« 6年生を送る会(団内柔道王決定戦編・大会結果) | トップページ | 6年生を送る会(レクレーション編) »

2009年3月29日 (日)

6年生を送る会(団内柔道王決定戦を終えて)

 保護者会主催で行われた今年度最後の大会、「丸岡柔道スポ少団内柔道王決定戦」が終わり、いよいよ6年生とのお別れのときが来てしまったと実感しましたcrying しかしこの大会で6年生たちは、丸岡スポ少の柔道をしっかり見せてくれて、後輩達にも大きなプレゼントを残してくれたように思いますsign03 僕にとっても一生の思い出に残る、そんな名勝負がいくつも見れた大会でしたshine

Photo_14  

 

 

 

 大会前の開会式で、この大会で用意してあったメダル・トロフィ・盾といった賞をテーブルいっぱいに並べwink 団内の大会で『なあなあ』になってしまわないように、子供たちの闘争心を煽るようにしましたbleah 頑張って勝たないと、これらの賞はあたらないぞsign01と。

 

 

 こうして始まった試合・・・・・・・・・・・

 

 まずは低学年の個人戦の結果ですが、僕は高学年団体戦の係員をしていたため低学年の試合の様子を見ることは出来なかったのですが、結果から見ると少し残念な結果だったのではないでしょうか・・・sweat01 確かに丸岡スポ少の低学年では、Aゆむの力が少し抜けている感じですがdelicious それにしても1位・2位が1年生に取られたというのは、2年生にとっては少し考えなければならない結果ですsign03 とにもかくにも、早くAゆむ母に撮影していただいた低学年の試合を見てみたいものですhappy01 泉弥ちゃんの試合も気になりますしbleah 丸岡の秘密兵器、R晴の試合も気になりますしhappy01

Photo_2Photo_3Photo_4

優勝・次勝のAゆむ・泉弥と、見事に監督賞を受賞したリーサルウエポンR晴君ですhappy01

  

 

 高学年の団体戦は、先生にチーム編成をお願いしましたが、兄弟チームを作りながらもどのチームが勝つか本当に分からない、楽しみなチーム編成になっていましたねhappy01 ずばりキーポイントは先鋒戦sign01 ここの強いチームが有利に団体戦を進める展開となる予感がしましたcatface 中堅戦は実力伯仲の選手同士の対戦で、いつもレギュラーを争う選手同士の対戦が続きましたので、結構引き分けが多くなってしまいましたcoldsweats01 残念といえば残念ですが、それだけみんなが必死だったような感じでしたhappy01 いつも試合では、あまりにもあっさり1本負けをしてしまう4年生の状態を考えると、この日の試合は粘りが見えた試合だったのかも知れません。

 

 その中で、中堅戦で一つ、面白い試合が見れましたshine R菜対R一の一戦でしたsign03 今までは体格も小さい女の子のR菜にとって、団内で体格の一番大きなR一との対戦は分が悪い感じでしたcoldsweats01 しかし、いつも練習を見ていて思っていましたが、R菜の背負いはいつ炸裂してもおかしくない、そんな素晴らしい背負いを何度も見せてくれていましたsign01 そしてこの日、ようやくその眼が開いた・・・ということになるのでしょうかhappy01 R菜はこの試合、小さい体を思いっきり使って終始攻め込む展開に持ち込みました。そして中盤、タイミングよく入った背負いsign03 大きなR一にもつぶれて入るようなことはせず、しっかり体を回せていましたshine 技ありsign03 大きなポイントを奪いました。その後何度かR一が寝技で逆転を狙いに行きましたが、持ち前の体の柔らかさで凌ぎ、見事優勢勝ちを納めましたhappy01 皆は大金星と驚きましたが、ある意味当然の結果でもあります。やっと出た・・・という感じでしょうhappy01 R菜にとっては大きな自信となることでしょうshine

 

 

