« 第13回 醍醐敏郎杯少年柔道練成大会(2) | トップページ | 禁断の・・・・・ »

2008年11月27日 (木)

第13回 醍醐敏郎杯少年柔道練成大会(3)

 醍醐杯の最終回は、低学年の部と中学生の部の話ですhappy01

 低学年は2チーム出場しましたが、まず最初に試合をしたのはBチームからでしたhappy01 今大会のBチームは、1~3年生が大きな活躍を見せてくれてとても良い試合が続いたように思いましたshine 結果は2回戦での敗退となりましたが、これも僅差での敗退ということでかなり惜しい内容だったように思いました。

 

 まず初戦では、先鋒のSょうが練習している背負投げを果敢に見せてくれて、掛かりはしませんでしたが良い試合でしたsign01 課題である、しっかり組んで逃げずに勝負することが出来ていたようで、これが自信に繋がってくれれば良いのですがhappy01 結局、大外有効のポイントを奪い優勢勝ちでチームに勢いをつけてくれましたsign03

 

 続く次鋒のT海も、観客席から思わず「おぉっsign03」と叫んでしまうような、目の覚める1本勝ちを見せてくれましたsign01 タイミングバッチリだったのではないでしょうかconfident 試合後のM原先生の表情が印象的でしたhappy01 中堅のK太郎もその勢いに続いて、しっかり前に押し込んでの大外1本勝ちhappy01 最近、前に出る柔道が見れるようになってきたそのままの試合で勝ちを収めました。これで3-0sign03 序盤で勝利を決める、理想的な展開となりましたnote

 

 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! ⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーーーン

 

 しかしここからが問題の4年生coldsweats01 副将の玲菜は、最近の練習でグングン力を付けてきました。前日もこの日も、その勢いはそのままで1本勝ちsign01 しかし欲を言うなら、今度はキレイな背負投げでの1本勝ちを見たいものですhappy01 大将のSょうは、体格も大きくなり安定感が出てきたのですが、得意の大外刈りがどうしても体の大きさに頼ったものになってしまっていて、どうしても同体格以上の選手に弱いところがあります。通称「浴びせ倒し」と呼んでいるcoldsweats01 足の出ない大外刈りは、是非とも克服して欲しいものです。また、仕掛けの遅さもあって、どうしても返し中心の柔道になりがちです。初戦もその悪い点が見えて、決めきれずの引き分けとなりました。土曜日の課題そのままが出た感じでしたねcoldsweats01 しかし、Sょうは丸岡では一番安定感のある選手ですsign03 自分の技でしっかり1本が取れるように成長を期待したいと思いますhappy01

 

 続く2回戦も、先鋒が不戦勝、次鋒戦でもT海が1本勝ちと・・・リードを持って中盤~後半戦に突入しましたsign03 この日は低学年が大活躍ですup 一気に期待感が高まりましたが・・・しかし、中堅で取り返された後は、副将・大将戦とも取り返されてしまい、結局2-3での敗退となってしまいましたcrying 中堅まででリードを奪い、後半2人で何とか1勝sign01 思い描いたとおりの展開でしたが及びませんでしたbearing この辺りが来年以降の大きな課題となりそうですcoldsweats01 

 

 

 Aチームは・・・初戦から滋賀県のO柔道協会さんとの対戦となり、まさに実力の伯仲した同士、どちらに転がってもおかしくない試合だったと思いますが、皆さんのおっしゃるとおり先鋒戦で取れなかったweep のが、結局最後まで響いたようでしたcryingcrying

 

 先鋒の泉弥は、前日土曜日の練習試合でも絶好調でhappy01 今日も結構期待していたのですが・・・・結構いつもどおり、ガンガン攻める柔道は見せてくれましたが、相手も1年生ながら組み手が異様に上手く、しっかり持つことが出来ないままの技で、決めきることができませんでしたcryingcryingcrying 背負いや大外も、どうしても下へ下へと行ってしまい、反省点も多かった試合でした。なので試合の殆どは支配していましたが、後一歩決めきることが出来ませんでした。泉弥はまだまだ、このように上手い柔道には対応できませんdespair 痛い引き分けとなりましたwobbly 

 

 次鋒のAゆむの対戦相手も、2年生ということでかなりの強敵でしたが、相手との大外刈りの掛け合いを制して技ありsign03 その後ポイントを奪えなかったものの優勢勝ちhappy01 さすがAゆむでした。中堅のK輔は、持って勝負に行った途端、組み際の支えsign02 でひっくり返され技あり。そのまま抑え込まれての1本負けでしたsweat02 ここまで1-1で来て、いよいよ4年生勝負となりましたが、ここから今大会で一番反省の残る試合が二つ続きましたcrying

