« キッズ柔道交流大会 | トップページ | 一番勝ちたいのは・・・? »

2008年9月29日 (月)

キッズ柔道交流大会 個人戦

 では前回の続き、キッズ柔道交流大会個人戦の内容ですhappy01 僕は個人戦の部は、高学年を中心に観戦していました。ちょうど低学年の試合場とは一番遠い場所からの観戦でした。この大会は、泉弥の試合を少し離れたところから見たかったからです。

 1年生では、Aゆむが不調ながらも相変わらずな強さで優勝してしまっていたり、Sょうが大金星を挙げてきたり、Y成はしっかり相手に向かっていく柔道を見せてくれたり・・・と、見せ場が多かったのですが、反面、自分から組みにいけていない場面や返し狙いの柔道も見られ残念な試合もありました(# ̄З ̄)

 今回、泉弥は予選リーグ2勝1敗で突破することが出来なかったのですが、勝った試合内容は変わりなく好調でしたし、負けた試合もそんなに悲観していませんhappy01 泉弥のリーグは、4人中3人が2勝1敗で並ぶ展開でしたが、内容差での負けでした。

 2年生は、正直言って6年生の試合とかぶっていてあまり見れていないのですが、聞くところによると課題の多い内容だったようですねthink 今の丸岡柔道を見ると、2・3年生は人数が少なく少数精鋭の学年になってもらいたいところなので、今日の経験を糧にしてもらって頑張ってほしいものですsign03 

 3年生K輔は一試合だけ見れたのですが、その試合がとても良い試合でしたshine 八割方決まっている背負投げが出たのに、本当にもったいなかったですwobbly ちょっと自信が持ちきれなかったのでしょうか・・・coldsweats01 でも、あの背負投げのタイミングは完璧だったと思うし、さすがsign01 といった感じでした。

 そして4年生。この日の4年生は、僕が見た中でも一番良かったのではないでしょうかsign02 いつも4年生のことを厳しく書いてしまっていたのですが、今日の4年生は全体的に見て本当に良い柔道が出来ていたような印象でしたhappy01 久しぶりの試合となったR(凌)一やR馬、M徳はすごく良かったと思うし、特にM徳の技はきっとかかるような感じの技になっていましたshine そして、本当に驚いたのがY輝の背負投げでしたcoldsweats02 おそらく自分の1.5倍~2倍ぐらいあるんじゃないかと思うような大きな選手に、しっかり背負投げで1本取ってきましたsign01 きっと本人にとってとても自信になったんじゃないかと思いますhappy01 また、この日はR(龍)一も、超級で初の3位入賞を果し、本人にとってもとても嬉しかったことと思います。この日の嬉しさを忘れずに、更に頑張って欲しいものですsign01 もしかして、あの囲みの成果がでたのかな・・・・coldsweats01

 そしてこの日一番のMVPは、文句なしに女子のR二人、R菜とR佳でしたhappy02 R菜は最近本当に背負投げが巧くなってきていましたし、この日も前に出て先・先に技が出せる試合内容で見ていて面白い試合でした。そしてそれ以上に感動したのがR佳の気迫でしたcoldsweats02 この日のR佳は鬼のように気合いが入っていて、柔道で勝ったというよりも気合いで勝ったという感じでしたsign01 でも、この「気合い」や「気迫」こそが、勝敗を分ける最も大切なことだと思うので、本当に気持ち良かったですhappy01

 逆に、4年生でも重症患者がいましたね・・・sad あえて名前は伏せますが、3名ほどは僕が見たところではかなりの重症なように感じましたcoldsweats01 復活を祈るばかりですthink

 最後は6年生。この日は6年生の中ではY章にとって、一番意味のあるとても貴重な大会になったことと思いますsign01 勝敗ではなく、いろんな意味で本人にとって良い経験となった思います。団体戦であれほどきれいにやられて、恐怖心まで持ってしまった相手に対して、それでも自分の弱い気持ちに打ち勝って立ち向かえたこと、そして実際にもう一度強い気持ちで立ち向かっていけば、そんなに恐怖心を持つほど差なんてないんだということが、はっきり分かったんじゃないのかな・・・と思っています。この大会で、Y章はきっと二周り以上は大きく成長してくれるように感じていますhappy01 今後の成長が本当に楽しみです。

 優弥は、準決勝で負けてしまったのですが、僕は実はそれほど怒りたくも思っていません。負けるべくして負けた試合だったし、優弥にとっても自分の柔道スタイルを見つめ直すには、とても良い内容だったと思っています。ただsign03 一言だけ優弥に言いたいのは、自分が負けて悔しくても、優弥は丸岡スポ少のキャプテンですsign03 まだ他の団員は試合が終わっていなかったのです。なのにキャプテンが下を向いて泣いていては、他の団員の士気が下がります。自分が悔しくても、歯を食いしばって他の団員のために、チームのためにキャプテンの責任を果せるようになってくださいsign03

 試合後、優弥が負けて泣いている時、実は實心館のN先生が何か声を掛けて下さっていました。僕はその様子を遠くから見て、とても柔道の素晴らしさを感じました。上手く言葉にできないのですが、言い方は悪いかもしれませんが、よそのチームの子に、親身になって声を掛けてくださっている姿に本当に嬉しくなったし、感謝の気持ちで一杯になりました。N先生、いつも優弥のことを気に掛けてくださり、本当にありがとうございますsign03 そして、改めて貴重な経験となった今大会を開催してくださりありがとうございましたsign03

|
|

« キッズ柔道交流大会 | トップページ | 一番勝ちたいのは・・・? »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/24127626

この記事へのトラックバック一覧です: キッズ柔道交流大会 個人戦:

« キッズ柔道交流大会 | トップページ | 一番勝ちたいのは・・・? »