« 県大会を振り返って① | トップページ | いよいよ明日は! »

2010年2月16日 (火)

県大会を振り返って②

 さて、先日行われた県大会、泉弥と美希弥の試合はというと・・・

 

 まずは泉弥ですが・・・初戦は不戦勝、2回戦は石川県の強豪・竹野道場さんの選手に惜しくも1本負けcrying 今大会は2回戦での敗退となりましたcryingshockcrying

 

 しかし試合後、先生方から泉弥の試合、とても褒めていただきましたshineshineshine また、ブログでは他チームの先生方からも「かっこよかった」と褒めていただき、親としては本当に嬉しくなりましたhappy01 このように、負けても見てる方からかっこいいと言っていただける試合ができるというのは、本当に嬉しいことですし、そのような柔道を教えてくださっている先生方に感謝の気持ちで一杯になりますhappy01 特に、他チームの先生方からも褒めていただけるというのは、これ以上の喜びはありませんsign03 本当にありがとうございますhappy01

 

 さて、その褒めていただいた試合の内容ですが、僕も試合終了後には、思わず

 

 「ぐわあぁぁぁ~crying 惜っしいなぁ~~sign03sign03sign03(声は完全に裏返ってましたcoldsweats01

 

 と叫んでしまうほど、惜しい試合でした。でも、充実した気持ちで一杯になり、内容にとても満足していましたhappy01

 

 まずは右組みの相手に対し釣り手を使って相手を寄せて、自分から引き手を取りに行けていたのが良かったと思います。また自分の技も、強い相手に対し積極的に掛けにいけてましたし、何より、潰れたり片膝着いたりする技が一つも無かったのが良かったと思いますnote そして何といっても受けの強さが格段に強くなっていて、しっかり頑張って堪えられるようになっていたのには成長を感じました。最後こそ力尽きて内股についていってしまいましたがcrying 残り1秒sign03 本当に惜しい試合でした。もちろん、旗の判定は望んでいませんでしたので、あれはあれで1本負けで良かったと思いますconfident あと1秒耐えたところで泉弥がポイントを奪えなかった、1本取れなかったことに変わりはないですからcoldsweats01 取るか・取られるかの勝負をしてくれた、相手選手も本当に強くてすごい選手だと感じましたsign03

 

 そしてこの残り1秒で1本負け・・・というところに、泉弥と相手選手との大きな差を感じましたdanger 最後まで諦めずに1本を取りに行く気持ち、最後の技のあのしつこさsign01 執念sign03 泉弥自身が身をもってよい勉強をしてくれたはずです。この試合は、勝ち進む以上に「収穫あり ( ̄ー ̄)ニヤリ」の試合だったように感じますscissors

 

 僕としては試合を見終えて、組み勝った直後、そして相手の技を耐え切った直後など、水・金の練習で見せてくれたような思い切って踏み込む大内刈り、足払いをもっと使えていたら・・・という手応えは感じました。課題もまた見つかったことですし、今後、更に良い試合を見せていってもらうためにも、この悔しさと経験は忘れずに頑張っていってほしいものですhappy01

 

 

 一方、美希弥はというと・・・初戦は大内で技あり、大外でもう一つ技あり、1本勝ちのスタートでしたが、こちらも2回戦で技あり奪われ優勢負け、敗退となってしまいましたwobbly 初戦は頑張って、美希弥なりの柔道はしてくれたと思います。注文付けたいことは山ほどありますがsign01 特に最初の大内刈り、あれはたまたま決まったけど、返されてもおかしくない入り方だったぞannoy ま、そのあとは踏み込んで追い込めたのでプラマイ0ということでcoldsweats01

 

 続く2回戦、一緒に見ていた保護者の皆さんは、「惜しかったですね!」「頑張ったが!」と褒めて下さりました。とても嬉しかったですし、僕ももっとあっさりやられると覚悟していましたのでcoldsweats01 まぁまぁ頑張ってくれたのかな・・・とは思います・・・思いますがsign03

 

 田中家家訓

 「小内巻き込み喰らって負けちゃうような奴は、即死罪」

 

 たとえ試合内容がどうであれ、足技喰らって後ろに倒れて負けることは断じて許さんsign03 その点だけが残念な試合でしたsweat02 相手の出してきた小内に、ビビッて後ろに逃げようとするから決められるsign01 前に気持ちがあれば喰らわない技だったはずです。背負いを喰らって負けてれば100点だったものをpout

