« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月31日 (日)

父、初の観戦

 5月30日(土)、○中が県立武道館にて合同練習があると優弥から聞かされた。優弥は父の観戦を拒んでいたのでcoldsweats01 行くのは止めようと思っていたのですが・・・ ある友人保護者から、

 

 「子供の『来るな』は無視して見に来れば」

 

 とのお誘いもあり、こそっと観戦に行くことにしましたhappy01 父にとって、中学になってからの優弥の練習は初観戦となりました。 昼過ぎ、県立武道館に到着すると、すでに多くの中学校の柔道部員達が集まって、練習試合を行っている最中でした。

 

 ほどなく、○岡南中学校の部員達が練習試合の畳の上がるのを見つけて、早速観戦sign03 K道場の軽量コンビY君とJ君も元気そうな柔道衣姿で登場sign03 さらに丸岡スポ少OBのS太やMやん、Tおる、H之も登場し、早速ワクワクしながらの観戦となりましたhappy02 

 

 う~んshock これは来年以降、○岡南中は恐ろしいライバルチームになるな・・・

 と、思わず怖くなるほどのメンバーでしたcoldsweats01 しかも内容も素晴らしいsign03 H之は僕が見た試合は豪快に投げ飛ばす柔道でオール1本勝ちでしたし、Tおるも相変わらずのガンガン柔道。K道場出身の二人もさすがの柔道でしたしhappy01 S太も『やればできるじゃん』という柔道で勝っていましたし。嬉しくなりましたhappy01

 

 そうこうしているうちに、続いて○中(読みはそのままcoldsweats01)の選手が登場sign01 最初は優弥は試合に出ませんでした。何故かホッとする父。。。coldsweats01 ○中も、中学に入って柔道を始めたと思われる2・3年でいい子がいて、なかなかのチーム力を持っていると感心しましたhappy01

 

 ○中は、続く試合で優弥・K馬・Y輝のスポ少トリオが登場し、久しぶりのスポ少トリオが中学の舞台で活躍する姿を見ることが出来ましたshine K馬は逆技をいくつか覚えたようで、幅の広がった柔道を見せてくれましたし、Y輝も相変わらずの強気な攻めの柔道で頑張っていましたsign03 二人ともしっかり中学の柔道の舞台でも戦えている姿を見せてくれて一安心wink 優弥は、少し硬くなっていたようで、得意の技が一つも出ないまま引き分け・・・sweat02

 

 見に来なければ良かった・・・sweat01

 

 しかし、続くS中学との練習試合では、同じ1年生同士、しかし小学生の頃は勝てなかったF君との対戦となりました。序盤、いきなり有効を奪われ押え込み・・・

 

 やっぱりか・・・

 

 と思っていたのですが、その押え込みをといて反撃に出ましたcoldsweats02 中盤から後半は攻守が入れ替わり、優弥が背負いで有効を取り返し時間・・・そのまま引き分けになりました。内容は決して褒められたものではありませんでしたが、小学生の頃勝てなかった相手に何とか引き分けまで持って来れたので、まあまあ・・・といったところです。階級的にも違う相手ですしcoldsweats01

 

 

 冷静になり周りを見渡すと・・・小学生の頃見た顔ばかりが・・・それぞれの中学でたくさん柔道を続けていましたhappy02 ○中や○岡南中だけでなく・・・いろんな中学校にいろんな強豪選手が揃って練習試合に頑張っていましたsign03 これからもこの世代の子達が、いろんな舞台で切磋琢磨しながら頑張っていってくれると、ますます楽しみが増えそうな・・・そんな楽しい気持ちにさせてくれた合同練習の様子でしたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年5月28日 (木)

50,000通過御礼!!

 本日ブログを見て気付きましたが、早いもので当ブログのアクセス数が50,000を通過しておりましたshine ブログを始めて約1年半での快挙ですhappy01 これも偏に、日頃からこのような拙い、そして身勝手なことばかり書いているブログにも関わらずcoldsweats01 ご覧下さっているみなさんのお陰と、心から感謝いたしますsign03

 

 僕自身もこのブログのお陰で、試合会場等では多くの先生方や保護者の皆様からお声を掛けていただけるようになりとても嬉しいですし、そしてこれがブログを続けていく原動力の一つになっていることも確かですhappy01 

 

 これからも身勝手な父、裕の思いをどんどん書き込んでいくことになるかと思いますがcoldsweats01 どうか失礼はお許し頂き、これからも応援してくださると幸いですsign03 今後もこのブログを通して、

 

 丸岡スポ少の活躍・成長

 新団員の募集

 県の柔道全体の盛り上がり

 他チーム・先生方・保護者の皆さんとの交流・意見交換

 そして・・・

 3兄妹への怒りのやり場sign03

 

 となっていけたら一番かな・・・と思っておりますwink 思いが強すぎ熱くなり・・・ついつい勝手なことばかり書いてしまい、アップした後に後悔したりするのですが・・・coldsweats01

 

 

 さて、恒例となりつつありますsign02 「アクセスカウンターキリ番ゲット」企画ですが、前回44,444はスルーさせていただきましたので、今回55,555では何か考えてみようかな・・・と思っておりますので、こちらも是非期待してみてくださいsign03 続々キリ番ハンターが誕生しておりますのでhappy01 今回は誰がゲットされるのか、僕も楽しみにしたいです。また、55555が近くなりましたらこのブログにて詳細を書き込みたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年5月26日 (火)

マルちゃん杯・番外編

 先日行われたマルちゃん杯、丸岡スポ少の選手達は惜しくも初戦敗退という結果に終わりましたが、思わぬ(!?)接戦となり好勝負を見せてくれましたconfident 課題は個々いろいろあるでしょうが、良い経験となったことだけは間違いないと思います。一試合だけで遠征を終える結果でしたが、それでも価値のある遠征となりました。

 

 しかしまだまだこの他にも、この大会に来て良かったと思える嬉しいことがいくつか起こりましたhappy01 その一つ目が丸岡スポ少OBで、現在F中学校で頑張っているY章の活躍でしたsign03 Y章は、昨年は丸岡スポ少の不動のエースとして大活躍し、ポイントゲッターであり頼れる大将でもありましたhappy01 昨年の団体戦、彼で勝負を決める場面が多く見られ、何とかして大将戦まで勝負をもつれ込ますことができるか・・・が勝負のカギと言えるほど、彼に頼りきっていたhappy01 それほど信頼できるエースでしたshine 

