« 川口・丸岡合同練習 | トップページ | 三つ葉少年柔道交流大会(2) »

2009年12月24日 (木)

三つ葉少年柔道交流大会

Dsc04098 平成21年12月23日(祝)、福井県立武道館において「三つ葉少年柔道交流大会」が開催されましたhappy01 今大会は、春江町柔道スポ少さん・川口道場さん・金井学園ジュニアさん・そして丸岡柔道スポ少という同じスタイルの柔道を目指している4チームで行われ、毎年主催チームを輪番制で回している大会であります。

 

 今年の大会は、丸岡柔道スポ少の主催番ということで、先生方をはじめ役員の皆様の大きなご活躍により、無事成功のうちに終えることが出来ましたshine まずは大会開催にあたりご尽力下さった先生方・保護者の皆様・中学生たち・関係者の皆様にお礼申し上げますsign03

 

 さて、まずは開会式sign01 今年は丸岡スポ少の主催番ということで、開会式の選手宣誓は丸岡スポ少の主将が行いました。そうですsweat02 我が愚息ですcoldsweats01 まずはこちらが上手く宣誓してくれるか・・・・心配で心配で夜も眠れないぐらいでしたshock 

 

Dsc04100 しかし当日、そんな父の不安を吹き飛ばすように大きな声で噛むことなく宣誓してくれてshine とても良かったと思いますsign01 これで一安心happy01 美希弥はしっかり責任を果たしてくれたと思いますhappy01 

 「日頃の練習で学んだ柔道精神を十分に発揮し・・・・・・一本を取る柔道を目指して・・・・・・」

 あとは宣誓どおり、選手たちがこのような気持ちで柔道をしてくれるのを期待して見るだけですhappy01 

 

 

 それでは試合結果ですが、当日は私も掲示等の役割分担があり、100%言い訳ですがcoldsweats01 大会結果を控えてきませんでしたのでsweat01 他チームのブログにお譲りすることとしてcoldsweats01 いきなり試合内容のご報告にいきたいと思います。。。。

 

 ・・・・がsign01 ここも役割分担の都合上、試合も団体戦の第2試合場と個人戦の2・4年生の部しか見れませんでしたのでsweat02 こちらもいきなりですが僕の受け持った第2試合場でのベストバウト集を書いていきたいと思いますsign01 第2試合場でも、多くの熱い戦いを見ることが出来ましたsign03

 

 

【第5位】

《目覚めた丸岡のチビSょうの、上手さが光った団体戦shine

 団体戦で丸岡Bチーム次鋒として登場したチビSょうsign01 持っているセンスはなかなかのものを感じているのですが、今ひとつ目覚めの時を待っていたチビSょうですが、この日の団体戦では目覚めを感じさせる柔道で2試合ともに一本勝ちsign03 内容は・・・

 まずは初戦、前に出る本来の丸岡柔道を見せてくれました。そして相手のほうが押し込む力が強いと見るや、センス光る支え釣込足で技ありを奪う展開sign01 周りも思わず「ウマイsign03」と声が出るほどの絶妙のタイミングでの支えでしたhappy01 続いて同じようなタイミングで、今度は出足払いを炸裂させて2度目の技あり、合せ技一本でしたhappy01 チビSょうの勢いはこれで止まることなく、続いての団体戦予選2試合目でも同じような展開から逆技で一本を奪い2連勝happy01 光るセンスを存分に発揮してくれましたhappy02 僕的には、これであとはいつも練習している背負い投げでの勝利が一つ入っていると最高だと思ったのですが、この2連勝を大きな自信にして来年は強烈な背負いを連発してくれることでしょうsign03 もともとチビSょうをはじめ、丸岡の2年生軍団は強いと思う子ばかりなのでhappy01 これからが本当に楽しみですsign03 せっかく目覚めても再び眠りについてしまうことのないようcoldsweats01 来年に期待したい勝利でした。

 

【第4位】

《宿命の対決再びsign01 意地を賭けた団体戦》

 この試合はとなりの第1試合場で行われた団体戦の試合ですが、第1試合場の団体戦予選リーグで、川口道場さんと丸岡スポ少Aチームの試合が行われましたsign03 隣の試合場だったため6試合すべて見れたわけではないのですが、一進一退のもつれた試合展開が繰り広げられましたhappy02 まさに両チームの意地を賭けた宿敵(トモ)との一戦sign03 丸岡スポ少としても負けるわけにはいかない戦いでしたthink

