« 丸岡大会 父、裕のぼやき・・・ | トップページ | たわごと・・・ »

2010年3月 7日 (日)

飛鳥時代(前編)

 日本の歴史第3弾sign01 前回の古墳時代から時代は移り、今回は飛鳥時代のお話しですhappy01

  

 飛鳥時代とは、一般には6世紀末から8世紀初頭までの約100年~110年の期間を指しますが、これも諸説あります。しかし学校で習っているのはおそらく、推古天皇の時代の飛鳥文化、天武・持統天皇の時代の白鳳文化が隆盛を極めた時代を飛鳥時代と呼ぶ、と習っているのではないでしょうか? 政治的に言うと、推古天皇の天皇即位から710年の平城京遷都まで、ということになると思いますhappy01 都があったのは現在の奈良県明日香村あたり。この飛鳥時代には、日本にとっては大きな転換期となる出来事が多く起きていますsign01



 古墳時代の末期、大王(天皇)の力は衰えていき、次第に連(むらじ)という豪族が権力を振るうようになってきました。そのころの大王は、地方の行政を任されていた国造(くにのみやつこ)と呼ばれた地方豪族達との連合政権を保ってはいましたが、チカラのない名ばかりの政権であったのは言うまでもありません。



 そんな中、大連(おおむらじ)という地位にいた物部守屋と、大臣(おおおみ)という地位にいた蘇我馬子が対立し戦いとなりましたdanger 西暦587年の出来事です。この戦いで聖徳太子は蘇我馬子側につき、物部守屋を滅ぼしました。そして聖徳太子は皇太子に立てられ、日本史上初となる女帝・推古天皇を擁立し即位させました。聖徳太子は自らも摂政という要職に付き、蘇我馬子と協力して天皇中心の理想の中央集権国家の設立に力を尽くしました。



「冠位十二階の制度」 「十七条憲法」



といった有名な政策を実現させ、国家の礎を築くことになりますscissors そして607年、小野妹子を使節団長とする遣隋使を中国の隋に派遣し、「日出る処の天子、書を日没する処の天子に致す。」という有名な上表文を送ります。



 推古天皇の時代、日本は大陸から伝来した仏教が各地に広まり、飛鳥文化という大きな文化が花開くことになりますwink  法隆寺・五重塔(聖徳太子建立)、飛鳥寺(蘇我馬子建立)などの建築物は有名ですscissors  聖徳太子は特に仏教に深く帰依し、広く国民に伝えようとしていました。聖徳太子の有名な言葉に「世間虚仮 唯仏是真」という言葉があります。この世のもの、出来事は全て幻、まやかしだらけ。ただ一つ、仏のみが信じられる真のことである。という意味だそうですthink  仏門の世界も、自分には全く分からない難しい世界のようですcoldsweats01  僕にしてみたら、この世の出来事こそが真実で全てだど思うんですけどねぇcoldsweats01

 

 さて、話は戻りますが、聖徳太子が活躍した推古天皇の時代、推古朝は平和な時代だったようですが、やがて621年に聖徳太子が没し、続いて蘇我馬子が626年、推古天皇も628年に没すると、36年に亘った推古朝が終わりました。


 こうくると当然coldsweats01  次に待っているのは後継者争いと権力争い・・・danger いつの時代も同じですねcoldsweats01  蘇我馬子の子・蘇我蝦夷(そがのえみし)と孫の入鹿(いるか)が権力を握ろうと横暴を極めるようになりました。それに対し、聖徳太子の子・山背大兄王(やまのせのおおえのおう)か争い、やがて聖徳太子の一族は蘇我氏に滅ぼされてしまいますsweat01  これにより蘇我氏が実質的に飛鳥王朝の権力を握るようになりましたが、これでは皇族が黙っていませんthink 中大兄皇子(のちの天智天皇)と中臣鎌足らが、宮中で蘇我入鹿を殺害するというクーデター事件がおきましたimpact (乙巳の変) そして翌年、新たに天皇に即位した孝徳天皇が「大化改新」の詔を発し、次々と政治改革を行っていくのでした。



 飛鳥時代の後編へ続く。

|
|

« 丸岡大会 父、裕のぼやき・・・ | トップページ | たわごと・・・ »

偉人の名言」カテゴリの記事

コメント

飛鳥時代の事は漫画で少しかじった程度ですねcoldsweats01
学生時代もこの辺の時代は一番苦手でした。難しすぎです。
この時代は資料に乏しく、ほとんどドラマ化されませんので、大河ドラマなどのtvビジュアル派(?)の私は非常に疎いです。以前、本木雅弘で聖徳太子やってましたが私は駄目でした。
仏教の広まり、大陸との交流、政変など非常に大事な時代だけに、分かりやすい、読みやすい漫画の登場を待つクリリンです。(book本はほとんど読みませんcoldsweats02

投稿: クリリン会長 | 2010年3月 8日 (月) 15時31分

クリリン会長、コメントありがとうございますhappy01 僕もこの飛鳥時代を勉強するにあたり、本当に大きな変革の時代であったと改めて思いました。とても1回では書ききれないためsweat02 前・後編に分けました。

確かに大河ドラマにもしにくそうな時代であり、かといってないがしろにもできない時代なのではないかと思います。

小・中学生諸君sign01 がんばれcoldsweats01

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2010年3月 8日 (月) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/33366720

この記事へのトラックバック一覧です: 飛鳥時代(前編):

« 丸岡大会 父、裕のぼやき・・・ | トップページ | たわごと・・・ »