 

 Y章は4月、F中学校に進み柔道を続けて、厳しい中で頑張ってきたと思います。そしてこのマルちゃん杯で早くも団体戦の一員として大会に臨むチャンスが訪れましたhappy01 さすがにまだ1年生ですから、このような大きな大会で3年生までいる対戦相手との試合はキツイだろうな・・・と予想していましたが、Y章は僕の期待以上の活躍を見せてくれて、小学校時代をはるかに上回る成長した姿を見せてくれましたsign03 

 

 F中学校の初戦、次鋒として畳の上にあがったY章。もっと緊張して体が動かない姿を想像していましたcoldsweats01 だって、こんな大きな大会で中学生としてのデビュー戦を迎えたわけですから、緊張して震えないほうが不思議です。しかし、見るからに堂々とした姿に、

 

 これはもしかしてやってくれるかも・・・・

 

 という期待が膨らみました。そして試合では・・・

 

 3年生が相手でしたが、堂々と組み合い決して気持ちで負けることなく攻め込む姿が見れましたgood 大外・支え・内股と相手をどんどん攻め込み、最後は内股から強烈な大内刈りに変化して技ありを奪い、気を抜くことなくそのまましっかり押え込んで1本勝ちsign03 強烈な試合でしたhappy02 一緒に見ていたM先生も、とても感動されていた様子で、二人とも自然と熱い汗が吹き出していましたcoldsweats02coldsweats02 大きな拍手で熱く込み上げてくるものを必死に抑えていましたsmile スポ少で頑張ってきた仲間が、こうして中学生の部という舞台でも誰に負けることのない素晴らしい柔道で活躍してくれた姿に、本当に感動しましたし誇らしい気持ちにもなりました。

 

 F中学の一員としての勝利でしたが、Y章はしっかり「丸岡柔道魂」を見せて勝利してくれたと思いますsign03 近くで観戦していた優弥もとても嬉しそうでしたhappy01 一緒に戦ってきた仲間の勝利ですから、嬉しさもまたひとしおだったでしょうhappy01 

 

 続く2回戦では更に対戦相手が強くなっており苦戦しましたが、しっかり持って勝負する柔道は見せてくれて、とても良かったと思います。また、3回戦では、全国の中学校の中でも常に1・2位を争っており、中学校のチャンピオンチームといっても過言ではないT成中学校との試合も経験することができました。試合は何も出来ずに負けてしまいましたが、しかし全国一とも言えるチームの選手と対戦できたことは、これからのY章の柔道に大きくプラスになることは間違いないでしょうconfident

 

 とにもかくにも、Y章の活躍する姿を見ることが出来て、本当に嬉しいと思いましたsign03 Y章に負けじと、今度は優弥・K馬・Y輝のM岡中コンビやM岡南中のTおる・H之もどんどん活躍して行ってくれることを期待して楽しみにしていたいと思いますhappy01

 

 

 さて、話しは変わりもう一つの嬉しい出来事sign03 ご想像のとおりcoldsweats01 会場で谷本歩実選手金丸雄介選手を見ることが出来たことですhappy01 二人とも前の北京オリンピックの日本代表選手です。谷本選手はオリンピック2大会連続オール一本勝ちでの連覇を達成、金丸選手も得意の袖釣り込み腰を武器に、気持ちのこもった魂の柔道を見せてくれる選手ですよね。

 

Photo_8Photo_9 二人とも途中、子供たちのサイン攻めcoldsweats01 に遭っていましたが、笑顔で対応されていたのが印象的でしたhappy01 谷本選手はテレビで見るより綺麗だと思いましたし、金丸選手も細い体で格好良く見えましたよwink

 

 

Photo_10 もちろん、サインゲッター優弥も、しっかり二人のところでサインを頂いてきて、満面の笑みでしたcoldsweats01 これで我が家のサインコレクションがまた一つ増えましたhappy01 ただ、肝心の写真が・・・shock 肝心なところで父の写真家としての腕が足りない上に、シャッターを切る際に手がプルってしまい見事にピンボケcrying 何枚か撮っていたのですが、あまり良い写真が撮れていなかったのが・・・残念でしたcrying

 

 しかしこれも良い記念になりましたhappy01

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2009年5月25日 (月)

第21回マルちゃん杯中部少年柔道大会

Photo_2 平成21年5月24日(日)、岐阜県の岐阜アリーナにおいて「第21回マルちゃん杯中部少年柔道大会」が開催されましたhappy01 大会の結果については、東洋水産HPからご覧下さい。

  

 

 この大会は、小学生の部・中学男子の部・中学女子の部の3部で行われましたが、聞くところによると新型インフルエンザの影響かどうか・・・出場キャンセルを決めた団体もおられたようですし、会場入口にも消毒液を配置するなど、いつもとは少し違う雰囲気を感じましたcoldsweats01 しかし開会式では、相変わらず多くの柔道少年達が集合していて、スケールの大きな大会らしい熱気も感じられましたhappy01 

 

Photo_4さて、丸岡スポ少チームはどこにいるでしょうかsign02 

 ウォーリーを探せ・・・ですcoldsweats01 

 

 

  

 

 丸岡スポ少は、今回で3回目の出場ですhappy01 過去2回はいずれも勝利を手にすることが出来ずに悔しい思いをしてきた大会ですが、この大会の悔しさをバネにして成長を見せてきたという重要な大会となっていましたthink 今年のチームは、もちろんマルちゃん杯初勝利を目指して遠征に向かいましたが、それと同時に5年生だけのチームということで、勝利以上に選手たちの成長を期待する大会でもありましたwink

 

Photo_3 初戦、岐阜県のチームとの対戦でした。過去2年はいずれも石川県のよく知るチームとの対戦でしたので、ようやく遠征らしく知らないチームとの対戦となりましたhappy01 この5年生だけのチームが、大きな遠征試合で果たしてどこまで出来るのか・・・sign02 期待と不安の中、いよいよ試合が始まりましたsign03 主将の、

 

