« 高浜町柔道大会を振り返って(団体戦編) | トップページ | 3兄妹(長男を除く)の高浜大会 »

2009年12月 9日 (水)

高浜町柔道大会を振り返って(個人戦編)

 今回は高浜大会の個人戦ですが、その前に、前回記事の訂正を一つ・・・団体戦2回戦の丸岡対県立武道館さんの先鋒戦、Aゆむは優勢勝ちとお伝えしましたが、正しくは1本勝ちの間違いでしたsweat01 ビデオで確認したところ、きれいな大外刈りで1本勝ちを収めていましたsign03 大変失礼をいたしましたcoldsweats01 申し訳ありませんshock

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  

 それでは今回は高浜大会の個人戦編ですhappy01 団体戦に続いて、午前中は個人戦女子の部が行われました。丸岡スポ少からは、1年生女子の部に幼年のM衣ちゃん、2年生女子の部に泉弥、5年生女子の部にR菜R佳、そして6年生女子の部にY衣が出場しましたhappy01 

 

 1年生女子の部は、M衣ちゃんが初戦で不戦勝という幸運catface 早々と入賞圏内の3位以上を確定させましたhappy01 運も実力のうちsign03 日頃から練習を頑張っているM衣ちゃんに神様からのご褒美・・・だったのでしょうbleah そして続く2回戦が準決勝になりました。準決勝戦では、今回優勝した金井学園ジュニアのYさんとの対戦となり、序盤は大外刈りを多用して勝負に行っていましたが、途中から先生の指示によりいつも練習している背負い投げでの勝負も見せていました。しかし、まだ腰の回りきらない背負い投げになってしまっていて、これからの課題だと思います。M衣ちゃんも頑張りましたがgood やはり相手選手がとても強く、最後は抑え込まれての敗戦・・・3位という結果でしたhappy01 来年は正真正銘1年生として出場するので、来年に大きな期待がかかりますscissors 

 

 続く2年生女子の部の泉弥については後日書くことにして・・・coldsweats01

 

 次は5年生女子の部です。実は・・・不覚にもR佳の初戦を見逃していた・・・shock ごめんなさいsign03 聞くところによると、相手の大外を大外で返して技あり、そのまま優勢勝ちだったとのことthink 見ていないので何とも言えませんがcoldsweats01 出来れば練習している背負い投げで勝負してほしかったところかもしれませんねhappy01 R佳は続く2回戦で優勝候補の1人、金井学園ジュニアのT選手との対戦となりました。この試合はちゃんと見ることができましたscissors ・・・が、やはりT選手はしっかり持ってしっかりした技で勝負してくる強い選手です。R佳は何もさせてもらえず1本負けでしたcrying しかし、結果よりも気持ちの部分でもう少し違う強い気持ちを見せてもらいたかったところだったと思います。こんなに強くて素晴らしい選手との対戦機会なのに、「勝ちたい」ではなく「投げられたくない」の方の気持ちで対戦したのでは勿体無さ過ぎますsign03 R佳は、丸岡スポ少の中でも特に気持ちの強い選手だと思うのですが、その気持ちの強さが悪い方の「負けたくない」に出てしまっていたのが残念ですcrying どんな強敵相手でも、その強い気持ちを「勝ちたい」「何が何でも背負いで投げてやる」の方に向いてくれることを期待したいですconfident 

 

 そしてもう一人のR菜、こちらは初戦からもう一方の優勝候補、県立武道館のD選手が対戦相手となりましたshock 彼女はズバ抜けて強いsign03 とにかく強いsign03sign03 そんな強い選手に、R菜がどこまで立ち向かって勝負できるか注目して見ていましたhappy01 開始から、さすがにR菜らしくshine 前に出て先に技を出す展開にはなりました。しかし、相手はさすがに落ち着いていて、余裕を持って捌いているように見えましたcoldsweats02 そして技出しが止まった次の瞬間、足技で崩され抑え込みにshock 抑え込みに入られる時に、じっとして止まってしまったR菜も残念でしたが、それ以上にD選手の柔道の巧さ・強さが目についてしまってましたcoldsweats01 R菜としては攻める気持ちは見れたのですが、やはりもっと思い切った技と体の力の強さが必要だと感じました。それにしても、R菜も凄いところを見せてくれましたshine 一旦入った抑え込みを、持ち前の体の柔らかさと諦めない気持ちを見せて解くことができましたgood これは驚きましたし感心しましたshine 結果は完敗でしたが、もっと練習で力強さを身につけて、次はもっと好勝負を見せてほしいところですhappy01

