« 第5回 三つ葉少年柔道交流大会 | トップページ | 三つ葉大会ベストバウト 特別編 »

2009年1月27日 (火)

三つ葉大会 丸岡スポ少ベストバウト集

 今回は、先日日曜日に開催された三つ葉大会の、丸岡スポ少団員のベストバウト集をまとめてみましたsign03 前回記事で書いたとおり、僕は久しぶりの観戦ということもあってかなり点数を甘めに見てしまいますcoldsweats01 しかし、本当に手に汗握る好試合が何試合もありましたので、その中から特に印象に残った試合を振り返ってみることにしますsign03

 

 それでは、三つ葉大会のベストバウト集ですsign03

 

 

第5位  善戦sign02 それとも完敗sign02

 まずは第5位sign03 この試合は果たして善戦と言えるのか・・・それとも完敗だったのか・・・sign02 そんな思いをもったのが、個人戦1年生の部の予選リーグでの

 

 泉弥 VS T君(金井ジュニア)

 

 でした。今大会は、午前中に個人戦を行い午後から団体戦というスケジュールだったのですが、その個人戦で泉弥の最初の対戦相手が、いきなり最強の相手sign03 だったのですcoldsweats02 泉弥にとってこの日最初の試合でいきなりの対戦・・・sweat01 スロースターターの泉弥には厳しい組み合わせとなりましたcoldsweats01 泉弥も大会終了後、

 

 「あのの、今日の試合の、いきなりTけし君が相手やったでの、泉弥ちゃんびっくりしてもたってsign01

 

 と振り返ったとおり、本人にしてみれば対戦相手は全く誰か知らなかったはずなので、

 

 「ゲッsweat02 いきなりあなたが相手ですかshock ・・・そうなんですかcrying

 

 といった感じだったのでしょうcoldsweats01 ・・・・・お気持ち、痛くお察し申し上げますcoldsweats01

 

 ところがsign03 いざ試合が始まってみると、父が一番驚きましたcoldsweats02 自分の3倍ある相手に対し、まずはしっかり組んで前に出ようとしてくれましたshine 組んだ後は最初に技を掛けることが出来ましたshine 何度も何度も背負いをチャレンジしていましたwink そして遂に出たT君の「必殺払い腰」もしっかり我慢することが出来ましたshine その後も何度も耐えることが出来て、泉弥はここ最近本当に「受け」が強くなったなぁsign03 と感じました。

 また、試合中盤では、思わずポイントあったかsign02 というような感じで、相手を後ろに倒すことも出来ましたcoldsweats02 これが一番驚きましたsign03 しかし1分を過ぎた辺りで、遂に力尽きて背負いを後ろに返され有効・・・そのまま抑え込まれての敗戦となってしまいました(´・ω・`)ショボーン 

 

 この試合では、泉弥は本当に見せ場を作ってくれましたし、父の想像以上の善戦といえる感じでした。しかし一方で相手のT君は、まだまだ全然余裕で本気も出していなかったと思いますcoldsweats01 そういう意味では明らかに完敗でしたweep 娘の成長を喜びつつも、まだまだ相手はデカくて強いな・・・と感じずにはいれませんでしたwobbly これからも、一戦一戦少しずつでも成長して、少しずつでも追いついていって欲しいと願う試合でしたhappy01

 

 

第4位  復活の2勝sign03 光った善戦sign03

 続いて4位にランクインしたのは、H之の個人戦ですhappy01 僕はH之の試合を久しぶりに見ましたsign01 前回の丸岡大会でも試合をしていたようですが、この日も厳しい6年生重量級のリーグ戦を、しっかり戦っている様子が印象的でしたhappy01 H之もリーグ戦は、初戦からK道場のHさん、同じくK道場のS君と、K道場の誇る男女重量級エースとの対戦が続きましたcoldsweats02 しかし、相変わらずの気持ちの強さとしっかりと立つ柔道で、パワーで一歩も引かずに組み合ってくれていましたねshine 二人との対戦では、残念ながら敗れてしまいましたがcrying しかし素晴らしい柔道で立ち向かってくれていたと思いますsign03