 「気合い入れていくぞぉ~sign03

 

 の声に、「オォーsign03と大きな気合いを入れたチームのみんなhappy01 観客席まで届く声で気合いを入れて、見ている方も期待が持てる気がしましたcatface 

 

 まずは先鋒のR菜、気合いを見せてくれる前に終わってしまいました・・・shock 立技から寝技に移ったときにカメのまま「じっと」してしまう丸岡全員の悪い所が出てしまって押え込まれ1本負け・・・crying 開始早々の出来事で、R菜の柔道を見せる前に終わってしまった感じでした。実にもったいない試合です。R菜は何もしないまま終わってしまったので、まだまだどうなっていたか全く分からない試合でしたthink 大事な初戦を落として痛かったのですが、それ以上に『遠征で力を出し切る難しさ』を、R菜自身が知ることになった試合だったのではないでしょうか。

 

Photo_5 続く次鋒戦、美希弥でしたが、これまた前半は酷い試合でしたangry 何度も何度も・・・1本取るチャンスをことごとく逃し、入った背負いは途中で戻り投げる気なしsign01 技は全て単発で追い込むことも出来ない試合でした。この繰り返しでお互いノーポイントのままいよいよ試合終盤へ・・・・ しかし前回5月の県大会同様、後半になりようやく美希弥らしい(?)良い攻撃が見れるようになってきましたcoldsweats01 ・・・が、時すでに遅しで試合終了かsign02 ・・・・と思われた残り1秒sign01、前に出る圧力を強めながら足技で相手を場外際へ下がらせ、最後は奇跡の大外刈りが炸裂しましたsign03 キレイな1本勝ちでした。あの大外も、練習でもなかなか出ない様なキレイさでしたねcoldsweats01 主審が1本を宣告した瞬間、試合終了のブザーが鳴り、冷や汗タラタラの試合を制して1-1のタイに持ち込みましたcoldsweats01

 

 ・・・・・・最初からそういう柔道しろよなgawk・・・・・・

 

 この柔道が出来ている時の美希弥は強い。。。これで負けたら仕方ない。。。それで良いのですがねぇcoldsweats01 もっと自信を持って、最初からそういう柔道で臨んでもらいたいものです。

 

Photo_6 そして大事な中堅戦、M紀が登場しました。M紀は気合いの入った試合を見せてくれて、いつものM紀らしい積極的な柔道が見れましたhappy01 しかし、「いつもどおり」というのは、良いところも悪いところも「いつもどおり」・・・ということでしたcoldsweats01 途中、相手に両膝の注意が与えられ、ポイント的にはリードした展開となったのですが、ここでリードされた相手の圧力が強まってくると、M紀は頭を下げる柔道になってきていましたcoldsweats02 

 

 「あっcoldsweats02 これはマズイな・・・」

 

 と思っていた矢先、相手の支え釣り込み足に耐えられず技ありを奪われてしまいましたshock 頭が下がって下しか見ていない状態では、逆技が来ると簡単に飛んでしまいます。1本と言われても仕方のない技でした。あの場面、リードを守りきる・・・などという気持ちはM紀には全くなかったと思いますが、相手が取り返そうと必死になってきたのなら、それ以上の強い気持ちを持って立ち向かっていかなければなりません。何が何でも1本取りに行く・・・という気持ちで最後まで戦っていたら・・・という試合でした。

 

 1-2と再びリードを許していよいよ副将戦へ。Sょうの登場です。このチームではポイントゲッターとして活躍してもらわなければならない選手ですsign01 最初は相手の実力を覗いながらの柔道で心配しましたがcoldsweats01 自分の中で、「いけるsign03」と感じたのでしょうか・・・中盤、急に攻めが厳しくなってきて、大外・内股・支え・・・と動きが良くなってきましたhappy01 最後は、立技で技ありを奪い、そのまま押え込んで合せ技1本勝ちsign03 再び2-2の同点に持ち込んできました。さすがにポイントゲッターらしい仕事で、いよいよ勝負は大将戦へと持ち込まれましたnote

 

 団体戦で一番の醍醐味sign03 同点の場面での大将勝負、R一の登場です。先鋒戦⇒次鋒戦⇒中堅戦⇒副将戦・・・と、まさに一進一退の攻防を乗り越え、チーム全員の力で大将勝負まで持ち込んできてくれましたhappy01 しかし、R一にとっては、『大将勝負』は初めての経験でしょう。。。このプレッシャーに耐え切れなかったようですbearing 丸岡のK雄先生が、試合前のR一の表情を「泣きそうな顔」coldsweats01 と表現されていたように、彼にとってはかなりのプレッシャーだったようです。しかしそれも当然です。こんな試合を決める大事な場面では、誰だって重圧を感じます。ましてや個人戦ではなく、チーム全員で繋いできた団体戦の大将勝負なのですからsign01 昨年のY章だってそうでしたよねthink 結果は、背の低い相手の背負い投げに抱きついてしまい転がされる技ありを二つもらって1本負けでした。

 

 丸岡では、あのようなタイプの背負投げをする選手がいないので、どうしてもついていってしまったのでしょうがcoldsweats01、内容はさておき、僕はR一が昨年一緒に団体戦を戦った大将Y章の気持ちを味わって経験したことが、R一にとっては大きな収穫だったと思いますし、今後に繋がる大きな経験だったと思います。

 

 Y章がいつもこんなプレッシャーの中、みんなの思いを胸に戦っていたのか・・・

 

 ということが分かっただけでも大きな財産ですsign03

 

 正直言って僕は・・・相手チームとの力の差の兼ね合いもありますが、5年生だけの今回の遠征でこのような接戦に持ち込めるなんて思っても見ませんでしたし、そういう意味では、R一だけではなく5人全員がとても良い経験が出来た大会となったと感じていますhappy01 また、遠征前に思っていた、チーム力の確認・・・と言う意味でも、結果は初戦敗退となってしまい悔しい遠征でしたが、きっと今大会の経験が今後の彼らに大きなプラスになると感じていますsign01 

 

