« 第14回醍醐敏郎杯少年柔道大会(2) | トップページ | 復活近し!? »

2009年11月29日 (日)

スポ少閉鎖

 先週・今週と、スポ少がピンチでありますsweat02 それもかなりのピンチsweat01 体調不良によりダウンする子が相次ぎ、ついに27日の金曜日と12月2日の水曜日、そして4日金曜日と学級閉鎖ならぬ「スポ少閉鎖」が決定しましたcrying

 

 それもそのはずsign01 醍醐杯が終わった25日の水曜日・・・練習に参加した子はわずかに12名・・・shock 実に半数の欠席です。そして醍醐杯に遠征した小学生12人のうち、この日の練習を欠席した子が8人にものぼっていましたshock 大会ラッシュのまっただ中sign03 かなりの痛手ではありますが、こうも体調不良者が増えるとまずはしっかり治す方が先決ですthink

 

 かくいう我が家も・・・醍醐杯遠征前日の金曜日に、次男美希弥が風邪でダウンshock 遠征を急きょキャンセルする羽目に・・・down そして醍醐杯から帰ってくると、今度は長男優弥が新型インフルエンザでダウンdown さらに美希弥が新型で再度ダウンdown トドメは一番下の泉弥が今日になり発熱・・・downdowndown 我が家もインフルエンザの餌食となってしまっているようですwobbly 

 

 さらに人数の少なかった25日水曜日の練習で、父・裕が左足を負傷し医者にかかる始末・・・down 散々な1週間となりましたdash 

 

 楽しみにしていた今日の金井学園理事長杯も、美希弥・泉弥ともにやむなく欠席・・・聞くところによると、丸岡からの大会参加者は本当に少なかったようでsweat01 主催者である金井学園関係者の皆さん、丸岡のチームメイトにもご迷惑をお掛けしてしまったようですshock

 

 そして今、もっとも気掛かりなのは・・・美希弥に変わり急きょ醍醐杯に参戦してくださったM徳が、帰ってきて体調不良だと聞いていることですsweat02 無理を言って参戦してもらって、体調悪くして帰ってくるのでは本当に申し訳ない限りですwobbly 早く体調が戻ってほしいと願うばかりです。

 

 こうなってしまった以上は、一刻も早く全員が体調万全に戻り、また元の元気な姿を見せてくれるのを待つしかありませんthink 我が家も、この1週間で体調を万全に整え、来週末の高浜町大会に備えるしかありません。お陰さまで、長男・次男は復活したようですので、あとは泉弥が大したことなく復活することを祈るだけですhappy01

 

 皆さんも、風邪や季節型やら新型やら・・・いろんなものが混ざって流行り、何が何だか分からなくなってはいますがcoldsweats01 体調管理には十分気をつけて、元気に年末が迎えられるように頑張りましょうsign03 父・裕も、早く左足の怪我を治してリベンジを果たしたいと、数年振りに熱く燃え上がるものを感じていますsign03(歳も考えずに・・・coldsweats01

|
|

« 第14回醍醐敏郎杯少年柔道大会(2) | トップページ | 復活近し!? »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

きっと子供達は、柔道したくてウズウズしているはずwobbly
その想いを高浜の大会でimpact爆発させてくれる事でしょうrock

理事長杯、少ない人数ながらも良い内容の試合も何試合か見られましたwink 
catK太郎の流れるような(?)縦四方。(地道に練習した成果が出たやないかぁ~scissors)
打倒thunderK志に燃えるR晴の大外『typhoonSTR(スペース・トルネード・R晴)』
(有効止まりだったけどcoldsweats01

ただ、私が審判をしてる時に試合が重なった子供たちに指示を出せなかった事が残念で申し訳なかったですweep 特に試合経験の少ないY衣とK人には一人で試合に臨ませてしまってcoldsweats02・・・反省しています。

投稿: クリリン会長 | 2009年11月30日 (月) 12時03分

クリリン会長、ここしばらくはいろいろとご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。
金井杯、良い試合もいくつかあったということで、安心しました。
週末、復活できそうなので良かったです。おっしゃるとおり、柔道したい気持ちを爆発させてほしいと思います。

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2009年12月 3日 (木) 01時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/32420223

この記事へのトラックバック一覧です: スポ少閉鎖:

« 第14回醍醐敏郎杯少年柔道大会(2) | トップページ | 復活近し!? »