 先鋒戦は丸岡の学年落ちでR晴、相手選手もセンスを感じる必殺高背負いを武器にしている強い選手でしたが、ここは一本を取られてしまいましたshock  そして続く次鋒戦、泉弥とM穂ちゃんというライバル対決でした。丸岡の勝利のためにはここは是が非でも一本取りに行かなければならないところでした。寝技で勝負に行く泉弥でしたが、決めきることができずに試合終盤に差し掛かりました。ここで泉弥のタイミングの合った背負いが掛かったのですが、キメが甘く逃げられ惜しくも有効止まりsweat01 あれだけ完璧に担いでおいて・・・あそこはしっかりキメきって欲しかったところですthink  とりあえず勝敗を五分に戻して五将戦、Aゆむが学年落ちでしたが、対戦成績も決して部の良くない相手に押さえ込んで一本勝ち、2-1とリードを奪い中堅戦へと繋ぎました。  しかし、中堅戦も学年落ちの苦しい試合が続き、K太郎が一本を奪われ再び同点に追いつかれました。相手選手は短期間に急速に力をつけてきた福井県の強化選手にも選ばれている4年生。仕方のないところでした。  こうして向かえた副将戦、R一とF太君の対決が素晴らしい好勝負でしたhappy01 ガンガン前に圧力を掛けて勝負に出るR一と、それを迎え撃つF太君。この試合でR一の良かったのは、最初に足技で有効を奪われた後、更に圧力を強めて前に出れたところだったと思います。最後はもつれてどのような技が決まったのか分からないぐらいでしたがcoldsweats01 R一がF太君を捕まえ後ろに倒して一本勝ちを奪ってきましたsign03 大金星とも言うべき勝利で3-2、リードを奪って大将戦へと繋ぎました。しかし大将戦も丸岡は学年落ち・・・しかもSょうの対戦相手は小柄ながら闘志剥き出しのファイトを見せる相手チームの主将、スモールドラゴンsign03 ここはSょうも頑張りましたが相手が一枚上だったようで惜しくも一本負け・・・・crying 結果は、3-3の内容負けでした。こうして結果を見てみると、次鋒戦、一本を取り逃した泉弥の試合が惜しかったのですが、勝敗も然ることながらこのような一進一退の、しかも一試合一試合が白熱の試合展開だったこの団体戦は、まさにベストバウトに選ぶに相応しい好勝負だったと思いますsign03 負けたのは悔しくて仕方がないのですが、このような好勝負を見せてくれた両チームに感謝ですhappy01

 

【第3位】

 《女同士の熱い戦いsign01 決勝トーナメント進出を賭けた名勝負》

 僕が第3位に選んだベストバウトは、個人戦4年生の部の予選リーグA組、女子選手同士の熱い戦いです。この予選リーグ、リーグ戦を終えて1位通過は川口道場さんのK君が確定していたのですが、残り一枠、2位通過が3人同点で決まりませんでした。金井学園ジュニアのM選手、川口道場のN選手、A選手という女子選手3人が予選リーグの戦いも全くの同点、当事者同士の戦績もすべて引き分けという予選リーグの結果・・・coldsweats01 まさに全くの互角・・・といった展開でした。そこで、大会長の判断によりこの3人でもう一度リーグ戦を行うことになりました。このリーグ戦では、旗による僅差判定で勝敗を必ず決するというルールで行いましたが、このリーグ3試合もいずれも旗による僅差判定で決まる、という結果でした。内容を見てもどちらに旗が上がってもおかしくない、本当に難しい判定だったように思いますthink 結果は金井学園ジュニアのM選手が見事に激戦を勝ちあがり、決勝トーナメントでも勝利し優勝を勝ち取りましたが、この女子選手同士の戦いは本当に熱くなりましたwink 結果は全試合引き分けでしたが、決して逃げたり取りに行かなかったり・・・の試合ではなかったです。3人とも負けを恐れずポイントを奪いに行っての試合だったのでこれほど熱く面白く見れたのだと思います。まさに好勝負でしたsign03

  

 さて、長くなってきましたのでcoldsweats01 柔道3兄妹の父が選ぶベストバウト集トップ2は次回に・・・

|
|

« 川口・丸岡合同練習 | トップページ | 三つ葉少年柔道交流大会(2) »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

大会にご参加いただいた各チームの皆様、スポ少のOB・OG、急遽協力してくれた川口道場OB、OBの父兄の皆様、そして育成会会長さんら保護者の皆様。お蔭様をもちまして無事大会を運営する事が出来ました。厚く御礼申し上げます。happy02

選手宣誓、良かったですねgood
いつもと違ってcoldsweats01 滑舌も良く、声も張り、噛む事なく、完璧に近い宣誓ではsign02

チビSの試合は残念ながらあまり見れませんでしたcoldsweats02 やはり、彼には【背負いバカ】になって欲しいです。足技でポイントを取れる勝負勘があるなら、それを背負いにも活かして欲しいですねcatface あとは勇気だけです。

団体戦。weep 初戦の金井学園Jr・Bとの試合でも、一人ひとりが出来る事が出来ていたなら充分勝機があったと思います。川口道場戦でも(厳しい事を言うようですが)、決して結果論では無く、ポイントは泉弥でした。(お気を悪くしないでくださいねcoldsweats01sweat01
最後の背負いで一本を取らなければいけないのはもちろんですが、団体戦・個人戦共に一本を取りきれない試合が続きましたね。
日曜の小矢部の練習会でも昨日の大会でも、綺麗な高背負いを決めるシーンも時々見られます。が、パワーで潰しにいく場面も・・・
R晴・泉弥・歩のパワー頼み柔道改善が来年の課題ですね。お互い頑張りましょう。


投稿: クリリン会長 | 2009年12月24日 (木) 11時54分

クリリン会長、三つ葉大会は主催ということで大変お疲れ様でした。無事に大会が成功し何よりですねhappy01 美希弥も100点に近い宣誓をしてくれましたね・・・(試合でその元気が見たかったcrying

僕も役を与えられながらも結構楽しんで試合を見ることが出来ました。

いろいろな課題と成果をみせてもらい、来年に向けて励みになりました。泉弥の強化、来年もどうぞよろしくお願いします。やはり今年のように、来年もまた強敵との好勝負を見て楽しみたいですからhappy01

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2009年12月24日 (木) 18時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/32713865

この記事へのトラックバック一覧です: 三つ葉少年柔道交流大会:

« 川口・丸岡合同練習 | トップページ | 三つ葉少年柔道交流大会(2) »