 

 女子最後は、6年生のY衣ですが、こちらもM衣ちゃん同様、初戦は不戦勝で3位圏内へhappy01 こちらもインフルエンザなどの影響なのでしょうか・・・sweat02 準決勝となる2回戦では、昨年のディフェンディングチャンピオンとの対戦sign01 豪快な大外刈りに屈しましたshock それにしてもY衣の試合は、勝つ時も負ける時も豪快な1本で決まって面白いですhappy01 思い切って技に入っている証拠ですよね。これからも続けてほしいものですscissors

 

 

 午後からは男子の部です。まずは1年生の部に幼年のR晴が出場しました。幼年離れした強さを持つR晴ですから、最初からかなり期待はしていましたがhappy01 対戦相手もさすがに1年生!かなりの強敵との対戦が続きましたcoldsweats02 しかしR晴は期待以上の強さと気合いを見せてくれて次々と勝ち上がって行きましたshine 初戦こそ不戦勝でしたが、2回戦・3回戦と逆転で勝ち上がり、いよいよ決勝戦を迎えました。これだけでも大したものですが、決勝戦ではまたしても強さを見せつけ見事に優勝sign03 背負い投げで技ありを奪われた後に、大外刈りで1本取り返した見事な勝利でしたhappy01 丸岡柔道らしい、まさに気持ちの勝利だったと思いますsign01 幼年で1年生の部を制したのですから、さすがとしか言いようがありません。この日のR晴は本当に強かったですshine 強い気持ちが前に出ていて、これは一番の成長だと感じました。これから益々楽しみが増えますよねscissors 

 

 続いて2年生の部、AゆむとY成、K晴が出場しました。ここではY成、K晴ともに初戦でとても良い試合を見せてくれましたhappy01 Y成は足技から背負いに繋げる得意な柔道で勝負出来ていて、もう少しで投げきるところまで行っていましたし、K晴も練習している大外刈りで一生懸命攻めることが出来ていましたshine 2人とも初戦を見事に突破しましたが、特にK晴は有効を奪い・奪い返されの展開で最後は判定勝負となりましたが、攻め数の多さを評価された判定勝ちでした。

 続く2回戦では、Y成が今大会3位に入った鯖江の強敵J君に力負け、K晴も今大会で優勝した金井学園ジュニアのT君に豪快な1本負けでしたcoldsweats01 

 

 Aゆむは初戦・2回戦は順当に勝ち上がりscissors 準決勝での煌輝の強敵Y君との対戦が最初の山場になりました。動きも良くセンスを感じさせる柔道を見せるY君に対し、しっかり捕まえて勝負出来るかが勝負のポイントとなりました。この対戦では、Aゆむにとって反省の多い試合だったように思います。有効を奪い勝利はしましたが、上へ技を出すイメージがまだ出来ていなかったのかもしれませんthink 厳しい展開の中でしっかり勝ち上がったのは良かったのですが・・・

 そして気を取り直して決勝戦sign03 ライバル対決再びsign03 金井学園ジュニアのT君との対戦となりましたhappy01 この試合では、ここ最近の試合展開とは少し違い、Aゆむが大内刈りで勝機を探る展開になりました。この二人の対戦は、いつもがっちり組み合っての勝負が見れて、見ている側としては気持ちの良いとても面白い試合です。二人ともやっぱり強いsign03 最後はT君の強烈な払い腰→抑え込みに屈してしまいましたがcrying まだまだ何年先までも続くライバル関係happy01 これからも対戦を楽しみにしたいです。必ずAゆむが、Tけし君を豪快な大外刈りで倒す日が来ると、僕も楽しみにしていますwink

 