 最後になりましたが、今大会に出場するに当たり、大会に参加した選手達は本当にお疲れ様でした。そして引率下さった先生方・保護者のみなさん・遠征の成功にいろいろ骨を折ってくださった会長はじめ役員のみなさんも本当にお疲れ様でしたsign01 ありがとうございましたhappy01 また、福井で応援してくださっていた他の団員のみんな、保護者の皆様にも厚くお礼を申し上げますsign03 みなさんのお陰で良い遠征となり、そして無事に遠征を終えることができましたこと、報告と同時にお礼申し上げます。

 

Photo_7次回は、マルちゃん杯の番外編として、大会で嬉しかった出来事と自慢話を書きたいと思います。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年5月22日 (金)

ご当地の魅力・岐阜県

 以前、予告したとおり・・・僕が訪れた県の見所・魅力などのご紹介コーナーの第1回目sign01 今月24日のマルちゃん杯中部大会の舞台にもなっている岐阜県からのご紹介ですhappy01

 

 岐阜県といえば福井県の南。。。お隣さんですcatface 福井県から岐阜県へ入るルートは、大きく分けて3ルートあります。

  

 まず最初はオーソドックスなところで、北陸自動車道~名神高速大垣インター~岐阜市へ入るルートsign01 岐阜県の中心部へ行くのに便利なコースです。

 次に大野市から九頭竜ダムを通り、岐阜県白鳥へ入るルート。これは世界遺産の白川村合掌集落へ行くのに良いルートです。

 最後は富山県へ北上し、そこから岐阜県へ入るルート。高山方面へ行くには近いルートになります。

  

 岐阜県は、先に書いたとおり世界遺産にもなっている『白川郷合掌集落』が有名ですhappy01 そして、白川村を北上し富山県に入ると、こちらも世界遺産になっている『菅沼合掌集落』や『相倉合掌集落』もあります。白川郷では民宿も多く、昔ながらの合掌造りの家で宿泊が可能との事で、僕も一度は宿泊体験してみたいと思っていますsign01 川魚の料理も有名らしいですcatface ここ白川郷で自慢の料理は「熊肉」の料理との事sign03 一度味わってみたいものですsmile

 

 また、飛騨高山では壮大な山脈がありますし、これは石川県白山連邦へも通じます。ご当地の高山ラーメンは美味しいですよsmile 飛騨牛や鮎料理も有名ですしsmile そして冬は何といってもスキーgood ひるがの高原スキー場は、ここ高山市と郡上市の中間にあります。

 

 一方、岐阜市街地へ目を移してみると、まずは長良川の鵜飼いが有名ですよね。5月から10月頃まで、毎日(中秋の名月は除くとのこと)、夜にはこの『鵜飼』のショーが行われているようです。僕も一度だけ見たことがあるのですが、松明で照らされた長良川で100羽以上の鵜が鵜飼の指示に従いながら一斉に鮎を捕まえるスケールの大きさには驚かされますcoldsweats02 一度見てみるのもオススメですよ! マルちゃん杯の会場となる岐阜アリーナは、長良川の鵜飼会場のすぐそばにあります。

 

 また、岐阜市のそば、岐阜県と滋賀県の県境には天下分け目の合戦で有名な「関が原市」があり、関が原古戦場や関が原ウォーランド、養老の滝(養老ランド)などのテーマパークもあります。養老の滝の水は『名水100選』にも選ばれており、「滝が酒になった」という伝説もあるほど甘い水らしい。。。wink 24日の遠征時には、是非立ち寄って飲んでみたいsign03

 

 岐阜県へアクセスは、3ルートどちらを通っても3時間かからない程度ということで、比較的行き易い県でもありますhappy01 岐阜県南部の県中心部は街並みがキレイですし、北部は自然の香りたっぷりの岐阜県sign01 近場でちょっとした小旅行には最適の場所かもしれませんねhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年5月20日 (水)

いよいよ・・・!!

 いよいよ今週末はsign03 

 

 「マルちゃん杯中部少年柔道大会」

 

 今年は岐阜県岐阜市の「岐阜アリーナ」で開催されますwink 2年前は長野県の松本市。昨年は静岡県浜松市。だんだん福井に近くなってきますねgood 今年は岐阜市ですから、2時間半ほどの距離となります。 

 

 丸岡柔道スポ少は今回が3回目の出場happy01・・・・ですがsweat01、過去2回の出場はいずれも初戦敗退・・・sweat02 是非ともリベンジを果たさなければならない大会ですsign03 今年のチームはオール5年生・・・ということで、厳しい戦いが予想されますがimpact 是非とも丸岡スポ少の記念すべき初勝利目指して精一杯自分の力を出し切ってきてほしいものですsign03 

 

 今大会では、勝敗はもちろんのことですが、このチームが大きな遠征で「チーム」としてどこまで機能し一体となって戦えているかsign02、その成長の跡も注目して見てみたいと思っていますhappy01 とりあえず、先輩たちのいない初の遠征試合。。。会場に飲まれないかが・・・一抹の不安として残るのですがcoldsweats01 親としてできる事はサポートしながら、子供たちが力を出し切れるようにしてあげられたら・・・と思います。

 

 さあsign03 今年度の新チーム、初の遠征試合が近づいてきましたsign03 参加する選手はもちろんのことですが、福井に残る仲間も保護者の皆さんも、スポ少が一丸となって大会当日を迎えましょうhappy02 

 

 僕も、選手達が無事に試合をして、そして笑顔で福井に帰って来られるようにがんばりたいと思いますsign03

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2009年5月16日 (土)

金曜日の練習で・・・

 金曜日、いつものように武道館へ3兄妹を送る。。。happy01 長男も、中間テストの試験勉強期間ということで部活は出入り禁止中danger 久しぶりに3兄妹揃ってスポ少練習へと向うことになりました。

 

 3月~4月にかけて、新入団員が少しずつ増えてきて(v^ー゜)ヤッタネ!! またまた盛り上がりつつある丸岡スポ少sign03 基礎運動や受身、礼法を指導して下さっているM屋先生も大変そうですが、どこか楽しそうですねwink この日は優弥にも手伝いをさせました。幼年のR晴も順調に成長をしているようで期待が膨らみます・・・が、その他の新入部員は何故か2年生ばかりcoldsweats01 どの学年でも仲間が増えるのは嬉しいことですし、何人でも良いのですが・・・欲を言うと人数の少ない1年・3年・4年あたりが入団してくれると更に嬉しいのですがcoldsweats01 ま、欲張りですねbleah いずれの2年生も泉弥以上の体格の持ち主たちばかりですしscissors 