 そして続く対戦では、同じ団内のTおる・Y輝との試合となり、ここはしっかり豪快な一本勝ちを続けて決めましたsign03 本当に恐れ入るほどの精神力と実力だと感じました。結果的にも、この厳しい重量級リーグを堂々の4位通過ですから、とても素晴らしい成績だと思いますshine いよいよスポ少生活も残り少なくなってきましたが、中学校に入っても是非柔道は好きなままでいて欲しいですし、これからもお互いを高めあっていって欲しいと思いますsign03

 

 

第3位  光るセンスsign03 思わぬ善戦sign03

 続いて3位には、3年生のこの団員の個人戦予選リーグでのこの試合を挙げましたsign01

 

 K輔 VS Mさん(金井ジュニア)

 

 金井ジュニアの3年生のMさんといえば、県大会などの大きな大会でも常に上位に入る素晴らしい柔道センスと実力の持ち主ですhappy01 今大会では惜しくも2位と敗れてしまったようですが、決勝リーグでも僅差の判定ということだったようで、実力はピカ一ですsign03

 そんな選手が相手ですから、K輔も苦戦が予想されましたwobbly しかし蓋を開けてみると、試合時間は30~40秒ぐらいでしたが、時間以上に中身のある試合だったように見えましたshine 今まで何度もK輔の試合を見てきましたが、時に「はじめ」と同時に後ろに下がるような悪いところも見られていました。しかし、この試合では積極的に前に出て行きましたwink 相手も上手いので、前に出たところを狙われたりもしましたが、しっかり堪えて自分の技に繋ぐ場面が一度ありましたsign03 相手を大きく崩しており、まさに善戦の証しでしたsign03 最後はやはり相手の方が一枚上手でしっかり仕留められましたがweep ここも見せ場を作ってくれた内容だったと思いましたsign03 

 K輔は、普段の練習を見ていても「キラリ」と光るものを見せてくれますので、今後に大きな期待が膨らみますshine 体の小ささを跳ね返して、強い選手に育って欲しいと願わずにはいられませんhappy01

 

 

第2位

 宿命の対決sign03 両チームエースの意地のぶつかり合いimpact

 いよいよ第2位sign03 見出しでお察しの通り、丸岡スポ少のエースY章とK道場のエースS君とのエース対決を第2位に選びましたhappy01 まさに手に汗握る好試合sign03 両選手の意地と意地のぶつかり合いを見た試合でしたsign03 前回丸岡大会で敗れているK道場のS君。試合開始と同時に

 

 「やあぁ!」

 

 と、大きな掛け声で気合いは十分の感じでしたsign03 リベンジに燃えている姿が好感を持てました。一方の丸岡のエースのY章も、内に秘めた気合いは十分sign03 前回勝っている自信もあったのでしょうか、貫禄十分にさえ見えましたshine 

 Y章はこの大会では、一つ一つの技に力強さを感じましたsign03 支え一つ、大外一つ、内股一つ・・・それぞれの技が一本を取りにいく勢いと力強さがあり、その一つ一つで相手よりも審判の印象を良くしていたように感じましたshine 相手が得意の払い腰で勝負に来れば、Y章も大外・内股で応戦する・・・。まさに接戦でしたが、相手を押し込む圧力と一つ一つの技の勢いで判定をモノにしたように感じました。この勝利で、見事に重量級の優勝を手繰り寄せた一戦でしたsign03 この二人は、見ていて本当に素晴らしいライバル同士だと感じました。お互いが小細工なしの、重量級同士らしい素晴らしい姿勢と技の応酬に、本当はベストバウトの1位に推したいぐらいですが、今後、どちらかの一本で勝負が決まることを期待して、あえて第2位に留めておく事にしましたhappy01

 

 

第1位  

 大会一の盛り上がりsign03 会場を沸かせたライバル対決sign03 

 栄光の第1位は、この大会で一番会場が沸いたであろう宿命のライバル対決sign03

 

 Aゆむ VS T君(金井ジュニア)

 

 を選びましたhappy01 一年生の部の決勝リーグ、事実上の決勝戦と言っても良いこのカードsign03 前回対戦のリベンジに燃える(一番燃えていたのはAゆむ母でしたがcoldsweats01)Aゆむと、連勝を狙うT君との対戦note 試合は思わぬ形での決着となりましたhappy01

 

