« 県学年別大会を振り返って(丸岡スポ少編) | トップページ | 水・金の練習で・・・ »

2009年2月18日 (水)

県学年別大会を振り返って(3兄妹編)

 県学年別大会ネタの最終第3弾sign01 身内ネタ・・・ですが、前回の予告どおり優弥と泉弥の試合を振り返りたいと思いますhappy01 

 

 ・・・がsign01 これも前回予告したとおり、優弥は一行で終わりますので、泉弥中心の内容ですcoldsweats01 (相変わらず泉弥には甘い父ですcoldsweats01

 

 

 では優弥からannoy 感想は・・・

 

      言うことなしannoyannoyannoy

 

 

 これでは意味が分からないので試合内容をもう一行sweat02

 

 0-3の判定負けannoy 2分間で出した技の数・・・sign03

 

 

 次は泉弥ですhappy01 泉弥は今大会、初戦から気になる相手との試合となりましたcoldsweats02 いきなりの強敵相手に一抹の不安を覚えた父ですが(;;;´Д`)

 

 とりあえず対戦相手に関係なく、いつも練習している通り

 

 「まずはしっかり組んでgood 前に出て先に技を掛けるsign03

 

 これが出来れば100点ですshine 引き手と釣り手を動かしながら、引き手の方に回って勝負できれば120点happy01 泉弥はまだまだそのレベルですhappy01

 

 そして初戦が始まりましたが、当初の父の不安の通りなかなか組ませてもらえない苦しい展開・・・despair 中盤に差し掛かりいよいよ父も冷汗をびっしょりかいていましたsweat02 泉弥に組み手争いはまだまだ不可能sweat01 組み際の一本背負い投げを使われ、判定になったらヤバイ状態でしたshock

 

 しかし中盤、相手の反則に指導が来て、ここから少し試合が動き出しましたhappy01 泉弥もようやく相手に慣れてきたのか・・・何とか2本持つことが出来るようになり、前に出るいつもの柔道を見せてくれましたshine

 

 この後半の攻めが効いて、初戦は何とか旗で勝つことができました(A;´・ω・)アセアセ

 

 

 続く2回戦はようやく泉弥らしい大外で一本勝ちsign03 一安心でした。

 

 

 しかし3回戦が問題でした。゜゜(´□`。)°゜。

 

 結果的にはこの3回戦で敗退となってしまったのですが、僕はこの試合をどう判断すれば良いのか少し悩みましたbearing 

 

 試合自体は、開始早々不用意に出した足技を返されしりもちをつき、そこを押し込まれていきなり有効を奪われましたが、その後は全て泉弥の攻めの時間でしたし、相手を圧倒して攻めてくれていたように思います。何度も良い背負いや大外が入れていましたし、あの試合を怒ることはもちろん出来ませんし悲観することもないような気もします。

 

 しかし、結果は負けです。。。。あの柔道で十分良かったような気もしますし、これでは足りないような気もしますし。。。。難しい試合でした。

 

 

 技自体は、下に下に投げに行く悪い所が出ていたので、これはあれだけ攻め続けておいて決め切れなかった反省として、これからの課題だろうと思いますが、柔道自体はしっかり持って姿勢良く攻め続けられていたのでcatface 僕的には100点の試合でしたhappy01

 

 

 でも悔しいsign03sign03sign03 何ともいえない複雑な心境ですbearing

 

 

 特に今回、ある選手へのリベンジに挑戦する大会としてとても気合いが入っていただけにthink、そこまで辿りつけなかった悔しさも大きいです・・・が、どうやらまだまだリベンジなど言ってられる状況ではないようですcoldsweats01 そのある選手は、この大会ではとても強かったですし、まだまだとても敵う相手ではないようですcoldsweats01

 

 ですが、泉弥も今の段階としてはとても良い柔道を見せてくれていましたので、これからも頑張って親バカしていきたいと思いますcoldsweats01

 

 

 いよいよ来週は、6年生にとってスポ少最後となる大会が開催されますsign03 僕も6年生の最後の勇姿を見るべく、気合いを入れて応援に駆けつけたいと思っていますhappy01

|
|

« 県学年別大会を振り返って(丸岡スポ少編) | トップページ | 水・金の練習で・・・ »

3兄妹の柔道成長日記」カテゴリの記事

コメント

勝って 獲るものは、少ないけど、全力を出し切って 負けたなら この先に繋がるもの方が 大きいと思いますんで、負けを恐れて 小さな柔道になるよりか いいじゃないですか! 頑張れ 丸岡柔道スポーツ少年団

投稿: 少年柔道ファン | 2009年2月19日 (木) 00時17分

少年柔道ファンさん、コメントありがとうございます! 本当に、勝っても負けても次に繋がるような試合を見せて欲しいですよね。

わが子を見ていて思うのですが、子供は「負けたくない」という気持ちが本当に強いです。その「負けたくない」が悪いほうに出てしまうと・・・

「負けたくない」=「投げられたくない」

になってしまいます。消極的な柔道では、勝っても負けても得るものが少ないように思います。

おっしゃるとおり、全力を出し切って大きな柔道を目指して頑張ってほしいです!!

