« 丸岡大会ベストバウト集(2) | トップページ | 飛鳥時代(前編) »

2010年3月 4日 (木)

丸岡大会 父、裕のぼやき・・・

 丸岡大会の最終章sign01 僕が今大会を見て思った、悪い部分のお話をぼやいていきたいと・・・coldsweats01 確かに今大会は、前2回で書いたようなベストバウトの数々を見せてもらってhappy01 僕としては個人的に大満足の大会ではあったのですが、中には少し残念な試合もあったのは事実ですcrying できることなら目をつむってしまいたいのですが、今後の選手の成長を思えばやっぱり書かないわけには行かないと思うので、あえて「ぼやき」という形で書いてだけおきたいと思いましたsweat01

 

 ぼやきのまずは一つ目、子供たちが「自分自身で勝手に順位付け(勝敗付け)をしてしまっているかのような試合」が見て感じられた・・・shock そんな試合がいくつかあったような・・・shock

 

 例を挙げると、2年生の部のトーナメントで見たK人対AゆむK晴対泉弥などが良い例かなぁthink また、5年生の部では同じくトーナメントで見たM紀対R一もそうだったと思いますthink

 

 だって、K人なんかあれだけの体格とパワーを持っていれば、いくら柔道暦がまだ浅くて対戦相手がAゆむといっても、あんなに簡単にやられるわけがないと思うんですけどねぇcoldsweats01 予選リーグの戦いを見ても非常に良い勝ち方をしていましたし、持っているポテンシャルの高さは相当のモノだと思っているぐらいです。それだけにあのトーナメントでのAゆむとの試合を見た時は思わず、

 

 「おいおい、そんな訳ないやろsweat01 まだまだできるやろっcoldsweats01

 

 と、突っ込みたくなりましたからcoldsweats01 

 

 K晴もそうですthink 予選リーグ、そして決勝トーナメントの初戦では、僕もベストバウトに選んだぐらいのとても良い試合を見せてくれましたgood なのに次のあの泉弥との試合はありえませんsweat02 K晴も本当に凄いパワーと体幹の力、柔軟性、バランスの良さを持っています。その能力であのMちゃんとの試合のような気持ちで泉弥に向かっていけていたら、あんなに簡単に負けるはずがありませんsign01 僕は試合前、もっと危ない・きわどい勝負になるかもしれない・・・と覚悟していました。(もちろん、負けるところは全く想像できませんでしたけどねbleah) なのに蓋を開けてみると、技が出ずに後ろに下がって受けるばかりの展開で、「あれっsign02」と思ったくらいです。

 

 この2年生の部の準決勝2試合を見て、僕は改めて少年柔道では「気持ち」の部分が結果・内容に大きく影響してくるものだと実感しましたthink K人とK晴、実力で完敗したのではなく、試合やる前からもう負けてたぞdanger M紀だって・・・最近は本当に強くなってきたと、自分自身でも実感しているはず。目に見えるほど強くなってきてるのに、R一との試合であの内容はもったいなさ過ぎるsign03 

 

 他の選手にも言えることかもしれませんが、どんな相手にも強い気持ちを持って立ち向かっていけば、きっともっと違う結果・内容になっているはずだし、たとえ負けたとしても次への成長に繋がる試合にはなるはずsign01 自分から下がって受けてるだけの負けや秒殺では、次に繋がるものもないまま終わってしまう・・・そんなことを思う試合がいくつかありました。

 

 

 もう一つぼやきを・・・coldsweats01 美希弥の試合のぼやきになります。美希弥は今大会、予選リーグ敗退ということで残念な結果に終わってしまいましたcrying 誰が優勝してもおかしくない、群雄割拠の5年生の部sign01 どのリーグに入っても厳しい戦いになるのは当然のことですが、結果的には美希弥のリーグを1位通過した選手が優勝したということで、美希弥が決勝トーナメントに進出するには最低『2位』確保が絶対条件sign03 しかしそこには大きな壁が立ち塞がっていましたdanger それはそうです、残りの3人もリーグ突破に必死ですから、どの戦いも厳しい戦いになるのは当然sign03 

 

 そしてリーグ戦の初戦が、その最大の山場、勝負のポイントとなる試合でしたthink 川口道場のT選手が対戦相手でしたcoldsweats02 この試合、僕は内容は70点ぐらいだと見ました。甘いですが・・・coldsweats01 いつもやられてばかりのT君に対し、前に出て戦う気持ちがほんの少しだけですが上回っているように感じたからですgood その前に出る気持ちを一番感じた場面が、中盤でお互いが肩口から畳に落ちた場面でした。この場面は隣会場から見た感じでは、美希弥が大内刈りを掛け、それをT君が返しに来た場面だったように見えました。結果的にはお互いノーポイントでしたが、良い攻防だったと思いましたcatface 旗の勝負で2-1ときわどく勝ちましたが、この旗1本の差が両者の気持ちの差だと思いました。