 さて、そして団体戦の大将戦ですが、これはもう良いも悪いもなかったですsign03 6年生たちは全員、今まで丸岡スポ少で練習してきた柔道を思いっきり出せていた、素晴らしい試合ばかりでしたshine 6人ともがとても強かったですsign03 

 

Photo_7 Y章の、力強い組み方に姿勢・・・そこから確実に相手を仕留める王道柔道shine 遺憾なく発揮できていましたねhappy01 Y輝戦で見せた、じっくり相手を追い詰めて最後に確実に仕留める試合は、まさにY章の柔道だと思いましたhappy01 最後の内股、今までで一番良い切れ味だったと思いますgood 圧力をかけ続け、後半スタミナを奪って頭が下がったところを、しっかり逃さず内股で決めましたhappy01

Photo_8 K馬の、軽快な動きと多彩な攻めshine 思わずセンスを感じてしまう柔道shine しっかり出ていましたhappy01 体の小ささと体幹の力の弱さをカバーして、一生懸命柔道していました。ずっと優弥とライバルとして、お互い背負いを磨いてきましたhappy01 丸中では同じスタイルとして、またお互いを高めあってくれることでしょうwink 体の力がしっかり付いてくれば、必ず切れ味の鋭い背負いをビシバシ決めていってくれることでしょうsign03

Photo_9 Y輝の、あのガンガン負けん気を出して攻め込む柔道shine この日も光ってましたwink 特に、Tおるとの試合では「あわや」と思わせるタイミングの、強烈な内股に入ったシーンが目に焼きついていますsign03 6年生になってから練習をはじめた内股はまだまだ未完成でしたが、最後の試合で可能性を感じさせてくれる技の入りでしたねwink あと一歩、引き手が切れていなければ・・・

Photo_10 Tおるの、あの長身からの大外刈りと、団内寝技師に称号に相応しい寝技の強さshine どんな相手にも臆することなく前に出続ける柔道。この日も思う存分見せてくれましたshine 優弥との試合では、背負いを掛け続けた優弥に対し、立ち技の攻防が終わった後の寝技勝負に賭けたTおるsign01 背負いVS寝技の、まさに立技師と寝技師のプライドを賭けた戦いは、本日のベストバウトとも言うべき好試合でしたshine 

Photo_11 H之の、あのパワー溢れるガンガン柔道shine この日も強烈でしたsign03 「取るか・取られるか」という表現がまさにピッタリの柔道なので、丸岡の選手同士の戦いではピッタリかみ合った試合になりますhappy01 優弥に取られ、K馬から取り返し・・・スポ少での最後の2試合、H之らしい柔道を見せてくれましたshine 柔道が大好きなH之は、中学に入ってもいろいろな困難を持ち前のパワーで跳ね除けて、きっと『カッコいい柔道家』になってくれることでしょうsign03

Photo_12 最後に・・・優弥の、何が何でも立ち背負いで決めにいく柔道shine この日は本当に気持ちの良い背負いを何本も見せてもらいましたshine やっぱり優弥は、あの背負いが出ないと優弥じゃありませんhappy01 この気持ちの良い1本を、いつまでも忘れないで欲しいです。そしてY輝戦の、あの優弥らしいポカcoldsweats01 最後の最後まで優弥は優弥でしたcoldsweats01 そこが優弥らしくて良かったですsmile 優弥に関しては、我が子ということで、更にいろいろな思いが浮かんできますが、今までいくつもの優弥の試合を見てきて、やはりこの日のような試合をしている時が、一番強いと思いますsign03 スポ少の7年間、最後まで背負いにこだわり続けたことには、素直に嬉しいと感じますhappy01 最後に優弥らしい試合を見せてくれて本当に安心しましたwink

 

 写真は、団体戦2位の『チーム中田』と3位の『チーム透』ですsign01

Photo_5Photo_6   

 

 

 

 

