« 保護者親睦会 | トップページ | 嫌いなもの »

2008年7月 1日 (火)

親子ふれあい事業

 土曜日ネタの第3弾sign03 本当に土曜日は忙しい1日となりましたsweat01 この日の午前中は、小学校の「親子ふれあい事業」として、6年生の児童と親が集まり親子ふれあいの行事がありました。

 優弥も楽しみにしていたようなので、この日は仕方なく午前中に付き合ってあげることにしましたhappy01 

 この行事、なにやらスポーツをして親子で汗を流すというイベントらしいのですが、何をするかは子供にも詳しく伝えられていなかったようで、僕としても一体何をさせられるのか、とても恐ろしいsweat01 思いで学校へ向かいましたwobbly

 結論から言うと、案の定恐ろしい行事sweat01で、恐ろしい競技をさせられる羽目になりましたcrying しかも世のお父さん方というものは、このときばかりは子供にとって格好良いお父さんにならなければならないという、強迫観念のようなものがあるようで、どのお父さんも子供以上に勝敗にこだわった必要以上のパフォーマンスを見せようとするものですcoldsweats01 (その点お母さんは、あまりそういうことにムキになられる方は少ないように思いますconfident) この日、おそらく僕は最年少父だったと思うし、普段から少しは体を動かしてはいますので、怪我や筋肉痛といったものは心配ありませんし、スポーツするのはどちらかといえば好きな方なのでまだ大丈夫でしたが、それでもこの日の競技メニューは、かなり子供向けの恐ろしい殺人メニューだったように感じましたdanger 

 中でも特に苦痛だったのが、5色綱引きと大綱引きですcrying どちらも体にとても悪い種目です。その上、いくら小学生とはいえ6年生ともなるとみんな力もあり、何より真剣に勝敗にこだわりますimpact 甘く見ているとこちらが酷い目に遭うのですcoldsweats01

 優弥も真剣に汗をかいて、かなり疲れていましたので、思わず、

 「午後からの合同練習に、体力残しとけよなsweat01

 と、心配になってきました。でも、子供の真剣な姿はやはりどんな競技でも微笑ましいものですconfident みな小学生の子供らしく、勝敗にきっちりこだわり、負けにはとても悔しがり、勝ちには本気で喜んでいる。何か、柔道を離れてとても新鮮な感じを受けましたshine

 

 この日は学校の行事に久しぶりに参加したような気がしますが、たまには良いものかもしれませんねhappy01

|
|

« 保護者親睦会 | トップページ | 嫌いなもの »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/21939098

この記事へのトラックバック一覧です: 親子ふれあい事業:

« 保護者親睦会 | トップページ | 嫌いなもの »