 

 副将M紀は、1本負けしてしまうと試合が決まってしまう場面でしたが、何とか1本負けは免れ優勢負け・・・bearing 1-1の場面でしたので、もっと攻め込む気持ちが見たかったのですが、相手のパワーに押され気味の展開となってしまいました。

 勝負の行方は大将戦に持ち込まれました。しかし、この大将戦でまさかの秒殺・・・sweat02 一気に試合が終わってしまいましたcrying みんな粘って互角の試合をしてくれたのですが、やはり最後は一歩及びませんでしたdown 1-3ということで、Aチームは初戦敗退となってしまいましたweep 今大会、前日練習も含めて、R一は何も出来ずに終わってしまった感じでしたねwobbly この悔しさを忘れずにいて欲しいものです。

 

 

 さて、最後は中学生sign03 観客席のみんなが大きな期待を持って見つめた試合でした。対戦相手はG館さんsign03 かなりの強敵ですsign03 しかし、丸岡チームも最強メンバーを揃えての勝負でしたので、試合自体は一進一退の素晴らしい試合展開となりましたshine

 

 先鋒のY房は、当日朝から体調不良で出場すら危ぶまれたのですが、気合いで跳ね除け強行出場してくれましたshine そして気合いで引き分けに持ち込みました。大したヤツだと感じましたsign03 続く次鋒戦はポイントゲッターの一人、S弥がほぼ秒殺でキレイな払い腰(内股?)だと思うのですが1本勝ちsign03 1-0とリードします。怪我に泣いてなかなか思うような練習が出来ていないと聞いていたのですが、それでこの強さですからcoldsweats01 あいつは変態ですsign03 素晴らしいの一言でした。

 

 中堅は、丸岡もう一人のポイントゲッターK毅。ここも1勝を重ねたかったところでしたが、残念ながら引き分けとなってしまいましたcrying でも、あれは仕方ないですよねぇsweat02 見ているこちら側も、歯痒さだけが残った試合でしたが、戦っている本人はそれ以上に悔しかっただろうと思います。でもK毅らしい、気持ちを前面に出して戦う姿は見せてくれて良かったと思います。副将はK人。相変わらず、地に根を生やしたかのような受けの強さを持つK人でしたが、相手に上手く寝技に入られ1本負けとなってしまいました。しかし相手は全国クラスの強敵でした。その相手に対して真っ直ぐ堂々と組み合って勝負していたのが印象的でした。姿勢のよさは、さすが重量級・・・といったところでしょうかhappy01

 ここまで1-1で勝負は大将戦に持ち込まれました。(A;´・ω・)アセアセ  開始早々、K祐が大内刈りで飛び込み、きっちり入りました。思わず、「いったぁーsign03」と叫んでしまったほどの力強さとタイミングでしたが、そこから力を緩めたところを返され、まさかの1本負け・・・down 惜しい試合を落としてしまいました。

 

 強敵相手に1-2と接戦でしたが、僕は久しぶりに彼らの試合を見ることが出来て、本当に楽しかったですhappy01 そういう意味でも、今回の遠征は思い出深い良い遠征になったと思います。

 

 さて、来週は休む間もなく大会が控えています。次の大会では今回の遠征で得た経験をしっかり生かして、更に素晴らしい試合を見せて欲しいものですsign03

|
|

« 第13回 醍醐敏郎杯少年柔道練成大会(2) | トップページ | 禁断の・・・・・ »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

最近のT海は良いですねgood 試合でも好調を維持し積極的な仕掛けを見せてくれました。まだまだ大人しく気持ちの優しさが出てしまいますが、ずっと取り組んでいる背負いが上達していけば楽しみですねwink
今回の醍醐杯、たくさんの反省点も見えましたし、たくさんの収穫(実りの秋mapleですから)も有りました。裕さんのおっしゃるとおり、次からの大会で更なる成果を期待します。まずは高浜。頑張りましょうrock

投稿: クリリン会長 | 2008年11月28日 (金) 09時26分

クリリン会長、ありがとうございますsign01

醍醐杯での低学年は、練習している技をしっかり出せていて、見ている側としても期待感が持てますし、試合自体も面白いです。全員の試合でこのように面白く、そして一つぐらいポイントを取られても取り返してこられるような期待感が持てる試合を楽しみにしたいですsign01

高浜大会、全員に頑張って欲しいですが、泉弥には特に頑張って欲しいですcoldsweats01

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2008年11月29日 (土) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/25638704

この記事へのトラックバック一覧です: 第13回 醍醐敏郎杯少年柔道練成大会(3):

« 第13回 醍醐敏郎杯少年柔道練成大会(2) | トップページ | 禁断の・・・・・ »