« 第7回 坂井町柔道団体大会結果 | トップページ | 日曜日、もう一つの大会 »

2008年11月17日 (月)

敗戦を受け入れて・・・

 先日日曜日に行われた坂井町柔道団体大会では、丸岡スポ少は完敗の結果に終わりましたねcrying 今大会では、いつもやられっぱなしのK道場さんS柔道教室さんに、是非とも「ギャフンwobblywobbly」と言わせてリベンジを果すはずの大会だったのですが・・・think 逆にこちらが「ギャフンdowndown」と言わさされちゃいましたcryingcryingcrying K道場のK先生やAペン先生、S柔道教室のY先生の大会後の顔の表情catface が、また更に悔しさを倍増させますshockshockshock

 

 う~んsweat02 悔しい・・・bearing

 

 しかし、丸岡スポ少にとって「嬉しい」出来事もありましたhappy01 長い間、戦線離脱を余儀なくされていた6年生のH之が、今大会で久しぶりの試合復帰を飾りましたnotes 彼自身も、試合に出たい、柔道がしたい、という想いでかなりの努力を重ねてきたのだと思うととても嬉しいですし、その結果として以前よりも更にパワーアップした姿で復帰してくれたと思いますsign03 

 今大会でも、4試合すべてに出場して元気な姿を見せてくれましたし、5・6年生の部Aチームの危機を救う勝利も挙げてくれましたshine 彼の復活は、いつもなら大将のポジションとなるY章を中堅で起用できるということで、チーム力の底上げの面でも大きな出来事でしたsign03 いよいよ完全復活も近そうですが、今後も体調と相談しながら、丸岡スポ少6年生として最後の半年を精一杯頑張って欲しいものですsign03 この日は、H之のお陰で悔しい敗戦を忘れさせてくれるぐらいのとても嬉しい一日となりましたhappy01

 

 

 さて・・・・

 いつもならここで、大会を振り返りながら「内容」について考えてみるところなのですが、今大会に限ってはきちんと「結果」を受け入れて、次への糧にしなければならないと感じましたthink

 もちろん内容を見てみると、どのチームの子供たちもとても良い柔道を見せてくれていましたし、正々堂々の真っ向勝負ができた大会だと感じましたhappy01 どのチームの子供たちも、「一生懸命」という言葉よりも「必死」と言った方が良いぐらいの表情で試合に臨んでいるようでしたgood 当然、丸岡柔道スポーツ少年団の子供たちも全員参加の大会ということで、全員が真っ向勝負をしてくれたと感じていますshine 

 だからこそ言い訳できない・・・しっかり「結果」を受け入れて次に繋げなければならないのでは・・・と思うのですsign03 正々堂々真っ向勝負、この土俵(畳sign02)での負けは本当に言い訳のできない結果です。見ている側としては面白い試合がいくつも見れて、本当に楽しかった大会なのですが、やはりその中でうちのチームが勝ってくれないと面白さは半減する・・・というのが本音ですよねcoldsweats01

 

 優勝されたチームとの差は何なのか・・・sign02

 

 大きな悩みどころの問題ですが、僕は技術や子供の能力(練習量)というものだけではなくて、決定的に「執念」の違いだと感じました。勝負自体に対する執念ももちろんそうですが、自分の出した一つの技に対する執念寝技に対する執念組み手もそうですし、畳際の執念もそうです。一つ一つのポイントで必ず執念の差がでてしまい、結果的には勝ち負けという大きな差となって現れてくるのではないかと感じました。

 

 例えば良い例の一つが、5・6年生の部《準決勝》の丸岡対S柔道教室の試合だったと思います。

 先鋒戦、丸岡が決勝に勝ち上がるためには、5年生が対戦相手となる優弥は、必ず取らなければならない試合です。逆の立場でS柔道教室さんにとってみれば、5年生を出す先鋒戦は何としても凌がなければならない試合となりますし、ここを最低失点なしで終えることができれば、一歩勝利が見えてくるという感じになります。こういう場面で執念の差というものが出てきました。優弥はポイント一つも奪えずに引き分けに持ち込まれてしまいましたが、もし逆の立場の場合、優弥は果たしてそこまで執念を見せることが出来たかというと疑問です。そういう意識で試合が出来ていないでしょう。もちろん、相手の5年生も引き分け狙いなどではなかったと思いますし、取りに行った結果が引き分けだったのです。上手く言えないのですが、引き分け狙いを・・・ではなくて、簡単に取られない柔道をしていたと思います。5年生ですが組み手は常に優弥の上を行っていましたし、畳の使い方も上手かったです。「何とか凌いでチャンスをモノにする」という気持ちが見ていて分かりました。

