« 鏡開き(初稽古) | トップページ | 新団員 »

2010年1月11日 (月)

泉弥の書いた「柔道の本」

 今回の記事は、僕が親バカ全開で感動モノの涙を流した、冬休み中に泉弥が書いた「柔道に対する思い」が詰まった本のご紹介をさせて下さいhappy01 これは、僕が知らない間に泉弥が冬休みのヒマを利用して書いたものなのですが、ある日、

 

 「ハイ、パパ。これ読んでhappy01

 

 と渡され中を読んでみたのですが、ちょっとマジ感動してしまいましたcryingnotecrying

 

ぅぉぉぉーヽ(゚ω゚ )ノヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノぅぉぉぉーヽ( ゚ω゚)ノヽ(゚ω゚ )ノ

 

 なにはともあれ、まずは中身を全て写真で撮りましたので、一度読んでみてくださいhappy01(写りが悪くてすみませんsweat02

 

Dsc04124_2 表紙ですhappy01 誤字・脱字の多さが可愛らしいlovely

 

 

 

 

 

 

Dsc04125_2 まず最初の1ページ目を読んで、いきなりガツンと感動させられましたhappy02 「柔道で一番しなければならないこと」として書かれていました。僕は本当に嬉しさがこみ上げてきました。泉弥が丸岡の先生方に教えていただいている柔道をしっかり理解してくれていて、そして自分の柔道に対する考えとして小2の泉弥なりに思っていてくれていたことがよく分かりましたconfident 僕にとってはもうこれだけで十分ですsign03 何も言うことがありません。特に、

「これをしないとかならずまける。ぜったいする。」

 

 の一文が素晴らしいと感じ、感動させられましたgood

 

 

Dsc04126Dsc04128  

 

 

Dsc04129Dsc04130 2ページ・3ページと、次はオリンピック選手に対する言葉が書かれていますが、もちろん子供らしい微笑ましい文章なのですが、それだけではなく泉弥のオリンピック選手への憧れ・尊敬、そして自身のオリンピックへの思いがよく表わされているようで、実に面白い内容だと思いましたhappy01 彼女なりに、雑誌「近代柔道」のカラーに登場している憧れの選手たちのことを勉強し、書いたであろう様子が思い浮かぶようですshine ちょっとタメ口で生意気になっているところがまた良いですhappy01

  

Dsc04132_2Dsc04133_2 次の技の解説も、特に背負い投げなどは、普段先生に指導されている注意事項をしっかり思い出し書いたのでしょうが、ちゃんと覚えていることが分かり、とてもよく書けているな、と感心します。

①まず踏み込んで

②目の高さ

などは、おそらくは敦賀市スポ少さんとの合同練習での技の解説を覚えていたのでしょう。前捌きの技の入りをするように、そして目線の高さの大切さがしっかり書かれていて感心します。

③足を閉じて

④遠くへ投げる

などは、普段から丸岡の先生に注意されていることそのままですhappy01

 

 

Dsc04134_2 本の中に出てくるオリンピック選手への励ましの言葉の一つひとつが、自分自身への言葉、丸岡スポ少の仲間への言葉なのかもしれませんねwink 

 

 

 

 

 この本の中身を見た時、思わず、

 

 優弥・美希弥にまずはちゃんと読ませてやりたいsign03

 

 と思いましたcoldsweats01 小学2年の泉弥が書いた文章ですが、高学年にも中学生にも、もう一度思い出してほしい大事なことがたくさん書かれていると感じたからですhappy01 

 

Dsc04131_3 そしてこれが最終ページです。これは、記事のタイトルにしたような「本」などと呼べる大層な物ではないのかも知れません。でも、泉弥の現在の柔道に対する思いがしっかり詰まった、親バカ全開の父からするとcoldsweats01 涙モノの超大作です。この気持ちをいつまでも持ち続けて頑張ってほしいと願わずに入られません。

 

 負けて悔しい思いもするでしょう。勝って嬉しい思いもするでしょう。嫌になることだってあるでしょう。まだまだ弱くて、柔道とはとても呼べないダンス柔道の泉弥ではありますが、これからもここに書かれたことをしっかり守って、まっすぐな素晴らしい柔道を行える、そして心の強い柔道家に育っていってほしいと思いますhappy01 

   

 

 難題の無い人生を「無難」と言う。難題の有る人生は「有難い」

 

 壁にぶつかり難題を突きつけられた時、逃げて無難な人生にするか?それとも有難く乗り越えるか・・・柔道を通して、そんなことを学んでほしいと思う父でした。親バカ全開、申し訳ありませんでしたcoldsweats01 さあ、今週からの練習再開sign01 楽しみになってきましたhappy01

|
|

« 鏡開き(初稽古) | トップページ | 新団員 »

3兄妹の柔道成長日記」カテゴリの記事

コメント

お父さんのブログにも何時も関心しますが、さすが娘さん。
素晴らしいと思います。
この気持ちを継続してスクスク育ってほしいですね。
本にしましょう

投稿: カニーマン | 2010年1月11日 (月) 19時35分

新年から素晴らしい本を読ませていただきましたbook
是非、出版しましょう。自費出版でwink

今までアドバイスした事がほとんど書かれていましたねdelicious
泉弥はたくさんの仲間・ライバルに恵まれ幸せです。この環境に感謝しながら高い極みに向かって、引き手も、目線も、技も上へ上へとup

とにかく、この本は、泉弥が成人式の時にでもまた披露しましょう。
または、お嫁に行く日にでも・・・coldsweats01

投稿: クリリン会長 | 2010年1月12日 (火) 10時52分

カニーマン先生、コメントありがとうございますhappy01

僕もこのままの気持ちを継続して、好きな気持ちを持ち続けてさえくれれば、それでいいと思いました。

たくさんの先生方や仲間たち、ライバルに囲まれて、娘は本当に幸せですhappy01

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2010年1月12日 (火) 18時43分

クリリン会長、コメントありがとうございますhappy01

このような良い本に巡り会えたのも、先生方のお陰です。そして、おっしゃるとおりたくさんの仲間やライバルに囲まれているお陰ですね。

結婚式に胸を張って本が披露できるよう、書かれているとおりの柔道を目指して欲しいですねhappy01

嫁に行く日が来るかどうかは別問題ですけどcoldsweats01

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2010年1月12日 (火) 18時51分

素晴らしい内容ですね。
この様に、文章にしてまとめる事で物事が頭の中で整理されずーと覚えておけるそうですよ。
いいですね女の子はlovely
うちの娘もいずれこのような本を書いてくれることを願っています。

投稿: 赤ペン | 2010年1月13日 (水) 09時01分

赤ペン先生、ありがとうございますhappy01 こうしてたくさんの方々に誉めていただけると本当に嬉しいですし、是非泉弥にも伝えてあげたいと思います。

女の子は本当にいいですよぉlovely 僕も男二人の後の女の子ですから、その違いには本当に驚かされますsweat01 次の日の学校の準備なんかにしても、時間割を合わせるのは当然として、次の日の制服や靴下、上着まで、きちんと準備してから寝る泉弥と、朝になりバタバタ時間もなく焦って用意する男どもcoldsweats01 この前なんか、泉弥が兄貴二人の靴下を、昨晩のうちに乾かして用意してくれてたりもしてました。驚きです。すっかりお母さん気分でしたよ。可愛いですlovely

きっと赤ペン先生もメロメロなんでしょうねhappy01 思い浮かぶようです。

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2010年1月13日 (水) 21時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/32929312

この記事へのトラックバック一覧です: 泉弥の書いた「柔道の本」:

« 鏡開き(初稽古) | トップページ | 新団員 »