 試合開始早々、T君の技に有効を奪われたAゆむshock 苦しい展開となりました・・・がsign03 試合は終盤に大きな山場が待っていましたcoldsweats02 試合も残り時間僅かのところで、AゆむがT君を崩し、抑え込みの体制に入りましたcoldsweats02 

 この抑え込みで決めなければ、もう残り時間はありませんdanger Aゆむは必死に抑え込みましたし、T君は必死に逃げましたimpact そして遂に抑え込みが解けてしまったその時sign03 

 

 抑え込んだ時間は・・・・・・・14秒danger あと6秒が足りませんでしたcrying 結局そのまま時間切れ・・・T君の優勢勝ちでしたcrying せめて抑え込みで有効を奪い返していれば・・・どうなっていたかは分からなかった試合展開だっただけに・・・・悔やまれる試合でしたweep 

 

 しかし、あの大きなT君を14秒抑え込んだのは会場中が驚き沸きあがっていましたsign03 見ている方々に喜んでもらえて、感動してもらえる試合をしてくれたというのは、優勝以上に価値のあることではないでしょうかsign02 今大会の丸岡スポ少のベストバウト第1位に相応しい試合だったと思いますshine

 

 

 以上、駆け足でベストバウト集を書いてきましたが、今大会ではこの他にもたくさんの好試合を見ることができましたshine これからもまだまだ試合は続いていきますsign03 書ききれないほどのベストバウトを見せてくれるよう、ますます気合いを入れて応援をしていきたいと思う今大会でしたsign03

|
|

« 第5回 三つ葉少年柔道交流大会 | トップページ | 三つ葉大会ベストバウト 特別編 »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

待ってましたhappy02 ベストバウト集sign01
泉弥は良い試合をしてくれました。二本しっかり持って姿勢が良いからこそT君の払い腰を堪えられました。支え釣り込み足を使われ敗れましたが、果敢に向かっていく姿は他のヘタレ団員にも大いに見習って欲しいです。ただ、自分より小さい相手になると、技が潰れてしまいがちになるので、矯正せねばなりませんねthink

H之は勝つ時も負ける時も豪快でしたcoldsweats01 彼の柔道は相変わらず気持ちが良いです。smile

K輔は何試合か良い動きが見られました。裕サンのおっしゃるとおりセンスを感じる場面が幾度と無く見られるので、弱気になって下がらない(気持ちも)柔道を常に見せて欲しいです。dash

Y章とS・Rはこれからもimpactライバルとして切磋琢磨して成長してください。高いレベル(舞台)での戦いを楽しみにしています。

歩とT君の試合は単純に楽しめます。ただ、決めるところは決めないとcoldsweats02 チャンスは多くは訪れませんから。sweat01

P.S. 4年生。ベストバウト集に自分達が出てこない理由を考えるように(勝ち負けではない)

投稿: クリリン会長 | 2009年1月27日 (火) 16時22分

クリリン会長、コメントありがとうございます!
久しぶりのベストバウト集となりましたが、ベストバウト集を書けるということは、子供達がそれだけ頑張ってよい試合を見せてくれた・・・ということなので、僕も嬉しいですhappy01
しかし、クリリン会長に気付いてもらったのが嬉しいのですが、このベストバウト集に4年生の試合は入りませんでしたねcrying 僕も、会長と同じ思いでわざとこういうベストバウト集の構成にしましたthink 4月からの4年生に掛かる期待と責任の重さを考えると、どうしても厳しい目で見るようになってしまいますwink しかし、これも全て4年生への期待の大きさの裏返しと理解して欲しいですhappy01
これも会長のおっしゃるとおりですが、決して勝ち負けだけではありませんsign03 現に、今回のベストバウトに選んだ5人のうち、勝った試合を選んだのはY章だけです。あとの4人は負けた試合ですがベストバウトに選びましたsign01
これは、僕の少年柔道に対する想いや考えの詰まった、良いチョイスになったと自負していますhappy01

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2009年1月28日 (水) 17時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/27504925

この記事へのトラックバック一覧です: 三つ葉大会 丸岡スポ少ベストバウト集:

« 第5回 三つ葉少年柔道交流大会 | トップページ | 三つ葉大会ベストバウト 特別編 »