 

 しかし、最後の30秒は良かったhappy01 何とかしよう、取り返してやろうという気持ちや、どうしたらよいのか考えて柔道してるところは見れましたからgood ま、差し引きして、本来ならマイナス200点ぐらいのところを大まけにまけて10点ぐらいはあげましょうかbleah 

 

 釣り手を動かしながら前に出ようとするあの残り30秒の柔道は、あれで正解だと思いますconfident あとは足りなかったのはやっぱり足払いだったと思います。あの相手の早い攻撃を封じて勝機を得るには、釣り手・引き手を使っての上半身の揺さぶりと、足払い、そして何といっても前にドンドン圧力を掛けていく柔道が有効だと思います。帰宅後、美希弥には、

 

 「足払いをもっと練習して、意識して乱取りとかで使っていくように。もちろん1本取る気持ちでやぞ。」

 

 と、試合の感想と同時に話しました。

 

 

 この大会では、ある保護者の方とも話をしていましたが、本当に足払いの重要性を感じさせる大会となりました。泉弥も美希弥も。

|
|

« 県大会を振り返って① | トップページ | いよいよ明日は! »

3兄妹の柔道成長日記」カテゴリの記事

コメント

まず、組合せを見た時に、二回戦でS太朗クンとの対戦となった泉弥に心の中で『ご愁傷様coldsweats02』と手を合わせながらつぶやいてしまった不届き者の私。子供達を信じなければならなかったのに・・・
この場を借りて、深く、深く、mistマリアナ海溝よりも深くお詫びいたしますcoldsweats01 とりあえず、きっちり頭を丸めて反省します。

泉弥は強敵相手でもビビらず、ぶらさがらず、抱きつかず、下がらず、堂々と前に出て向かっていきました。S太朗クンが二本持つ姿勢の良い柔道だったので、お互い噛み合ったのかもしれませんね。

美希弥は、最初からあの攻めを見せて欲しかったです。先にポイントを取られたからでは、sandclock2分ランニングの短い試合時間では焦りからバランスも悪くなり、崩しもおろそかになりますから・・・
最初からフルスロットルdashdashでお願いします。裕サンのツーリングのようにbleah

投稿: クリリン会長 | 2010年2月17日 (水) 10時28分

今回2年生の試合で<頑張ったで賞>は間違いなく泉弥ちゃんですnote  会場係りで第4試合会場にいた私は、試合直前の緊張した彼女を抱きしめずにはいられませんでしたhappy01  耳元で「一生懸命やってこいsign01 泉弥なら出来るsign03」とささやくと小さくうなずく泉弥lovely  本当に可愛らしかったですheart04  結果は残念でしたが、素晴らしい試合でしたhappy01  家の子も負けてられませんねsmile

投稿: デブデブゴンのママ | 2010年2月17日 (水) 11時26分

クリリン会長、泉弥のせいで大事な大事な頭まで丸めさせてしまい、大変申し訳ありませんsweat02 結果的には一本負けですからcoldsweats01

みなさんに褒めて頂けるような試合が出来たのは会長ら先生方のおかげですhappy01 どうか髪はそのままでbleah

みきやは、問答無用で死刑のところですがangry おっしゃるとおり、後半のような柔道を最初からしてくれていたらbearing たら・ればはダメですが、ようやく具体的な説教ができるだけの試合は出来るようにはなったと思いますconfident 以前は、怒ることすら見つからない試合ばかりでしたからcoldsweats01

また熱くなれる試合ができるよう、鍛えて下さい!!

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2010年2月17日 (水) 18時58分

デブデブゴンのママさん、日曜はありがとうございましたhappy01 きっと、Tけしママから声を掛けてもらい、泉弥もリラックスして試合に臨めたから、このような良い試合が出来たのだと思いますhappy01

Tけしママから「がんばったで賞」を頂けたこと、泉弥にちゃんと伝えましたscissors はにかんだ様子で照れ笑いしてましたよwink 可愛いでしょlovely

またの機会には、Tけし君と対戦できるところまで勝ち上がりたいと思いますので、是非挑戦させて下さいhappy01

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2010年2月17日 (水) 19時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/33390976

この記事へのトラックバック一覧です: 県大会を振り返って②:

« 県大会を振り返って① | トップページ | いよいよ明日は! »