« 第2回坂井市少年柔道大会 | トップページ | 坂井市少年柔道大会・個人戦編 »

2009年10月14日 (水)

坂井市少年柔道大会・団体戦編

 先日行われた第2回坂井市少年柔道大会wink 丸岡スポ少の試合の様子を振り返ってみたいと思いますhappy01 まずは午前中に行われた団体戦の様子から・・・

 

 今大会の団体戦は、1年生から6年生の各学年1名ずつ、6人制で争われました。5チームによる総当たりリーグ戦でしたが、メンバーの出し入れが自由だったようでgood 丸岡スポ少も学年の人数が多い2・5年生で、対戦チームによりメンバーを入れ替えながらの試合となりましたhappy01

 

 まずは初戦、いきなり優勝候補筆頭の三国町柔道教室さんとの対戦となりましたcoldsweats01 今大会に参加しているメンバーの中のベストメンバーで試合に臨みました・・・がsweat02 予想通り・・・と言いますか何と言いますかcoldsweats01 結果は0-5の大敗crying 力の差を見せつけられましたshock 

 

 先鋒戦は、今大会が団体戦デビューとなったM衣ちゃんが、相手の攻めを凌いで何とか引き分けに持ち込んだものの、内容としては悔しい試合になりましたcrying 相手も強いのですが、まだ幼年ですので自分からどんどん技を出していく柔道を見せて欲しかったところです。そして次の次鋒戦から大将戦までは立て続けに一本負けを喫しての大敗sweat02 特に次鋒戦で負けたのが計算外でしたshock ここで一気に意気消沈してしまい、自分の力を出し切ることができずに負けてしまったという印象ですcrying 確かに相手チームは、県内でも1・2位を争う強豪チームですから、こういう結果も仕方のないところではありますが、負け方が悪かったと思います。また、その日の初戦に向かうモチベーションの作り方や準備という部分でも、キャプテンの責任もあって出来ていなかったように感じます。初戦から自分の力が出せる「準備」という部分でも課題が見られた試合でした。

 

 続く2戦目は、これまた強豪の坂井町柔道教室さんとの対戦でした。このチームは、1年生から6年生まで各学年で強い選手が揃っており、特に1・3・6年は強力ですsweat01 中でも、6年生には北信越で2位に入っているエースH君がいるため、2・4・5年が鍵となる戦いとなりそうな試合でしたthink そしてここで丸岡は、キーとなる2・5年生のところにH姉弟を投入sign03 次鋒にSょう、副将にM紀が入りましたhappy01 

 

 先鋒M衣ちゃんが強敵相手に完敗を喫し、最初のポイントとなる2年生対決を迎えました。動きの早い相手でしたが、Sょうは自分の柔道をさせてもらえずsweat02 相手の土俵の上での戦いとなってしまいました。結果は1本負け。いつものSょうらしい、背負い投げで勝負する柔道であればもう少し良い戦いになったと思うのですが、早い動きに振り回され足技で崩されました。チームにとっては痛い敗戦となりました。3年生対決は、T海が登場!力のある相手に精一杯戦ってくれていたと思いますが、得意の背負いがぶら下がって入ってしまっていて、そこを狙われ押さえ込み。前半で0-3と勝ちが消えましたcrying 続く4年生対決では、丸岡は学年落ちでK太郎が挑みましたが、ここでようやく「らしい」柔道が見れましたshine キーとなる4年生対決で、前に出て大外勝負に行く柔道を見せてくれて、学年落ちの厳しい戦いでようやく1勝目を取ってきてくれましたhappy01 とても良い内容の試合だったように思いました。そしてこの良い試合が次にも繋がってくれて、もう一つのキーとなる5年生対決でM紀も頑張って良い試合を見せてくれましたgood 対戦相手は、M紀とも何度か対戦歴がある相手なのですが、返し技が上手いし体のバランスの良い選手というイメージがあります。この試合では、M紀が成長したところを見せてくれて、いつもは対戦成績も分が悪かったのですが、この日は終始攻め込む柔道で相手をどんどん追い込むことが出来ていましたsign01 何度か勝つチャンスもあったのですが、ここで下を向いての技が災いしてsweat01 ポイントを奪うまでには至らず痛恨のタイムアップshock 惜しい試合を引き分けてしまいました。そして最後の大将戦は、さすがに北信越2位の実力を見せられ完敗。結果、1-4という敗戦でした。しかし、初戦に比べてだいぶ体が動いているように見えましたし、良い試合も少し見れた試合で面白く見ることが出来ました。

