« 県学年別大会を振り返って(総括編) | トップページ | 県学年別大会を振り返って(3兄妹編) »

2009年2月17日 (火)

県学年別大会を振り返って(丸岡スポ少編)

 前回も書きましたが、この県学年別大会では丸岡スポ少の子供たちはとても素晴らしい試合を見せてくれたと思いますhappy01 僕は、いつものごとく泉弥の試合を熱く観戦していましたのでcoldsweats01 全試合をみることは当然出来ませんでしたがsweat02 僕の見た試合の中でも、何人もの選手が良い試合を見せてくれていましたsign03

 

 ただ、『気持ち』の面ではまだまだ対戦相手に及ばないところもたくさん見つかったのが事実ですねcrying 少年柔道では、この『気持ち』の部分が勝敗や結果に大きく影響してくると思いますsign01 そこのところで、もう後一歩結果に繋がってこなかったのかな・・・という気はしています。

 

 もちろん、優勝とか入賞・・・といった話になってくると、気持ちだけではどうしようもない部分も出てきますがsweat01 丸岡スポ少の目指しているところは、そういう優勝・入賞とかいう『結果』では決してないsign01 と、僕は勝手に思い込んでいますcoldsweats01 

 

 

     正しい柔道

 

 を身に付けてほしいということがもちろん願いですし、礼儀や心の部分も大事なことだと思います。

 

 そして、何より掴んでほしいのは、『自分の気持ち』に打ち勝って、その先の世界に到達した時の達成感や充実感sign03 そのことの大切さだと思っています。

 

  

 例えば日曜日の試合では・・・

 

 6年生ではY章君が素晴らしい柔道を見せてくれましたshine 結果は3位でしたが、彼の柔道のスタイル・考え方・組んだ時の姿勢・技の入り方などは、超級エントリー選手の中でも1・2位を争うぐらいの素晴らしさだと思いました。決して潰れず投げようとするあの技は、必ずモノになると信じていますsign03

 

 

 また、4年生の美希弥の試合も気持ちの大切さがはっきり表れた試合だったと思います。美希弥は3回戦での敗退でしたが、その負けた試合はとても良い技の入りを見せてくれました。大内刈り2回、大外刈り3回、全て良い入りでした。この試合、1本勝ちが5回はあったはずの試合でした。以前のような体を開いて逃げる入り方ではなく、しっかり相手の方を向いて踏み込んで技に入っていました。

 

 しかし・・・ここからが『気持ち』の部分です。当然相手も、技に入られれば喰らわないように押し返してきます。そうすると、

 「あっsweat02 返される・・・」

 と、自分で勝手に諦めてしまいました。あんなに完璧な技の入りをしているのに・・・です。そして返されないように戻る。その結果返しを喰らったり、振り回されてポイントを取られていましたね。あの時美希弥に、

 

 「何が何でもこの技で決める。倒す。」

 

 という強い気持ちと技に対する自信があったら必ず決まっていたはずです。最後まで掛けきる気持ちさえあれば・・・。

 

 

 もう一人の4年生、M紀ちゃんの背負投げも同じでしょう。M紀ちゃんのあの背負い、まともに入って飛んでいかない選手はいないんじゃないの・・・というぐらいの素晴らしい入り方をしています。八割方、投げたも同然のところまで入っていますよ。しかし、M紀の背負いはその時下を向いてしまう欠点があります。この「下を向く」ことにより折角の背負いが投げきれない・逃げやすい背負いになってしまっているような気がします。

 

 下を向くのも、「癖」というよりも「気持ち」の部分が大きく影響しているような気がしてなりません。

 

 「返されたくない」

 

 という気持ちの裏返しのような気が・・・

 

 しかし気付いて欲しいのは、こうした下を向いて入った結果、折角の技を戻ってしまう結果返されてしまうんだということを。

 

 M紀ちゃんが、「相手をしっかり担いで、最後まで投げきる」という気持ちを強く持てるようになったら・・・恐ろしい背負い使いになるような気がしてなりませんhappy01

 

 その他にも、3年生のK輔君が良い柔道をしているように見えましたshine 彼の柔道センスには本当に驚かされます。普段の練習でも同じ柔道を見せてくれれば・・・1・2年生はほとんど敵わないと思いますcoldsweats01

 

 

 このようなところで、『結果』というものはまだまだ望むべきでもありませんが、丸岡にはしっかり2本持って戦う柔道をしっかり見せてくれる選手が多くなってきているのが、何より良かったと思う今大会でしたsign03

 

 これからも、胸を張って

 

 「これが丸岡スポ少の柔道スタイル」

 

 と言えるような柔道を、色んな大会で見せていって欲しいと思いますsign03

 

 

 さて、次回は必殺の身内ネタsign03 美希弥の事は書きましたので、優弥と泉弥の県大会を振り返りたいと思っています。。。。。。がsign03 

 

 あらかじめ予告をしておきますがcoldsweats01 優弥の試合は一行で終わりますannoy 

 

|
|

« 県学年別大会を振り返って(総括編) | トップページ | 県学年別大会を振り返って(3兄妹編) »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

美希弥の試合を少し見ましたが、裕サンの言われるとおり良い試合もありましたwink 大内は真っ直ぐ入り相手を追い込み、そこから大外へつなげ綺麗に一本で決めた試合は、練習で意識させていることがキッチリ出来た試合でした。good
その反面、負けた試合は大外を掛け切ることが出来ませんでしたcoldsweats02 まさに『気持ち』の入ってないヘタレ大外でしたね。相手にとっては「ご馳走様でしたcake」と言いたくなる大外でした。
他の4年生にも言えますが、『絶対にこの技で投げきってやる』という気持ちが見えません。ぶら下がったり、つぶれたりする技に彼らの気持ちがそのまま出ています。
裕サンの言うとおり、我々指導者は目の前の勝ち負けに固執していません。(勝ちたいという気持ちは大事です)
日曜の坂井市の大会での彼らの変化に期待しますrock

投稿: クリリン会長 | 2009年2月18日 (水) 12時50分

クリリン会長、ありがとうございます!
美希弥の試合は、確かに進歩が見えた試合でしたし、良い時の美希弥が少しは出せました。
僕は負けた試合を見て、会長がおっしゃるとおり結果的には相手にとって『ご馳走様』でしたが、あの大外は本来、美希弥が『いただきます』と言って決めるべき入りだったと思います。

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2009年2月18日 (水) 17時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/28155138

この記事へのトラックバック一覧です: 県学年別大会を振り返って(丸岡スポ少編):

« 県学年別大会を振り返って(総括編) | トップページ | 県学年別大会を振り返って(3兄妹編) »