 続いて3年生の部にはK太郎と2年生のK人が出場しました。K太郎は初戦、相手選手も同じ名前のK太郎君ということでcoldsweats01 同じ名前同士のK太郎対決を制し、波に乗って2回戦へと駒を進めましたshine 終了間際の逆転の1本勝ちで、かなり盛り上がりましたねgood なかなか見れない素晴らしい熱戦でした。続く2回戦では、今度はお互いポイントが奪えないまま終盤を向かえ、ここで一瞬隙を見せたところをポイントを奪われ、惜しい試合を逃してしまいましたshock 本当に後一歩のところだったと思いますし、取れた試合だったと思うので勿体ないことをしましたcrying 少ないチャンスを確実にモノにできるようにするためにも、練習から意識の高い練習が必要だと感じます。K太郎も、内容の良い時は素晴らしい柔道を見せるようになってきて、勝ち方も良い試合が増えてきたと思いますhappy01 僕的にはこの試合、K太郎の寝技の入り方が気なりましたが・・・sweat02 あれは最後、足が抜きにくい入り方ですし返されやすい入り方なので、楽ですが楽なほうに逃げないでほしい・・・。

 

 もう一人、出場枠の関係上sweat01 3年生の部に出場することになった2年生のK人ですが、惜しくも初戦敗退となってしまいましたが、内容はとても良かったと思いますwink 3年生が相手でも、しっかり前に出ていつもどおりの柔道が出来ていたと思いますし、惜しい場面もありました。K人はまだ柔道を始めて間もないのですが、驚くぐらいのスピードで成長を続けていますし、必ず強くなると感じる選手なので、来年こそは団内予選でしっかり出場枠を奪い取り、必ずリベンジを果たしに高浜に戻ってくることでしょうhappy01

 

 いよいよ終盤、記事も長くなりましたがcoldsweats01 途中で読むのを諦めないでくださいねhappy01 

 

 4年生の部、ここではK輔が初戦でナイスファイトを見せてくれましたshine 相手選手は、K輔の倍以上は軽くありそうな重量級選手coldsweats02 しかしK輔は怯むことなく立ち向かい、がっちり組んで勝負に出ていましたshine さすがは丸岡柔道sign03 大きい相手にも、まずは怯まずがっちり組んで、何が何でも立って担いで投げに行くsign03 K輔は今回も、醍醐杯に続いて丸岡柔道をしっかり見せてくれたと思いますhappy01 倍以上は軽くある相手を背負いで浮かしていましたし、後は体をひねるだけで投げられたところだったと思います。本当に惜しい場面でした。決して楽して潰れて投げには行ってませんでしたねwink 押さえ込みにも入る場面があり、さすがに数秒で逃げられましたがナイスチャレンジでした。できれば横四方で押さえてほしかったところでしたcoldsweats01 さすがにこの体格差で袈裟固めは厳しいものが・・・coldsweats01 しかし、しっかりと優勢勝ちで2回戦へと駒を進めましたscissors 続く2回戦では、強敵相手に惜しくも押さえ込まれ負けてしまいましたが、見ていて「仕方ないな・・・」といった勝負だったと思います。

 

 ようやくラストsign03 5年生の部です。ここも美希弥は次の機会に書くとして(柔道でも柔道以外でも怒ることがたくさんあったこの日のキャプテン様でしたよimpact)、R一とSょうの試合の様子です。まずはR一ですがR一はここ最近、本当に柔道が強くなってきましたし、上手になってきたと感じます。この日の試合も、足払い・支え・大外と、技を繋げて勝負できていましたし、以前のように気持ちが後ろに下がることもなく、ようやく体格を活かした柔道が出来るようになってきたと感じますshine 初戦は大外、2回戦は押さえ込んで、順当に3回戦へと駒を進めました。この3回戦が強敵との対戦となり、惜しくも敗れはしましたが、これは寝技の時に反応できずに「なすがまま状態」の悪いところが出てしまいましたねshock この寝技に入るときの反応は、丸岡スポ少全員の課題といっても良いでしょうthink 好勝負を続けるためには、ここは重要な課題の一つだと思います。

 

 そしてSょうは、この日はいつものように攻め込んで入るものの、団体戦・個人戦を通して踏み込みが甘かったように感じましたし、思い切りの良さがなく恐る恐る技に入ってしまっていたように感じましたshock 初戦は大外で勝利したものの、2回戦では今回優勝した選手に中途半端に技に入ったところを狙われ、思い切り返されて1本負けでした。実力差は見た目ほどないと感じていますので、気持ちの持ち方しだいでは必ず逆転できると思いますし、もっと好勝負が出来る相手だと思います。今年・来年の丸岡チームの大将ですから、自信を持って堂々とした柔道を見せてくれれば、もっと強いSょうが見れると思いますsign03

 

 