いつも丸岡スポ少を応援していただき、本当にありがとうございます。この次は、良い結果報告が出来るよう僕も願っています!

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2009年2月19日 (木) 20時35分

あちゃ〜Y弥君ダメだったのですか?羽咋の試合で完全復活したとおもっていたのですが・・・
まあセンスばりばりの選手なのでこれからの活躍を期待しましょう。
I弥ちゃんも残念でしたが今の柔道を続けて行けばきっと大成してくれるでしょう。これからも頑張ってください。

投稿: 赤ペン | 2009年2月20日 (金) 10時09分

優弥は・・・ あえてここでは触れるのやめましょう。本人が一番分かってると思うので・・・きっと・・・たぶんcoldsweats01
泉弥は、残念でした。負けた試合は、ほとんどの時間が泉弥の攻撃でした。しかし裕サンご指摘のように崩しも踏み込みも無い不用意な技が致命傷になってしまいましたね。2分ランニングでは先にポイントを取られるとあのような展開になりがちです。しかし、落ち着いていつものように動ければ充分取り返せたと思います。あの日は少し動きが硬かったですね。coldsweats02試合ではいかに普段の柔道が出来るかですね。
低学年チームは試合でも自分の力を出せる子が増えてきましたね。happy02 でも、現状に満足せず、向上心をもって練習に励むようにsign03

余談ですが、講道館館長・全柔連会長の嘉納行光氏が3月いっぱいで両職を勇退されるらしいです。coldsweats02
どのような経緯なのかは私達にはわかりませんが、いずれにしろ日本柔道界には大きなターニングポイントになるのは間違いないでしょう。
なお一層、底辺を支える私達が頑張らねば、と心と身体sign02を引き締めるクリリンでした。bleah

投稿: クリリン会長 | 2009年2月20日 (金) 19時22分

赤ペン先生、コメント有難うございます!日曜日の優弥はダメダメでしたcoldsweats01 小さい頃からそうなのですが、優弥は本当にムラのある子です。今日良い試合をしたかと思うと、明日には世界で一番弱いんじゃないかと思うぐらいの情けない試合を見せます。精神力の弱さでしょうか・・・coldsweats01 でも、今日の金曜日の練習は良い練習をしていたので、日曜日を楽しみにはしたいです。
 
泉弥・・・僕的には良かった試合を見せてくれたと思います。日曜日は負けましたし、ちょっと考えさせられるところもありましたが、でもやっぱり赤ペン先生や丸岡の先生がおっしゃってくださるとおり、今の柔道を続けてくれればきっと良い柔道選手になってくれるんじゃないかと、僕も思っています。
泉弥は女子ですが、大きくなっても、ある意味では女子柔道らしくない柔道をして欲しいと思っています。(言葉で表すのは難しいですがcoldsweats01

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2009年2月20日 (金) 23時41分

クリリン会長、コメント有難うございます!優弥は多分、マズイ試合をしてしまったのが分かっていたのでしょう。大会当日、試合後は僕のところに最後まで顔を見せませんでしたからcoldsweats01 きっと怒られると思ったのでしょうcoldsweats01 昔から要領だけは良い奴ですsweat02 金曜日は良い練習をしていたので一安心ですhappy01
 
泉弥も、僕が見た感じでは、金曜日辺りは少しですが技を上に掛ける意識を持ち始めてくれているような 気がしました。上に決めた背負い、何度か見ましたよ。今後に注目ですshine  
日曜日の試合は、不用意に先にポイントを取られたのが致命的でしたねcrying 相手は受けが上手く、焦った泉弥はしっかり決めるところまで出来ていませんでしたね。こちらも日曜日を楽しみにしたいです。

嘉納氏の勇退ですが、これが全柔連にどのような変化をもたらすのかは全く想像もつきませんし、日本柔道がどう変わっていくのかも想像できませんが、今、柔道の底辺を担うといわれる町道場に子供を預ける親としては、少年柔道に、とにかく柔道の本来の面白さを求めてなりません。かつて僕らが子供の頃に胸をときめかせた、山下先生や古賀先生のような素晴らしい・面白い柔道を見せてくれるのは、実は子供たちなのかもしれませんね。

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2009年2月20日 (金) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/28186853

この記事へのトラックバック一覧です: 県学年別大会を振り返って(3兄妹編):

« 県学年別大会を振り返って(丸岡スポ少編) | トップページ | 水・金の練習で・・・ »