 

 しかし、続くⅠ君との試合が見れずに終わり、というか見る間もない秒殺で終わりcoldsweats01 初戦のT君との好試合はすべてチャラangry 台無しですannoy 残りの2試合はしっかり1本勝ちだったようで、いったい良いのか悪いのか・・・coldsweats01 相手によって差がありすぎるぞ、美希弥angry

 

 ということで美希弥はリーグ戦3勝1敗。Ⅰ選手とT選手、3人が同じ勝敗で並ぶ形になりました。得点差でⅠ君の1位通過は決定しましたが、美希弥とT君が得点も同じだったため、協議の結果「決定戦」を行うこととなったようです。しかしこの決定戦でも両者は旗の勝負に・・・gawk この試合も1試合目と同じような展開でしたが、今度はT君の気持ちがわずかに美希弥を上回り2-1でT君が2位通過ということになりました。

 

 普段から美希弥には、

 

 「引き分けなんて1つもいらんからなsign01 どんな相手とどんな試合になっても1本勝ちか1本負けしかないんやぞimpact

 

 と言っているのに、この日は2つも引き分けしやがってpout と、怒りたい気持ち半分と、よくやった方だと褒めてやりたい気持ち半分と・・・父としては何とも複雑な心境でcoldsweats01 なので試合後、美希弥に話を聞いた・・・美希弥自身がこの試合をどう思っているのかを知りたくて・・・すると、美希弥からちょっと意外な答えが返ってきて僕は驚きました。

 

 「Y雅の、何かの、1試合目の時はいつもより気持ちが感じられんかった。っていうか僕がの、なめられてたんやと思う。だからの、僕の方が気持ちで勝ってたと思った。」

 

 「でもの、2試合目の時はY雅の気持ちが全然違った。気合入ってって、僕の方が下がってしまった。ほやで負けたんやと思う。あいつ、ズルイんやって、2試合目、急に本気出しやがって。」

 

 若干、逆ギレ的なところが気にはなりますがcoldsweats01 この答えにちょっと嬉しく思った。相手の気持ちを肌で感じて試合を出来ていたことに。そして旗一つの差という、勝敗を分けたものが何だったのかを分かっていてくれて。これで怒りたい気持ちやぼやきたい気持ちも幾分かは治まった感じでしたcoldsweats01 しかしsign03 やっぱり我が家の3兄妹には、どう考えても引き分けはいらんsign03 もう一度気合いを入れなおさせよう。。。

 

 ということで、ずいぶん勝手なことをずらずら書きましたがcoldsweats01 新年度に向かってまた頑張って行きたいものですねscissors

|
|

« 丸岡大会ベストバウト集(2) | トップページ | 飛鳥時代(前編) »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

日曜日はお疲れ様でした。
今大会のベストバウトにたくさんの川口道場の子をお選びくださり誠にありがとうございます。
これを励みにまた頑張ってくれる事でしょう。
また美希弥君との試合では、気持ちの入った戦いが出来ていたと思いますが、今回はちょっと気持ちが入りすぎて自分を見失ってしまっていました。
でもおかげでとてもよい経験ができたと思います。この経験を活かしてこれからも頑張らせていただきます。
しかし、丸岡の子達は皆強くなりましたねぇ。
おいてかれないように頑張ります。

投稿: 赤ペン | 2010年3月 5日 (金) 17時41分

赤ペン先生、コメントありがとうございます。

4年生の部のトーナメント、本当に良い試合だったと思います!見習って欲しいところがたくさんありました。

美希弥なんかは、体の力がないせいかいつも同じチームの重たいのと乱取りしても、ぐにゃぐにゃ潰れたり、釣手で押さえつけられ頭が下がってやられたり、簡単に返しの餌食になったりして、ちゃんと理由はあるのでしょうがやっぱり単純に体格ってうらやましくなります。。。時々・・・

そんな時に、小さな体でもしっかり組み合い一本を取りに行く川口道場の選手達を見ると、我が家もまだまだ!!と気合いが湧いてきます。

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2010年3月 6日 (土) 11時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/33605210

この記事へのトラックバック一覧です: 丸岡大会 父、裕のぼやき・・・:

« 丸岡大会ベストバウト集(2) | トップページ | 飛鳥時代(前編) »