすぐに頭が下がってしまったり・・・これを直さないと全く駄目だと感じますthink そして軽量のくせに動きが極端に少ないのもガンですsweat02 大きい相手の正面で、いつまでもぼさぁ~としていたら、そりゃやられますcoldsweats01 相手の組み手十分になるまで相手の正面で待っていて、そこから技を出しても掛かるはずがありませんし、相手にとっては美味しい相手ですよねぇrestaurant ごちそうさま!ですcoldsweats01

  

 というわけで迎えた決勝戦sign01 Sょうが意地を見せて勝利し、見事に「二代目柔道王」の称号を手にしましたsign03 おめでとうございますhappy01 全体的に見て、この団内柔道王決定戦は「引き分け」が多いのが少々気になりましたがcoldsweats01 好勝負もいくつか見れて面白い戦いになりましたhappy01 特に、卒団を迎える6年生2人の試合は、本人達にとっても思い出に残る試合になったことと思います。

 

Photo また、今回表彰を受けた1位Sょう、2位M紀、3位R一は、いずれも新年度は丸岡スポ少主力として頑張ってもらわなくてはいけない選手たちですsign03  体格に恵まれた選手が3名もいる新年度の丸岡スポ少は、本当に楽しみな1年を迎えますhappy02 そのためにも、更なる成長を期待したいですし、どこの試合に出てどの選手と対戦しても丸岡らしい柔道で勝負できる選手に成長していって欲しいと思いますsign03

 

 それでは次回は注目の「保護者会賞争奪リーグ戦」「未来の柔道王決定戦」の様子を書きたいと思いますhappy01

|
|

« 第2回 団内柔道王決定戦 結果 | トップページ | 団内大会を振り返り・・・② »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/33983167

この記事へのトラックバック一覧です: 団内大会を振り返り・・・①:

« 第2回 団内柔道王決定戦 結果 | トップページ | 団内大会を振り返り・・・② »