 大会終了後の閉会式では、頑張った選手達の表彰と、会長特別表彰が行われましたsign03 会長特別表彰では、年間を通じて柔道を頑張ってきた証として、『皆勤賞』『奨励賞』の表彰と、『特別表彰』が手渡されましたhappy01 特別表彰では、不屈の精神で見事な復活劇を見せてくれた柔道大好きH之丸岡町大会でのY崎君との試合で劇的な逆転押え込み勝利を挙げてくれた、決して最後まで試合を諦めないTおるそして羽咋大会で、今まで何度もケチョンケチョンにやられているHさんに対し、無謀にも【髪切りデスマッチ】を挑んだ《柔道バカ優弥》にそれぞれ表彰が手渡されていましたhappy01 一生の宝物になるはずですsign03

 

Photo_13

 

   

 

 

 

 しかし、この日は突然・・・sweat01 一つ悲しいお知らせも舞い込んで来ましたcrying 今まで一緒に頑張ってきた4年生のR馬が、今年度を最後に丸岡スポ少を退団することになりましたshock 仲間が一人減ってしまうのは悲しいことです・・・・が、今度は次なる道で活躍してくれるよう、みんなで心の中で応援していたいと思いますhappy02 どの道に進んでも、これまで丸岡スポ少で培ってきた精神を忘れずに、自信を持って頑張ってくださいsign03

  

 

 こうして、念願だった団内大会も無事に終わり、いよいよ午後からは6年生を送る会のメイン行事の会場となる、福井市にある「WAVE40」へと向かうことになりました。

 

 ※ 本記事の写真は、全てH会長からデータをいただきました。ありがとうございましたsign01

 

 

|
|

« 6年生を送る会(団内柔道王決定戦編・大会結果) | トップページ | 6年生を送る会(レクレーション編) »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

本当に勝敗がどう転んでもおかしくない団体戦でした。
我ながら『ナイスgood』なチーム編成でした。それぞれが久しぶりに団体戦の緊張感sweat01をもった試合を見せてくれました。
新5年生たちは、今後の対外試合でも同じ気持ちで戦って欲しいです。

裕サンをはじめ、会長以下役員の皆様、保護者の皆様。そしてOB・OGを含む丸中・南中の柔道部員や顧問の野路先生・後藤先生たちのおかげで、今年度のみならず何年もの長きに亘り、スポ少の活動がスムーズに運営することが出来ました。ご協力いただきありがとうございました。wink
特に高校へ進学する先輩方。学校を変わられる野路・後藤両先生。スポーツ少年団へのご理解、ありがとうございました。新しい場所でも活躍できるよう祈ってますconfident

また4月から新しい体制で活動していきますので、なにとぞ引き続き宜しくお願いします。

応援日記もschool中学校の話題が増えてくると思います。ますますブログネタがup満載になると思いますので楽しみにしてます。

いろいろ有った6年生の卒団は淋しいですがweep 楽しい話題は新5年生たちが提供してくれるはず。頼みますよsign01 主将sign03

投稿: クリリン会長 | 2009年3月30日 (月) 16時31分

クリリン会長、土曜日はいろいろとありがとうございましたsign01 ワタクシ個人のわがままを快くお聞きくださり、このような楽しい試合を見せていただき、本当に感謝しておりますhappy01 
子供たち、先生方、保護者の皆様、OB、OG、中学校の先生方etc・・・全ての皆様のお陰で、僕もこの数年本当に楽しい思いをすることができましたsign03 
おっしゃるとおり、今後も新5年生を中心として丸岡の柔道を思い切り見せていって欲しいと思っていますし信じておりますwink

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2009年3月31日 (火) 17時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/28861271

この記事へのトラックバック一覧です: 6年生を送る会(団内柔道王決定戦を終えて):

« 6年生を送る会(団内柔道王決定戦編・大会結果) | トップページ | 6年生を送る会(レクレーション編) »