 さて、ようやく長い個人戦の部を書き終えましたsweat01 いい加減に疲れましたのでcoldsweats01 この辺で終わりにしたいと思います。製作時間・・・う~ん、数時間はかかりましたねsweat01sweat01 でも、記事が長くなり、書いていてだんだん熱くなってくるほどの試合を見せてくれた子供たちに感謝ですhappy01 次の大会もすぐ翌週に控えていて、そして年末までもう少し行事も続きます。毎年恒例の「プレイバックシリーズ」も書きたい気持ちもありますし、なかなか大変な日がまだまだ続きそうですhappy01 でも、僕が悲鳴をあげるくらいの量の文が書ける、好試合をたくさん見せてほしいと願っていますsign03 

 

 とりあえず次回は、泉弥・美希弥の高浜大会結果を書きたいと思います。

|
|

« 高浜町柔道大会を振り返って(団体戦編) | トップページ | 3兄妹(長男を除く)の高浜大会 »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

前週の金井理事長杯をインフル大流行hospitalで半分以上欠席したスポ少。
感染期間がdown平熱に戻ってからも1週間あるそうなので、2週間のスポ少閉鎖danger・家族内感染の恐れがある子のban自宅待機など感染予防につとめ、高浜の大会にはみんなの元気な顔が久しぶりに見れましたhappy02 

体調の悪い中での練習は、ケガの悪化や集中力の欠如に伴う新たなケガ、他の団員への影響など良いことなど一つも無いですから。
時間差で発症したM紀と家族内感染の可能性のあるSょうは残念でしたweep 大会を楽しみにしていたのに・・・特にSょうには厳しい対応をして可哀相な事をしました。(予選を勝ち抜いて出場権をゲットしたのに・・・)日曜の小松で頑張ろうsign03


個人戦は良い試合と悪い試合が半々でしたね。本文にもあるとおり、低学年男子では成長の跡が見られ、女子では反省点が多い試合でした。
負ける事を恐れるのではなく、自分の力を発揮できない事を恐れなければangry
スポ少の指導者は負けた事自体を叱った事は無いのですが・・・weep


R晴のノーガードの打ち合い・逆転のS・T・Rtyphoon(どうしても流行らせたいbleah
Y衣の思いっきり攻めてからの気持ちの良い大外返しでの負け。
この2試合が僕が選ぶ高浜ベストバウトです。スポ少らしいじゃないですかsign02good

本文も長いですが、コメントも長くなっちゃいましたcoldsweats01

投稿: クリリン会長 | 2009年12月 9日 (水) 11時27分

御無沙汰しております。白帯パパです。

高浜町柔道大会お疲れ様でした。

息子も公式戦では1年ぶり(去年の高浜以来)にAゆむ君と対戦し、どこまで抵抗できるか楽しみでしたが、結果は完敗でしたweep

これからも、どんどん強くなっていくAゆむ君を目標に、追いつけ!追い越せ!で練習を重ねていきたいと思います。

また再戦できる日を楽しみにしています。

投稿: 白帯パパ | 2009年12月 9日 (水) 22時10分

クリリン会長、コメントありがとうございます!先生方や保護者の方の苦渋の決断、なにより出れなかった子供たちは残念な思いも大きいと思いますが、おっしゃるとおり小松大会で爆発してほしいですね。水曜日の練習では、ようやく団内の感染者も収束に向かいつつあるようで一安心でした。

S・T・R! 流行らせますか!!僕も「S・T・Rを流行らせる会」の会員になります。

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2009年12月 9日 (水) 23時18分

白帯パパさん、コメントありがとうございますhappy01 遅くなりましたが昇段おめでとうございました!!そろそろペンネームを変えなければならないのでは?
 
高浜町大会、お疲れ様でした。群雄割拠の2年生!!好勝負がたくさん見れて面白かったです。

今年の高浜大会も、煌輝さんは大活躍でしたね。うちの高学年も個人戦でボコボコにされましたしcoldsweats01
 
 
丸岡は今、うちの娘もそうですが、2年生が6人いて、みんなAゆむを目標に頑張っています。みんな本当に強くなってきています。同じ団内に強い選手がいるということは、本当に恵まれているんだなぁと感じます。

次は娘も挑戦させてくださいね!

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2009年12月 9日 (水) 23時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/32530122

この記事へのトラックバック一覧です: 高浜町柔道大会を振り返って(個人戦編):

« 高浜町柔道大会を振り返って(団体戦編) | トップページ | 3兄妹(長男を除く)の高浜大会 »