« 白山登山 | トップページ | 坂井市青少年柔道講習会 »

2008年8月21日 (木)

練習再開!

 丸岡柔道スポ少の夏休みがおわり、いよいよ昨日から通常練習が再開されましたhappy01 3兄妹も、休みの間はずっと体力を持て余し、兄弟妹喧嘩三昧の日々・・・coldsweats01angry 練習再開の日が来て本当にホッとしていますcatface

 昨日は練習再開初日ということでしたが、出席者が少なかったのが少し残念だったですね。いつもは窮屈な武道館も、この日はかなり広く感じましたcoldsweats01 しかし、練習に参加してきてくれた子達は、夏休みの疲れも感じさせずみんな元気な顔で集まってくれましたnote

 さすがに久しぶりの練習ということで、前半は声が出ずしんどそうなみんなでしたが、徐々に勘を取り戻してくれたようで、なまった体をほぐすには良い練習だったように感じました。

 

 そんな中でも6年生のY章の動きが格段に良かったですshine どうやら全日本少年武道練成大会からの好調をキープしているようで、とても頼もしく感じました。好調をキープ・・・・・というよりも、とうとう獅子の目覚めの時が来たsign01 ということなのかもしれませんねsign03 この日の練習では、連続技を積極的に練習していたりして、乱取りでは課題の内股を、相手を追い込んでビシビシ決めていたりと、本当に絶好調な様子でした。秋の大会が楽しみな大将の目覚めを見ました。また、優弥・K馬も登山の疲れを感じさせず頑張ってくれていたので一安心でした。優弥も、秋に向けて、課題の「相手との間合い」をもう少し意識して身に付けて欲しいと思います。背負投げや、しつこく相手を追い込んでいく柔道は出来ていたような印象でした。

 また、丸岡スポ少の最大の課題・・・・4年生の強化という面でも、昨日の練習は先生方が4年生を熱心にご指導されていたのが印象的でしたhappy01 今はまだ誰が・・・というような抜けた選手はおらず、横一線に並んでいる感じの4年生ですが、僕はこの秋・冬の大会ラッシュが終わる頃には、必ず頭一つも二つも抜けてくる4年生が出てくるような気がしています。もちろん、4年生全体の底上げが出来るのが理想かもしれませんが、でも、抜けてくる選手が現れないことには底上げもできないと思いますので、どの子が抜けてくるかは分かりませんが期待して見ていきたいと思っていますhappy01 可能性を秘めた子は・・・いましたよねconfident

 最後は低学年。この日は低学年も人数が少なく、打ち込みなんかも4年生に混ざって行っていましたが、こうした練習も大切だと感じました。乱取りなどではさすがに体力・実力の差がありすぎてしまいますが、打ち込み・投げ込みは正確な技を練習するには良い機会だと思いましたし、大きい相手を投げる練習にも良いと感じました。

 

 さて、恒例の居残り練習にて・・・・

 この日も泉弥とAゆむが居残り練習を頑張ってくれましたshine まだまだ実力差が大きいのですが、4月の頃に比べると本当に進化してくれたなあ・・・happy02 と喜んでいます。最近では、嫌がらず(怖がらずsweat01)積極的に練習に向かっていてくれていますし、乱取りでも下がらず前に出る柔道が出来るようになってくれました。泣く事も少なくなり(昨日は最後の最後で泣いていましたが・・・coldsweats01)良い練習をしていると思います。

 子供にとって一番厄介なのが、「恐怖心」だと思うのです。なので、この恐怖心に打ち勝つことができるかどうかで、練習の成果や柔道の結果に大きく影響してきます。

 そういう意味でも、ここ最近の二人は成果も目に見える形で少しずつ現れてきているようなので、秋の大会も楽しみが増えた感じです。(あまり期待し過ぎはいけませんが・・・coldsweats01) Aゆむも昨日は、思わず「巧いsign01」と叫んでしまうような技をいくつも出して見せてくれて、さすがF木兄弟だと思いましたhappy01 同じチームに強力なライバルがいて、本当にAゆむには感謝したいと思いますsign03 

 この感謝の気持ちは、是非sign03 大会でAゆむを倒して恩返ししたいと思っていますbleah

|
|

« 白山登山 | トップページ | 坂井市青少年柔道講習会 »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

休み中に身体が一回り大きくなっている団員が何名かいましたねsmileうれしい傾向です。good
4年生にはいつも期待してます。裕さんの言われるとおり、2・3人がレベルアップupすれば、必ずそれが全体の底上げにつながります。早くぬるま湯から脱却する猛者を待ってます。
居残り練習で見せた、裕さんに『巧いsign01』と言わせた歩の技ですが、あれも積極的に技を仕掛ける中で彼自身がタイミングを掴み、自然に身体が反応したんだと思います。泉弥が歩から一本取った場面も。腰を引いて守ってばかりでは何も掴めません。二本持って先に先に仕掛けていけば、きっと何かがeyeglass eye見えてくるのではないでしょうかsign02 Y章も何かが見えたのかも・・・

迷わず行けよsign01 行けば分かるサァsign03

投稿: クリリン会長 | 2008年8月21日 (木) 17時31分

アントニオ猪木さんが言った名言ですねhappy01 
「この道を行けばどうなるものか。危ぶむなかれ。危ぶめは道はなし。踏み出せば、その一歩が道となり・・・」
というヤツですねhappy01 僕も大好きですconfident

二本持って先に先に・・・、腰を引いて守ってばかりでは何も掴めない・・・。会長に言われて改めて柔道の醍醐味はここにあると思えてきました。
泉弥は、Aゆむたち凄いライバルに恵まれて、4月から新たな一歩を踏み出してくれました。そしてY章も・・・。新チームも6年生を中心に良い練習の雰囲気を作ってくれるようになりました。
だからこそ・・・予感がするんですよねhappy01 この波に乗って4年生の中から大化けして抜け出る子が出てくるような予感が・・・wink 期待して見てみたいです。

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2008年8月21日 (木) 17時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/23129917

この記事へのトラックバック一覧です: 練習再開!:

« 白山登山 | トップページ | 坂井市青少年柔道講習会 »