 

 そんな中、先週県大会を終えたばかりの5年生達も、6年生不在(実際は1名入団しましたが)の穴を埋めようと、表情が真剣になってきましたsign01 一人ひとりが強くなろうと必死です。

 

 金曜日の練習では、その中でも何人かの選手の乱取り稽古がとても面白くなってきました。大将格のR一はとてもパワーが付いてきたように思いますし、Sょうもさらに体格がパワーアップしてきているように見えます。

 

 M徳は以前からそうでしたが、ここにきて更に受けの強さが際立つようになり、まさにお兄ちゃん譲りの受けの強さだな・・・と思います。後は自分からの攻めの強さsign03 が出てくると面白くなりそうな気がしますhappy01

 

 M紀と美希弥の乱取りも金曜は面白かったです。この二人、昨日は続けて数本の乱取りを行っていましたが、本数を重ねるごとに面白く噛み合った攻防になってきましたcatface お互いが背負い勝負sign03 そしてその背負いをお互いが大外で受けて立つ・・・なかなかの攻防でした。

  

 美希弥は、(M紀もそうだと思いますが)良い意味でずるさを知りません。小細工なしで真っ向勝負しかしないので、それが見ている側には面白い柔道に見えます。だから噛み合う乱取りになるのかも・・・ようやく美希弥にも動きの自信が少し感じられる練習でした。また、M紀の背負いも惜しかったですし、ほぼ決まってました。何度もタイミングとパワーで美希弥を担ぎ上げる場面がありました。さすがです。

 

 この二人、金曜日に感じたのですが、技に入るタイミングが格段に良かったですし、掴んできたところがあるのかな・・・と、楽しみになってきましたscissors

 

 

  

 余談ですが・・・  

 

 美希弥は優弥の弟ですが、二人は全くタイプが違います。しかし、所々で見せる柔道で、似てるところがあるな・・・と感じるところもあります。そして美希弥は、兄の背負いが強烈なイメージとして頭にあるようでcoldsweats01 あんな背負い投げをしたいsign01 と思っているようです。しかし美希弥はもともと大外刈りを練習していて、背負いはセンス0shock でした。ライバルF君との相性の面からも、大外刈りは練習して欲しいのですが、でも

 

 「お兄ちゃんのような背負いで投げたい」

 

 の気持ちはかなり強いみたいです。(そんな大したことないんですけど・・・優弥の背負いなんて・・・coldsweats01)頼むから、あのタイミングも何もあったもんじゃない、無茶苦茶な背負いの入りだけは真似しないで欲しい・・・のですがcoldsweats01 ただ、兄の気持ちの乗った時の柔道や、年に何度かしか見れないタイミングの合った背負いは美希弥も頭に入れて覚えて欲しいものです。

 

 

 何はともあれ、だんだん盛り上がって気持ちの入った柔道を見せるようになってきた丸岡スポ少の子供達。これからますます楽しみの増える練習を見せてくれた金曜日でしたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年5月15日 (金)

あわや・・・!(汗)

 水曜日の練習で・・・

 

 またも無謀にY章・K生の中学生コンビに勝負を挑んだ父、裕。。。sweat01 しかし、やり始めてすぐに息が鬼のように苦しいshockshock 顔面蒼白shock 立っているだけでフラフラするし・・・頭が痛い。。。あれっsign01 これはなにかおかしいぞ・・・sweat02 いつもならもう少しは体力ももつはずだぞ???

 

 この日は胸のカラータイマーが赤く鳴り出すのが早すぎるsign03 早くもM78星雲に帰らなければならない時間かsign02

 

 あっsign01 そうだsign03 そういえば前日は・・・職場の飲み会で「午前様」を決め込みcoldsweats01 二日酔いが夜になっても抜けないという・・・大失態を犯してしまっていたのを忘れてたsweat01 思い出した途端、今度は胸が悪くなって吐き気がしてきたshock Y章もK生も鬼の攻めを仕掛けてくるしcoldsweats01 

 

 かなりのピンチでしたsign03 あわや・・・リバースするかsign02 といった感じでしたcoldsweats01 もう、後半は立っているのもやっと・・・dash 中学生に綺麗に投げられましたcoldsweats01 体力不足もここまでくると、情けないcoldsweats01 練習終了直後、カラータイマーは赤の点滅も終わり、消灯していましたねshock

 

 

 

 ・・・・・・・その後、家に帰っても何故か気分は悪いままsad 風呂にさえ入る気力が湧かない・・・sweat02 一度座ったら、もう立つのが嫌なほどです。。。何かおかしいぞ・・・

 

 ご飯を食べている途中に本格的に辛くなりだし、この日の夜食は食べきれずに子供に押し付ける・・・coldsweats01 体調が限界に近づきつつあったので、早々に歯磨きを済ませて部屋で一人、体調の分析を始めることに。。。

 

 冷静になり考えると・・・どうやら熱があるようだshock 寒気はしないのだが節々が痛いし頭のみ熱っぽい。。。しかし、二日酔いで発熱なんて・・・聞いたことがないしなぁcoldsweats01 でも気のせいでもなく間違いなく体が辛くて死にそうだしcrying 立つとフラつくし。。。もう寝るしかないな・・・明日、また仕事だしcoldsweats01

 

 

 そして次の日の朝。。。起きれない。体がだるい。。。でも出勤時間が迫る。。。でも起きたくない。。。でも起きないと。。。そんなこんなで15分coldsweats01 ようやく布団から脱出に成功。しかし、体が宙に浮いている感覚sweat01 やっぱりおかしい。。。

 

 気にしたら余計に辛くなってくるので、いつもどおり家を出発。しかしここでもおかしい出来事がsign01 いつもどおりの時間に家を出たはずが・・・職場についた時間は何故か出勤時限ギリギリcoldsweats02 頭がボォ~とした状態で運転していたので、どの道を通って職場に着いたのかもあまりよく覚えていないのですがcoldsweats01 とにかくギリギリセーフで職場に到着happy01 ここでも、あわや事故・・・あわや遅刻・・・の事態が発生coldsweats01 危ない朝だったのです。

 

 朝、職場に着きしばらくして、上司が異変に気づき熱を計るよう言われたbearing しぶしぶ計ると・・・・・・

 

 8.0度ジャスト・・・sweat02

 

 そりゃ辛いわshock 上司には「ありません」と、とりあえず嘘でごまかしcoldsweats01 (まさか・・・このブログは見てないでしょうからhappy01 告白!)

