« 基本 | トップページ | 未来 »

2009年11月 6日 (金)

NY 世界一

 遠くアメリカではワールドシリーズが終わり、N・Yが見事に今シーズンの世界一を決めましたねscissors 松井秀喜選手は、大リーグ挑戦7年目にして念願のワールドチャンピオンに輝くことが出来ましたshine

 

 僕もこの試合は、テレビにかじりついて見ていましたが、さすがに世界一を決める試合だけあって、素晴らしいゲームだと思いましたhappy01 そのような試合で、ヤンキースの7得点中6得点が松井選手の打点でしたhappy02 世界を代表する投手、ペドロ・マルティネス投手から先制のツーランホームランsign03 その後も2点タイムリーを2発sign03 文句なしの活躍で、ヤンキースを9年ぶりのワールドチャンピオンへと導いてくれましたhappy01 もう、すごいの一言ですsign03

 

 松井選手はワールドシリーズのMVPにも選ばれ、ジーター、A・ロッドといったこちらも大リーグを代表選手らを差し置いての一人舞台でしたhappy01 松井選手と僕は同じ歳で、しかもお隣の石川県出身ということで、高校時代は僕の高校にも練習試合に来たぐらいですからcoldsweats02 生の松井選手も一度見たことがあります。なので何か特別に親近感もあり(勝手に思ってるだけcoldsweats01)、特に今回のワールドチャンピオンはうれしさが倍増ですsign01

 

 

 さて、実はこの試合、点数は7-3でヤンキースがリードsign01 9回裏2アウトランナー1塁、フィリーズの最後の打者を迎えた場面で、僕はとても熱いものを感じたのです。普通なら、もうフィリーズにしてみればいくら「野球は9回2アウトから」といえども絶体絶命shock 相手ピッチャーのリベラも好調です。ここはヤンキースファンの声援も激しく、バッターとしては集中力も欠き、早く凡退してヤンキースが世界一になるところを想像していたのですがsweat02 ここから最後のバッターは2ストライクから9球粘ってみせたのです。粘るたびにヤンキースファンからのブーイングとため息sweat01 それはそうですよね。あと1球で世界一なのですからcoldsweats01 

 

 僕みたいな凡人の考えでは、

 

 「今更粘ったって、もうヤンキースの勝利は変わらないんだから、KYにファールで粘らずに、さっさと終わってしまえばいいのに・・・」

 

 と、こうなりますcoldsweats01 だって、バッターボックスに立っているだけでさえ辛い雰囲気だと思うんですよ。あの場面は。。。でも、さすがは世界一を争うチームの選手というのは違うんですよね。さいごまで、どんなことがあっても諦めたり集中力を切らしたりせず、自分のベストを尽くすことだけを考えられる。本当に熱くなる場面でしたhappy01 

 

 優勝したNY、そして松井選手、本当におめでとうございますsign03 来年以降の契約も気になりますがcoldsweats01 MVPインタビューで松井選手は、来年に対する思いを聞かれ、こう答えました。

 

 「来年、どうなるかは分かりませんが、ヤンキースでプレーできることが出来れば最高だと思っています。僕はニューヨークが大好きだし、ヤンキースというチームが大好きだし、チームメイトが大好き。そしてヤンキースファンが大好きですから。」

 

 7年もアメリカに渡り、リップサービスまで日本人離れしてきましたねbleah 球場全体が一番盛り上がったのは言うまでもありません。でもこれは、松井選手の本心だと思いますwink 巨人ファンで、松井選手に早く巨人に帰ってきてほしい僕にとっては残念ですがcoldsweats01 今シーズンの松井選手の活躍を見れば、きっと来年もNYのユニフォームを着て試合をしているのかもしれませんねhappy01

|
|

« 基本 | トップページ | 未来 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/32082452

この記事へのトラックバック一覧です: NY 世界一:

« 基本 | トップページ | 未来 »