« ツーリング紀行(山梨編) 2 | トップページ | 県強化指定選手 »

2008年8月31日 (日)

県スポ少大会

Photo 今日、坂井町武道館において「福井県スポーツ少年大会(柔道)」が行われました。この大会は毎年この時期に、県内各地の柔道スポーツ少年団の子供達が集まって交流試合を行っていますが、今年も多くの少年団チームが大会に参加していましたhappy01 丸岡は、昨年小浜大会不参加でしたので、2年ぶりの参加となりました。

 4年生以上で7人制団体戦を行うのですが、試合も2試合のみで勝ち上がり等の勝敗もありませんので、どちらかというと親善の意味合いの強い大会となっています。構成は、4・4・5・5・6・6・6年という構成で行われました。

 丸岡スポ少の子供達も、4年生以上の子供達全員参加となり、日頃なかなか試合に出れない子にとっても良い経験の場となりましたshine

 A・Bの2チームがエントリーし、それぞれのチームが2試合ずつ行いました。丸岡は7人制団体戦ともなると、メンバー構成上どうしても4年生が学年上の子達と試合をしなければならなくなりますが、逆に言えば良い経験となるので4年生のみんなは是非こういう機会を生かして欲しいと思っていました。また、団体戦では後半の6年生のところまで勝負を持ち込めるかが大きなポイントとなるので、その辺りも見所ではありました。

Photo_2 まず最初に試合を試合をしたのはBチームでした。いきなり初戦がつるが煌輝柔道塾さんということで、普段練習していることが少しでも試合ででてくれれば良かったのですが、さすがにつるがさんの高学年は層が厚く、美希弥も5年生の県強化選手相手に秒殺で終わってしまっていましたsweat02 前半4人であっさり勝負がついてしまい、4年生5人で臨んだので仕方ないと思う反面、あっさりやられすぎ・・・sweat02とがっかりもしてしまいました。同じ負けでも、自分の技一つも出せないで、「はじめ」の合図と共に後ろに下がるのは・・・annoy 美希弥の悪いところだと思いました。

 気持ちを切り換えて、次の試合は豊さんとの試合でした。五将R菜は、動きがよく積極的な柔道を見せていて、初戦とは違った動きでよかったと思いましたが、中堅の美希弥はまたしても秒殺・・・annoy 相手はやはり5年生で、体も大きかったのですが、だったら尚更、技を出してやられろsign03 と思いましたが、2試合とも一つも技が出せずの秒殺annoy 何も言うことがありませんでしたimpact

  

Photo_3 一方、Aチームの方は初戦が朝日さんとの試合でした。この試合は相手チームが副将・大将不在で、優弥とY章は不戦勝となりましたが、丸岡課題の前半戦で見せ場を作ってくれましたshine 先鋒・次鋒のR佳とY輝が良い動きで試合をしていたと思いましたshine 二人とも積極的に技を出して前に出るようになっていたし、大きな課題の一つである粘りもあったように写りましたhappy01 体格的には小さい二人ですが、気持ちさえ強く持っていれば必ず勝負になると思うので、今日の試合を自信に頑張ってもらいたいですsign03 結果は6-1での勝利でした。

 2試合目は鯖江さんとの試合でした。ある意味、丸岡の「「団体戦のチーム力」」を見せられてしまった試合だったと思いますsweat02 ちょっと反省の残る団体戦だったのではないでしょうか・・・。昨年からずっと言われているところですが、あと一歩が勝ち切れない・・・。こういうチーム力というものが大きな課題として見えました。

 例えば今日の鯖江さんとの試合では、結果的には3-3の引き分け。3-3の内容も全く同じ1本でした。しかし、この試合は確実に勝たなければならない試合です。同じ3-3でも、団体戦では1本負けと優勢負けでは勝敗が分かれてしまうほどの違いとなります。もちろん、星勘定を計算した試合をする・・・ということではなく、上手く言えないのですが一言で言うと、「あっさり負けすぎ」といった感想です。今までの団体戦でも言われていることですが、接戦に弱い。最後の最後で勝ち切れない。例えばチームの勝敗自体の掛かった試合だというのにあっさり1本を取られてしまうのは、やはり団体戦勝利に対する気持ちが持てていないからだと思うのです。そういう気持ちの部分が大きいような気がしました。

 今日の試合では、先鋒・次鋒が取られたのですが、M紀が取り返し1-2。このM紀の1本勝ちは格好良かったですhappy01 団体戦の結果を左右する大きな勝利でしたしね。そして次のSょうは惜しい内容でしたが、結果的には大外1本負け。後がなくなりました。しかし、ここからは勝負所の6年生3人で応援する側も気合いの入ったところでした。しかし、K馬が引き分けで勝利がなくなりました。勝敗の掛かった勝負所の試合は難しい点がたくさんありますが、そういった気持ちの勝負になるところは団体戦の醍醐味でもあると思います。その後、優弥・Y章がしっかり1本取ってきて、かろうじて負けはしませんでしたが、反省の残る団体戦の内容でした。

 

 さて、いよいよ今日で夏休みも終わりですhappy01 今更宿題で大慌て・・・ということはないと思いますので、明日から新学期と共に柔道の方でも心機一転、秋の大会に向けて頑張って行きたいものですsign03sign03

|
|

« ツーリング紀行(山梨編) 2 | トップページ | 県強化指定選手 »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

県スポーツ少年大会お疲れ様でした!うちの少年団は参加しませんでしたが、参加された丸岡さんや他の少年団のチームも今日の試合をした事で、課題等を見つけ克服してこれから後半戦となる試合や練習試合等に向けて頑張っていくでしょう。うちの少年団は11月まで試合がないので、丸岡さんや他のチームに負けないよう頑張りたいと思います。また、合同練習等で一緒になりましたらどうかご指導の程よろしくお願いします。最後に、この間クリリン会長さんが私の日記にコメントして頂きありがとうございました!

投稿: 越前市柔道スポーツ少年団・湧口 | 2008年8月31日 (日) 22時15分

湧口先生。越前市が参加されなかったので淋しかったですweep 試合後の練習会ででもお手合わせ願いたかったので。
次の機会(県の合同練習ですかね?)にはどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: クリリン会長 | 2008年9月 1日 (月) 15時40分

湧口先生、コメントありがとうございます。日曜の大会、越前市スポ少さんがおられなくて残念でしたweep
先生のおっしゃられるとおり、大会では「団体戦での気持ち・心構え」というような課題が、顕著に出た試合だったと感じました。これをどう受け止め、そしてどう克服していくかを楽しみに見ていきたいと思っています。

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2008年9月 2日 (火) 15時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/23380927

この記事へのトラックバック一覧です: 県スポ少大会:

« ツーリング紀行(山梨編) 2 | トップページ | 県強化指定選手 »