 

 その後、何とか仕事をこなしながら、この時間になり(夜中の12時)ようやく体調が少し復活sign03 いつもどおり・・・とはいかないまでもゲンキな体に戻りつつありますhappy01 

  

 

 

 風邪でもないと思うし・・・新型インフルでもないはずだし・・・この体調不良は一体何だったのでしょうかsign02 ただいま経過観察中・・・の3兄妹の父、裕でしたconfident

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年5月10日 (日)

県大会を振り返って

 この日行われた県大会。丸岡スポ少からは5年男子以下級に2人・超級に2人、5年女子以下級に2人・超級に1人の、計7人が出場しました。久しぶりの公式戦観戦ということで、期待して見に行きましたが、結果は惨敗crying 悔しい結果に終わりました。

 

 まず最初に僕が思った結論から書きますと、負けた7人ともが実力の半分も出せずに終わってしまった・・・ということですthink 彼ら(彼女ら)はもっと強いしもっと良い柔道が出来るのを、僕も少しは知っているつもりです。なのに試合で出せない・・・

 

 これは試合(大会だけではなく練習も含めて)に対する心の持っていき方の問題が大きいように感じましたthink ここをまず考えて欲しい感じがします。今大会は個人戦でしたが、チームとしてまとまっていなかったのが、結果個人戦でも悪い結果になってしまった要因の一つかと・・・

 

 そしてもう一つ・・・小学生の大会はほとんどがランニングの2分間、この県大会はランニングではありませんでしたが2分間です。この2分間は、何もせずにいるには長い時間ですし、逃げ切るのには長すぎる時間ですが、柔道をしようとするには短すぎる時間でもあります。実力の似たもの同士、チャンスはそうそう訪れないのが2分間です。この2分間という短い時間の中でどれだけ自分の普段の力を出せるかは、試合に臨む気持ちや準備の問題が大きいと思います。

 

 

 これを最初に書き添えて試合を振り返ると・・・

 

 男子軽量の二人は、明らかに気持ちの準備不足だったような気がします。美希弥の2回戦、優勢負けという結果でしたが、最後の30秒の攻めは良かったと思いますconfident

 

 「おっcoldsweats02 やればできるやん。。。なら最初からそういう柔道しろや」

 

 と、思わずツッコミたくなる試合でしたcoldsweats01 最初は組み手も怖がって相手に制されていましたが、自分から取りに行った後半はいい所が持てるようになっていたはずですし。相手浮かしましたし・・・投げ方を知らない。。。そういうことですがcoldsweats01

 

 でも、2分で短いのですから、有効一つ取り返そうとする30秒は本当にあっという間です。可能性も見せてくれた試合内容でしたので・・・余計に腹立つsign03 結局、この対戦相手が3位に入りましたね。そういうことだと思います。上位に入る選手が相手でも、丸岡の子等は自信をもって実力出し切れれば、決して届かない差ではないと、そういうことを上から見ていると良く分かります。(この、あと少し・・・がとてつもない差なのかもしれませんがcoldsweats01

 

 

 次に重量級の2人ですが、2人は団内では重量級ですが、県大会に出て体重別で戦えばごく普通の体格になりますthink 小さいぐらいかも知れませんねcoldsweats01 ここがポイントだと思います。団内では体格で勝ってしまうので、同じかそれ以上の相手になると弱気になり通用しなくなる。。。そういう感じなのでしょうか・・・大会ではなかなか簡単に倒れてくれませんから、こちらも強い気持ちを持って戦わなければ自分から負けてしまいます。目標設定・・・ということになるのかもしれませんが。

 

 それと大内や足払いなどの足技の重要性を感じました。

 

 

 最後は女子ですが、良い試合が見れたような・・・でも、だからこそ欲が出てしまうというか・・・

 

 軽量の2人はいずれも旗での負けでしたので、余計に悔しさが大きいですcrying でも、二人とも善戦はしたな・・・といった印象です。女子は男子に比べ、気持ちは強いような試合でしたしhappy01 もう少し!と思いました。R佳もR菜も、絶対ここ(1回戦)で終わる選手ではないです!女子軽量は、周りを見渡しても強敵が多いですが、自分達もそうした強敵と同じ力をつけてますし、勝負できるんだということを強く思って臨んで欲しいと思いました。

 

 重量級のM紀は1回戦を寝技で勝利しましたが、背負いも持っていけそうな感じでしたhappy01 もう、本当にあと少しなのですが。2回戦は強敵Tさんに負けてしまいましたが、3位決定戦へと駒を進めましたhappy01 丸岡にとって、昨年の優輝に続いて久しぶりの県大会入賞かsign02 というところでしたが、あと一歩届かず4位。次回に持ち越しとなりましたcoldsweats01

 

 

 今大会を終えて・・・次回からの練習で、果たして5年生に変化は表れるのかsign02 興味深く見守りたいと思いますhappy01 (一番変わらなければならないのが主将sign01 なのにその父は完全他人事気分ですcoldsweats01) だって・・・自分で気付いて変わらないと、意味ないですからwink

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

第6回 全国小学生学年別柔道大会 福井県予選会

 平成21年5月10日(日) 福井県立武道館において、「第6回 全国小学生学年別柔道大会 福井県予選会」が開催されました。この大会は、5・6年生が男女別・体重別に分かれて競技を行い、優勝者は福井県代表として全国大会に出場します。

 

 今大会の結果は以下のとおりです。(選手名・団体名は敬称略にて紹介させていただきます。お許し下さい。)

 

【5年生男子45kg以下級】

 優勝  大西 希明 (つるが煌輝)

 2 位  谷本 恒志郎(三国町)

 3 位  野尻 裕貴 (柔整会)

 

【5年生男子45kg超級】

 優勝  西尾  崚  (三国町)

