« ツーリング紀行2009 はじまる!! | トップページ | 2本持つ柔道! »

2009年3月22日 (日)

優弥・7年間の成長(最終回)

 いよいよ優弥の成長記も最終回sign03 主将として最後の1年を過ごす事となった優弥think 不安でいっぱいの船出となりましたcoldsweats01

 

 その不安が的中し、新チーム最初の遠征試合となった「マルちゃん杯」sign03 苦い初戦敗退のスタートとなりましたがshock 結果以上に内容に不満の残る大会となってしまいました。これが新チームとしてのどん底からのスタートとなり、それがそのまま優弥主将の責任の重さを表していたように思います。今まで最上級生に助けられてきた優弥を初めとする6年生たち。しかしこの大会で痛感したように、もう助けてくれる先輩はいませんthink 自分達で何とか成長していくことしか出来ないのですsign03 今思えば、そのことに気付かせてくれた苦いながらも大切な遠征だったように思いますgood

 

Photo_5Photo_6 そしてこの苦い経験を糧に少しずつではありますが、成長の跡を見せてくれていった新チームと優弥。最初にその成長の成果を見せてくれた大会が、真夏に行われた東京日本武道館への遠征試合、「全日本少年武道練成大会」でしたsign03 この試合で丸岡スポ少は、2年目の出場にして日本武道館での初勝利を挙げる活躍を見せ、しかも内容が素晴らしかったsign03 最後の大将戦で、エースが見事な一本勝ちで勝利をもぎ取る展開でしたshine 丸岡の理想としているシビレル展開での勝利に、マルちゃん杯での敗戦を重ねあわせると、とても大きな成長を見せてくれた勝利でしたhappy01

 

 この大会での勝利を経て、主将はもちろんのこと6年生全体の意識というか雰囲気が、普段の練習から大きく変わって行ったように感じました。後輩達に進んで指導を行っていたり、何とかして4年生を成長させていこうという姿勢が感じられるようになってきたのは、全日本を終えた秋頃の事でしたmaple 

 

 そして大会の団体戦では、その4年生たちへの指導を自らの実戦での戦いで示してくれるようになってきましたshine チーム編成上、どうしても団体戦前半の、6年生に試合が回るまでに勝敗が決してしまうことの多かった今年のチームでしたが、それでも6年生勝負になった試合では、必ずと言ってよいほど気迫のこもった試合で勝利を手繰り寄せてきてくれるようになりましたsign01 夏~秋にかけての6年生の団体戦での戦いは、本当に素晴らしいと感じました。この彼らの試合での気迫・戦いぶりは、4年生達もきっと何かを感じてくれていたはずですsign03

 

 この頃の優弥は、私生活でもしっかり努力ができるようになっており、何事もやらなければならないことをきちんとできるようになってきていましたshine

 

 そして迎えた、秋~冬にかけての怒涛の大会ラッシュsign03 今尾杯から始まり、坂井町団体大会・醍醐杯・高浜大会と、いずれも好成績を収めてくれてきた丸岡チームsign03 優弥も大きな成長の成果を見せてくれた大会ラッシュでしたhappy01  

 

Photo_3Imao_2

Photo_4   

  

   

  

 写真は、醍醐敏郎杯・今尾杯・高浜大会の様子です。

 

 

 この年1年、優弥主将自体が不安で一杯のスタートだったのですが、その集大成となったのが2月の最後の遠征試合「羽咋大会」でした。前回書いたとおり、いかなる時も良い試合と悪い試合をコロコロ繰り返してきた優弥らしくcoldsweats01 羽咋大会でも良い試合と悪い試合を繰り返し、何の運命か川口道場さんとの試合を迎えるまでに勝ち上がっていき、ここで思い出に残る名勝負を繰り広げてくれましたsign03 

 

 この試合を見て僕は、1年前の新チームの船出の頃を思い出し、とても感慨深いものを感じていましたcrying この1年、優弥は主将として頼りなくcoldsweats01 みんなに大きな迷惑を掛けたことと思いますが、それでも本人にとってとても貴重な1年を体験させてもらったと思います。そして優弥自身がとても大きく成長させてもらった1年だったと感じています。いろいろなことがありましたし、先生に怒られたことも星の数ほどだったことと思いますがcoldsweats01 全てが良い経験となりました。 僕自身も、幾度となく怒ったりcoldsweats01 逆に楽しませてもらったり・・・特に優弥が高学年になってからの3年間は、本当に子供の柔道が中心で生活していたように思いますconfident 

 

 おそらく優弥は、中学生になっても柔道は続けていくことだろうと思いますが、これからはますます優弥の柔道に不安もあるのですがcoldsweats01 本人次第・・・ということで、見守ってみたいと思っていますhappy01 とにかく!!悔いの残らないよう、そして丸岡柔道スポ少で学んだ柔道で、目標に向かって頑張って欲しいだけですsign01

 

 

 

 このブログは、「丸岡柔道スポ少応援日記」と銘打っていますが、丸岡柔道スポ少を卒業した優弥の中学生になっての様子も、たまに載せていくと思いますがお許し下さいhappy01 他の6年生も同じです。情報が入り次第書いていきたいと思いますので・・・ 

 

  

 最後になりましたが、7年間優弥をご指導くださったたくさんの先生方、応援してくださったみなさん、見守ってくれていたみなさん、そして仲間達・・・

 

 本当にありがとうございます!!そしてこれからもよろしくお願いします!!!

 

 

 (注!!)ブログ自体の最終回ではありませんsign03coldsweats01

|
|

« ツーリング紀行2009 はじまる!! | トップページ | 2本持つ柔道! »

3兄妹の柔道成長日記」カテゴリの記事

コメント

4年生と6年生のおかげ(?)で、今年はドキドキ・ハラハラの試合ばかりでした。ある意味面白かったです(血圧は上がりっぱなしですがcoldsweats01
しかし、新チームはまだドキドキ・ハラハラまで至ってません。
優弥前主将の最後のお仕事として、美希弥『新』主将が『真』主将になるよう、ご指導疎ご鞭撻をお願いしますhappy02

投稿: クリリン会長 | 2009年3月24日 (火) 11時38分

クリリン会長、ありがとうございます!
僕もこの1年はハラハラ・ドキドキで楽しい想いをさせていただきました。
新チーム、新キャプテン・・・期待をしております!!
前キャプテンは・・・新キャプテンの教育的指導・・・どころかケンカ三昧coldsweats01 何とかして欲しいものですsweat02

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2009年3月24日 (火) 17時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/28556537

この記事へのトラックバック一覧です: 優弥・7年間の成長(最終回):

« ツーリング紀行2009 はじまる!! | トップページ | 2本持つ柔道! »