 

 

 上り調子で迎えた3戦目、いつもお世話になっているライバル、強敵(トモ)の川口道場さんとの対戦でしたhappy01 この試合では、先生方がいろいろ考えて下さったのかcatface 我が家の次男・美希弥と長女・泉弥のライバル選手がいるということで、この二人が2年生・5年生のところで出場させていただきましたhappy01

 

 まずは先鋒戦、M衣ちゃんは動きの良い相手に終始攻め込まれsweat01 最後は抑え込みで1本負けcrying さすが寝技の強い川口道場さんでありますsweat01 続く2年生対決sign01 泉弥が同じ女の子同士のライバル、M穂ちゃんと対戦しましたhappy01 親としてはドキドキする対戦です。さすがにM穂ちゃんは受けが強く、粘りもある。そして一発の技のキレもあるため、かなりの苦戦となりました。中盤、先に組み勝ったところを前に出て、ようやく大外のような形で有効を奪いましたが、その後は攻めきることができずに優勢勝ち。技が下へ潰しに行ってしまう課題がそのまま試合結果に出た感じでしたshock ヒヤヒヤの1勝でしたcoldsweats01 続く3年生では、学年落ちとなりますが、一学年ぐらいなら何とかしてくれる低学年エースのAゆむを投入しましたが、川口道場さんの3年生、O君に痛い敗戦crying 先に有効を奪ったのですが、不用意な足技でバランスを崩したところを、巧い寝技の入りに屈して抑え込み1本負けcrying 完敗でした。続くK太郎も、さっきの勢いを出すことなく敗れてしまい、ここで1-3・・・内容も1本負け3つなので、この時点で敗戦が決まってしまいましたdown しかし、副将戦でこれまたライバル対決となった美希弥とF太君との試合がなかなか見応えのある面白い試合となりましたhappy01 結果はF太君の背負い投げの前に屈し1本負けでしたが、美希弥の試合内容は、数あるF太君との対戦の中で一番良かったと思いました。この話はまた別の機会に・・・coldsweats01 最後の大将戦、相手チームのキャプテンR君と5年生R一との対戦となりましたが、体格差をもろともせず、R一がいとも簡単に抑え込まれて一本負けshock 力の差がありました。こうしてライバル対決は、見事に1-5の大敗crying

 

 さすがは真っ向勝負の柔道で、しかも強い川口道場さんでしたcoldsweats01 完敗の結果にショックを隠しきれませんがshock、しかし1試合・1試合を見てみると、それぞれの試合で勝負に対する執念の差が大きいように感じました。子供たち自身が、この試合に悔しさをもってこれから頑張ってほしいと思いました

 

 そして最後は春江町柔道スポ少さんとの対戦でした。この対戦では、2年生にK人、5年生にY輝が出場しました。Y輝はこの試合で、キレイな背負い投げで1本を取ってきてくれて、とても凄いと感動しましたshine この日の団体戦の中で、一番きれいな1本勝ちだったと思います。また、2年生のK人もとても強くなっており驚きました。また、この試合で思ったのは、春江町の子供たちも真っ直ぐな柔道でとても素晴らしいということでした。僕の思っていたイメージよりも格段に強くなっている子が何人かいて、とても強くなっているという印象を持ちました。

 

 こうして午前中の団体戦を終え、それぞれに課題を多く見つけたまま引き続き低学年の個人戦へと移っていきました。団体戦では、良い試合はいくつか見られたものの、やはり力の差を見せつけられて悔しい思いもありますcrying 子供たち一人ひとりが、この結果をしっかり受け止め考えて欲しいと感じましたthink

|
|

« 第2回坂井市少年柔道大会 | トップページ | 坂井市少年柔道大会・個人戦編 »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/31776677

この記事へのトラックバック一覧です: 坂井市少年柔道大会・団体戦編:

« 第2回坂井市少年柔道大会 | トップページ | 坂井市少年柔道大会・個人戦編 »