 2 位  長清 晃之輔(福井県立武道館)

 3 位  宮本 佳典 (越前市スポ少)

 

【5年生女子40kg以下級】

 優勝  出村 花恋 (福井県立武道館)

 2 位  黒澤  結  (福井県立武道館)

 3 位  吉岡 沙織 (三国町)

 

【5年生女子40kg超級】

 優勝  米澤 里菜 (柔整会)

 2 位  冨田 杏樹 (金井学園ジュニア)

 3 位  土井 美沙代(豊)

 

【6年生男子50kg以下級】

 優勝  下口 尚佑 (三国町)

 2 位  橋本 直征 (坂井町)

 3 位  林 遼太郎 (福井県立武道館)

 

【6年生男子50kg超級】

 優勝  荒崎 ジュリオ(越前市スポ少)

 2 位  中川 清志郎(つるが煌輝)

 3 位  倉内 将樹 (豊)

 

【6年生女子45kg以下級】

 優勝  竹内  鈴 (三国町)

 2 位  道場 佳音 (三国町)

 3 位  帰山 華奈 (柔整会)

 

【6年生女子45kg超級】

 優勝  田中 里咲 (柔整会)

 2 位  川畑 紗希代(敦賀市スポ少)

 3 位  酒井 仁美 (實心館)

 

 

 以上の結果でした。入賞者のみなさん、本当におめでとうございますsign03 大会結果等に誤りがありましたら是非ご指摘下さい。

 

 丸岡スポ少からは5年生のみの出場となってしまいましたが、5年女子超級でM紀が惜しくも3位決定戦で敗れ4位。入賞を逃したほか、全員が2回戦まででの敗退となってしまいましたcrying この悔しさを次の練習から活かしていって欲しいと願うばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年5月 8日 (金)

ツーリングの魅力

 今更、言うまでもないのですがcoldsweats01 僕の趣味の一つにツーリングがありますscissors ツーリングの醍醐味といえば、まず最初に挙げられるのが・・・

 

 行く先々の街の風景・匂い・風を肌で感じながら走ること

 

 ということになりますhappy01 その県により、景色はもちろんですが匂い・・・というのが必ずあり、独特の匂いを楽しむことができますwink 例えば・・・

 

 春に走れば、菜の花畑に遭遇し菜の花の良い香りを感じたり、山では新緑の瑞々しい香り、の名所では桜の甘い香り・・・cherryblossom

 夏に山を走れば、常緑の力強い香りcloverでは潮の香り・・・wave 

 秋に走れば、稲刈りの後の籾や稲藁を燃やしている匂い(これは僕が最も好きな匂いcatface)や紅葉の良い匂いと心地よい風

 市街地を走れば、ファーストフード店から漂う食欲をそそる良い匂いsmile 化粧品の香り

 国道を走ればトラックの排気ガスの臭い・・・coldsweats01

 

 などなど、その県のその場所により様々な匂いが楽しめますhappy01 それが記憶に残り、なかなか忘れられなくなるのです。その場所場所によって、必ずと言ってよいぐらい違う匂いがするものです。

 

 また、街の雰囲気を肌で感じて楽しむことも出来ます。例えば、前回訪れた鳥取県などは、初めて行った場所ですが何故か懐かしい雰囲気を感じました。福井県とよく似た街の雰囲気なのですconfident (つまりは・・・田舎sweat02 鳥取県民の皆様、ごめんなさいsweat01 良い意味での『田舎』です)

 

 

 そしてもう一つ、ツーリングの楽しみといえば、観光スポットや日本の様々な有名スポットの探索・・・ということになりますnote 一番最初に訪れる場所では、どうしても有名な観光スポットを中心に見てしまうのですが、2度目・3度目・・・となると、今度は余り知られていないような穴場的な場所を見て回れるようになりますwink テーマパークや遊園地・行楽地も良いのですが、こうした穴場的なスポットは、なぜか心をくすぐりますwink

 

 日本は島国で、周りを海に囲まれていますし、歴史的にも多くの魅力を持った国だと思います。そうした海岸沿いの地形や起伏の激しい山をドライブして景色を楽しむのもなかなかのものです。(日本海側の海岸道路は断崖絶壁でcoldsweats02 よそ見して運転すると怖いのですが・・・sweat02) また、世界遺産も多く、寺社・仏閣はもちろんですが自然遺産や文化遺産を巡るのも、僕的にはオススメですscissors これはバイクでなくても車などでも十分ですscissors

 

Dsc03657

 この写真の、赤く塗ってある所が、僕が訪れたことがある都道府県です。数えたら20ちょっと・・・。まだまだ半分も行っていないことになりますweep 少ないですね。しかし、バイクでは1泊2日が限界sweat02 しかも、1泊も年に何回も・・・という訳には行きません。家族の頭から角が生えてきますので・・・bearing 福井からではこの辺りが限界・・・ということになります。

 特に日帰りでは、暗くなるまでに家に帰ることを考えると・・・朝早く出ても片道150km~200kmぐらいが限界ですpaper 基本的にツーリングでは高速などの有料道路は使いません。景色や乗り味を楽しむのですから、高速は不要です。そうなると、やはり日帰りでは200辺りが限界ということになります。福井から片道200kmの場所といえば、西は京都辺り・東は新潟の南端辺り・南は愛知・関西方面でも大阪までで限界です。なので結構、同じ県を何度も・・・ということになってしまいがちですcoldsweats01

 

 しかし、同じ場所を何度も訪れても、その時々で新しい何かに出会えたりするので楽しみは尽きませんhappy01

  

 今後は、ブログネタに困った際にcoldsweats01 僕が訪れたことのある各県の魅力やスポット情報などをご紹介していこうかな・・・と考え中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年5月 7日 (木)

ようやく・・・

 いよいよsign01 待ちに待ったsign03 G・Wの・・・終わりです(v^ー゜)ヤッタネ!!