 また、次の中堅戦もそのようなことを感じさせる試合内容でした。丸岡の中堅はエースのY章。そして相手の中堅は、優弥とは体格もよく似ていてライバル関係にあるT君でした。優弥は、練習でもY章にはまったく歯が立たない感じですから、Y章ならしっかり取ってこれる相手だと思っていました。しかし蓋を開けてみると・・・・中盤でY章が有効を奪われる苦しい展開となっていましたsweat01 Y章の猛攻を、T君は執念で凌ぎます。(もちろん立技を受ける際の腰切りなど、対応もきちんとできていたのですが・・・。) 本当に必死の表情でしたし、「何とかしてやろうsign03」という気持ちが凄く出ていましたsign03 運良く、試合終了間際に相手が力尽きて崩れたところを抑え込んで勝つことが出来ましたが、残り時間は数秒・・・sweat01sweat01 の出来事でした。思わず負けを覚悟したぐらいです。T君はこのように、うちのエースと堂々と渡り合える試合を見せてくれましたが、優弥ではY章とここまでの試合をすることは絶対に無理です。

 優弥とT君、同じような体格で実力的にもライバル関係(sign02・・・多分sweat02)にある二人ですが、なぜY章との試合ではこのように決定的な差がでるのでしょうか・・・? その辺りを、優弥もきちんと考えて欲しいですし、これは優弥だけではなく全体に言えることなのかも知れません。

 

 今回の悔しい結果をきちんと受け止め、次の対戦ではもっと熱くなるような試合を見せて欲しいものですsign03

 

 来年こそはsign03 ・・・・・・・必ずsign03・・・・・・・きっと・・・・・・リベンジしてやるぞぉ~sign01・・・・・・・多分・・・・・・絶対・・・・・・・

 

 

 

 

 

|
|

« 第7回 坂井町柔道団体大会結果 | トップページ | 日曜日、もう一つの大会 »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

笑ってはいけないのでしょうが、微笑みながら日記を拝見しました。happy01
その悔しい気持ちがあるから、伸びしろがあるのだと思います。熱くなる気持ちも分かりますが、血圧にはご注意を・・・
試合当日の風景が想いうかぶような日記です。coldsweats01

投稿: カニーマン | 2008年11月17日 (月) 15時05分

カニーマン先生、ありがとうございますsign01
先生、どうぞ笑ってやって下さいcryingcrying
日曜日は、なかなか見応えのある、面白い大会でした。同じ坂井市内の、同じスタイル同士の柔道でしたので、少ないチーム数の大会でしたが盛り上がりましたsign01sign01

応援に来ていた父兄さんも、ライバル心剥き出しで、大きな声援を送っていたんですよcoldsweats01

参加したチームみんなが、このスタイルの柔道で競い合い、そして上で通用できるよう切磋琢磨していって欲しいと思いましたsign01sign01sign01

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2008年11月17日 (月) 16時42分

私は幼児&1・2年の部の審判をしていたので、その辺を中心に見ていました。
内容としては普段の練習の姿勢がそのまま出たと思います。練習で出来ない(thinkやろうとしない)事は試合でも出来ないと言う事です。
その中でもT海は勝つ事は出来ませんでしたが積極的に攻め、単発で終わりがちな攻撃もしつこく連発できていました。これからの試合が楽しみです。
H之の試合は素晴らしかったです。負けはしましたが、K道場のエースRの渾身の寝技を必死に逃げようとし、あわやのところまで頑張りました。練習不足の中、彼らしい精一杯の柔道を見せてくれました。happy02
1・2年の部の優勝した坂井チームは強かったですね。一人ひとりが気迫を前面に出し、次につなぐ意識も見えました。決勝で勝った後は、選手同士抱き合い涙を流して喜んでいました。これからも丸岡にとって手強いライバルですねcoldsweats01
土日はいよいよ醍醐敏郎杯です。体調を整え、全国の強豪相手に丸岡柔道スポーツ少年団の柔道を見せ付けましょう。good

投稿: クリリン会長 | 2008年11月18日 (火) 09時34分

クリリン会長、コメントありがとうございます!日曜日はお疲れ様でした。
僕も会長と同じように、何人かは素晴らしい試合をしていましたし、普段の練習そのままの力が出ていた大会だと感じました。もちろん、良くも悪くもですcoldsweats01
 
いよいよ来週に迫った醍醐敏郎杯sign03 昨年以上の結果を残せるよう、丸岡の今出来る柔道を思いっきり出し切って欲しいです。少しでも長く長野県に留まっていられるよう・・・

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2008年11月18日 (火) 16時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/25411393

この記事へのトラックバック一覧です: 敗戦を受け入れて・・・:

« 第7回 坂井町柔道団体大会結果 | トップページ | 日曜日、もう一つの大会 »