 

 我が家にとってG・Wは・・・

 

 仕事・田植え

 

 ついでに子供らが家で喧嘩三昧・・・・

 

 普段と変わりない生活+子供らの喧嘩のおまけつきgawk

 

 何一つ良いことなんてない週でありますcoldsweats01 GWどころか、盆と正月も含めて年間を通して勤務日の割振られてしまっている父にとって、GWは特段興味もなくgawk ごく日常の生活の引き続き・・・家でうるさい子供らがすることもなくだらだらしているだけ余計に腹が立つpout

 

 しかし、ようやくGWも終わりを迎え・・・これで普段の日常を取り戻すことになる・・・はずがsweat02 長男様が腹痛により学校を有給休暇shock 俺の休みを返してくれsign03sign03 滅多に体なんて悪くしない長男様・・・嫌がらせか・・・・sweat02

 

 ついでに父が命の次に大切にしているsign02 PCをぶっ壊してしまっていてshock 応急手当に半日を費やす・・・・・・sweat02 まずは起動しない。。。起動させることに成功したが、今度はインターネットに接続できない。。。

 

 

 あぁ・・・やっとの休日が・・・cryingcrying

 

 

 だからあれほど「ネット繋いでハンゲームなんてダウンロードしたりすんな!」と言っておいたのにsign01 言われても言われても繰り返しハンゲームがPCに入っている。もちろんその都度消去sign01 二度とするなsign03 しかし懲りずに繰り返す。ついでに変なサイトにどんどんアクセスされる。これには参りますsweat02

 

 そしてこの日はさすがに怒るpout インターネットの設定は滅茶苦茶にされ、開きもしないsweat02 開くことに成功したと思いきや・・・ホームページがあちゃらの国の文字で、なにやら訳の分からないWEBサイトに繋がっている・・・。ヤフージャパンに設定し直したは良いが、今度は言語が英語のまま日本語に直らない・・・何が書いてあるやら意味不明。直すことも出来ません。英語が堪能な父もcoldsweats01 何が書いてあるか理解不能です。

 

 ウイルス感染危険danger

 

 とりあえず、お気に入り(英語表記:Favorites)からようやくブログに接続はできました。・・・が、この先が思いやられますcoldsweats01 そんなんで、せっかくのGW明けもさんざんな目に遭いましたshock 

 

 

 しかし、週末は大事な県大会! 早くPCを直して準備万端でこの日を迎えねばsign03 今日も後半日、PC直しに精を出し、長男様の看病はそっちのけにしてやろうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年5月 2日 (土)

合同練習

 5月2日(土)午後から、金井学園ジュニアさん・坂井町柔道教室さんとの合同練習が行われましたhappy01 

 

 最近では、ミサイル(衛星?)発射問題が一段落したかと思ったら、次は「豚pig」・・・coldsweats01 なかなか上手くはいかないものですsweat02 この日は午後3時頃に、合同練習の会場である武徳殿に到着。ちょうど合同練習最後の練習試合が行われるところでしたhappy01

 

 グッドタイミングscissors 久しぶりにスポ少の子供たちの試合が見れるnote と楽しみに入ってみると・・・丸岡スポ少の今回の参加人数は7人。やはり、ゴールデンウィークの影響でしょうかcoldsweats01 しかし、集まった7人の試合を集中して見る事が出来て、とても楽しかったですhappy01

 

 高学年と低学年に分かれて試合を行いましたが、高学年で参加した3人の5年生(Sょう・M徳・美希弥)は、それぞれ良い所と悪い所が見れましたが、一番は「声」が出てなかったですねgawk 試合の内容は・・・ま、置いておいてcoldsweats01 元気がなかったのが一番に気になりました。

 

 次に執念・・・?ですかねぇcoldsweats01 とても淡白な試合に感じられましたwobbly この日、丸岡の指導をしてくれたHるか先生が、試合の最中や終わった後、3人それぞれに指導をしてくれていましたが、子供たちも真剣に聞いていましたし、試合自体も一生懸命しているのは見て分かるのです・・・・・分かるのですが・・・・・なぜか淡白な試合に見えてしまうんですよねぇbearing 何故でしょう??

 

 低学年は、2年3人(Aゆむ・K晴・泉弥)と幼年1人(R晴)が参加していました。まずはAゆむが宿敵T君と対決sign03 しかし・・・相手に先に技を出され倒され1本負け・・・sweat01 こちらも淡白・・・ということになるのでしょうか・・・coldsweats01 いつもの熱戦を期待していただけに残念でした。ちょっと本気モードには程遠かったです。

 

 次に泉弥が、こちらもライバルNちゃんと対戦sign01 遠くからでしたが力を入れて観戦しましたhappy01 結果は引き分けsweat01 2分は早かったですcoldsweats01 しかし、前回4月最初に金井学園ジュニアさんが丸岡武道館に練習に来てくれた時の、乱取り稽古で対戦している姿のイメージからすると、少しは善戦してくれていたような気もしますが・・・・やっぱり仕掛けが遅くangry どうしても先に攻め込まれる場面が多いので、まだまだsign03 といった印象でしたthink しかし、一つだけ、Nちゃんの背負投げに大外刈りで勝負に行く場面が一度あり、最後まで倒しに行ったところが唯一成長したところだと感じましたhappy01 

 

 期待のR晴も、とても力強い柔道を見せてくれていて嬉しかったです。だんだん試合が出来るようになってきましたねhappy01 積極的に自分から技が出ているので、そこは素晴らしいと思いましたshine 順調に成長を続けているようです。この日も何度も勝っていましたよhappy01

 

 

 その後、低学年グループでは対戦相手を入れ替えながら、泉弥もT君らと試合を経験させてもらいましたが、久しぶりの試合形式での練習で、新たな課題や気付かなかった悪い所がたくさん見れて良かったですconfident ちょうど低学年は6月中旬まで大会もなく、基礎から力を付ける良い機会でもありますので、この一ヶ月半を大きな成長の時にしていってほしいと感じていますhappy01 (高学年は、すぐに大事な県大会や遠征が控えていますので、そう悠長にも構えていられないのですが・・・coldsweats01

 

 

 今日は、GW中の貴重な時間にも関わらず、金井学園ジュニアの先生方、坂井町柔道教室の先生方をはじめ、参加してくれた子供たち、保護者の皆さん、忙しい中丸岡の子供達に指導してくれたHるか先生、みなさんのお陰でとてもよい練習試合が見れました。きっと、僕が見れなかった前半の練習でも、良い経験が出来たことと思いますsmile 本当にありがとうございましたsign03

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »