« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

保護者親睦会

 敦賀市スポ少・川口道場・丸岡スポ少の合同練習が終わった後は、夜から保護者会恒例の保護者親睦会が行われましたnotes 今回は焼肉パーティということで、否が応にも腹の虫が疼きましたdelicious

 今年度も保護者会会長のご努力で、たくさんの保護者の皆様にお集まり頂いての開催となりましたshine ご参加くださいました保護者の皆さん、本当にありがとうございましたsign03 また、開催に当たり準備をしてくださった会長はじめ保護者会の皆様、本当にお疲れ様でしたsign01あれっsign02 確か僕も保護者会役員だったような・・・sweat01 何も協力できずにすいませんbearing

 特に今回は、僕の中ではとても重要な親睦会だと思っていましたので、このようにたくさんの保護者の皆さんに集まっていただいたということは、それだけで意味のある会だったように感じていますnote 保護者会が一致団結しなければ・・・rock この思いが強かったです。

 今回の親睦会は合同練習の後ということで、話題ももっぱらそちらの話しがメインとなり、そして十分にアルコールが入るといよいよ恒例の熱い激論バトルに突入しましたcoldsweats01 おそらくこの日食べた、熱々の石焼ビビンバよりも熱いハート♡だったのではないでしょうかhappy01 みなさんの熱気でビールbeer が十分ぬるくなってしまっていましたね。(実は僕の熱気が一番ビールをぬるくしてしまったのですが・・・sweat02

 僕はこの日に特に感じたのですが、このように熱い、そして子供たちのことをよく理解してくださる指導者の先生方と、そしてこのように明るい保護者の皆様がそろった丸岡スポ少は、何も心配しなくてもきっと良いチームになっていくだろうと感じました。

 この会で、これから先のスポ少の活躍は約束されたものと思いますsign03 みなさん、本当にお疲れ様でしたhappy01 先生方、これからも熱いご指導よろしくお願いしますsign03 

 

 最後に・・・ 、いろいろこの日の親睦会で、みなさんに悪さをしてしまいましたがsweat01(油を人の手につけてしまったり・・・sweat01 アイスや石焼ビビンバを横取りしてしまったり・・・sweat02 etc・・・) 本当に申し訳ありませんでしたcoldsweats01 ほんの茶目っ気virgo なのでどうかお許しくださいませbleah

 

 本当に最後に・・・coldsweats01 Aゆむ君の母上様へsign03 泉弥には必ず優勝してもらいますからsign03sign03 いつの日か・・・必ず・・・絶対に・・・どうしても・・・どうにか・・・

 でも、どうしたらAゆむ君に勝てるようになるのでしょうか・・・・sweat02。ま、めげずに頑張ろうっとhappy01  とにかく同じ団の中に強敵がいることを感謝して、勝てるようになるまで付きまとってやろうと考えていますsmile これからも泉弥のお相手、よろしくお願いいたしますsign03

| | コメント (9) | トラックバック (0)
|

2008年6月29日 (日)

合同練習 全体乱取り編

 前回の続きです。合同練習の最後は、全学年揃っての乱取り稽古で締めくくりました。ここでも、Mなぶ先生の大きな檄が飛びかうような、まさに個人個人の練習内容に差が出た乱取りとなってしまったようでしたsweat01

 これは特に低学年で見られ、以前からブログの中で書いてきていることなのですが、高学年の意識の変化に低学年がまだついて来られていないということなのでしょう。やはりこのような折角の合同練習という場であるにも関わらず、同じチーム同士でいつもと同じように乱取りしている子供が多いのも丸岡でしたし、相手を見つけるのにもいつも余ってしまうのも丸岡の子供でしたsweat02

 また、逆に今自分が捕まえて乱取りしなくてはならない相手を、積極的に何度も捕まえに行く姿を見せてくれた子もおり、その点では意識の伝わってくる子も何人かはいましたshine

 総合してみると、4年生が特に意識の高い子とそうでない子の差が少しずつ結果・内容ともに出てきているように感じます。

 高学年(5,6年生)の乱取り稽古は、3チームとも「さすがは高学年sign03」と思わせる、自ら意識の高い練習が出来ていたようなので、とても活気が感じられましたnote じっくり見ていなかったのですが、それでも熱気が伝わってくる感じでした。

 ここ最近を見ると、K先生の娘さんがとても強くなられたと、正直たいへん驚いておりますcoldsweats02 この日もとても力強い選手に成長されている姿を見てとても感心しました。

 また、丸岡の高学年がこのように意識の変化・成長を見せてくれた事はとても重要なことであり、マルちゃん杯の敗戦も無駄ではなかったのか・・・と思わせてくれましたし、やはりこうした他団体との合同練習が大きく影響しているのだと感じましたhappy01

 まだまだその意識の変化が、団全体に広がるには時間がかかるように感じましたが、きっと6年生の変化は、いずれ低学年にも必ず伝わるものだと思います。そういう意味では団の成長にこれから大きく期待の持てる変化だと思いますflair

 

 また、この乱取りでは3兄妹が揃ってカニーマン先生に組んで頂き、熱いご指導を受けていましたshine 先生は他にもたくさんの子供と手を合わせてくださっており、その体力と熱心さにとても驚きました。3兄妹は、みな伸び伸びと練習をしているようで、先生のご指導が本当に上手いんだなあと思いました。本当にありがとうございましたsign03

 

 土曜日の練習は丸岡スポ少にとっては、大きく成長をさせてくれるきっかけのようなものになったと感じています。この練習で学んだことや感じたことを、これからの練習で是非生かしていって、先生方のご恩に応える結果を残していって欲しいものです。

 最後に、練習終了後はアイスクリームまでいただきまして本当にありがとうございましたsign01 重ねての御礼になりますが、土曜日は何から何までお世話になりまして、本当にありがとうございましたsign03 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

敦賀・川口・丸岡合同練習会

 土曜日の午後から、敦賀気比高校柔道場にて敦賀市スポ少さん・川口道場さん・丸岡スポ少の3チームで合同練習が行われました。今日の合同練習は、僕自身非常に楽しみにしていた合同練習会でしたhappy01 カニーマン先生にお会いできる日でもあったからですhappy01

 まずは移動中の車内にて・・・。少し峠を攻めすぎたのでしょうか・・・coldsweats01 敦賀市に入った頃にはK馬が車酔いをしてしまったようですsweat01 練習前に申し訳ないことをしてしまいました。でも、お陰で2時過ぎには会場入りすることができましたnote

 校内に入って早速、敦賀市スポ少の先生方にお会いしてご挨拶をいただきました。そこで、カニーマンさんはどっちだ??という風に、必死に右腕の刺繍を探しましたが、見つかりませんでしたcoldsweats01 しかし、どの先生方もとても温かく丸岡の子供たちを迎えて下さり、本当に嬉しかったですsign03

 敦賀市スポ少の保護者の皆さんも、とても温かく接していただき、そしてこの合同練習会に当たり、本当に色々な準備をしてくださっており、丸岡の保護者会も見習わなければならないと感じましたsign01 本当にありがとうございましたsign03

 武道場に入り準備運動がはじまると、ここでなんとカニーマン先生cancer が僕たちのところに来てくださりました。本当に「カニーマン」の刺繍が右腕についており、とても感動しました。本来ならこちらからご挨拶に行かなければならないところを、わざわざ先生のほうから来てくださりとても恐縮しておりますdash でも、一目見て少しお話しをさせて頂き、また、練習の様子を見ていて、情熱のある素晴らしい方だと感じましたshine

 今まで、こうして多くの少年柔道をご指導頂いている先生方にお会いできましたが、どの先生方も子供たちに対して厳しく温かい情熱を持った方ばかりで、改めて柔道の素晴らしさを感じます。敦賀市の先生方も、とても温かい先生方ばかりで感動しました。

 

 では、練習内容を。準備体操・各種打ち込みのあとは、高学年・低学年に分かれて、低学年(4年生以下)は練習試合、高学年は元立ち稽古をしました。

 

 低学年の練習試合は、丸岡の課題がたくさん出てしまった試合が多かったですねsweat01 丸岡は、まずは敦賀市さんとの試合では、R菜・Y輝・美希弥・Sょう・M紀・R一の6名が出ました。次の川口道場さんとの試合では、R佳・R馬が出ました。

 課題というのは、ズバリ積極性sign03 相手にビビらない気持ちsign03 普段の練習の内容が、こういう試合になると特に顕著に現れますangry 勝ち負けはその時により様々です。でも、良い内容の練習をしている子とそうでない子の試合は、試合内容に確実に見えてきますよね。

 我が子美希弥を例にとって見ると、最近の練習でも少しずつどん底からの階段を昇ってきてくれているようではあるのですが、本調子には程遠い内容でした。でも、どんなに不調な時期でも上手くいかない時期でも、僕は常に

 「自分の技を返されて負けるのは100回負けても良いから、相手の技にビビッて負けるな。」

 と言い続けていました。あまり理解はしてなかったのでannoy中途半端な技を返されて負けるという悪い内容になっていましたが、それでも昨日の練習試合では少し改善されてきているように感じました。まだまだpout の内容ではありましたがsign03

 4年生8人にそろって言えることでですが、後一歩の踏み込みができません。技に入っても、その後追い込むことをしていません。これでは返されます。だから怖くて中途半端な技になってしまいます。悪循環ですよね。また、技を出せない子もいました。これは反省しなければならないことです。

 こういった、練習や柔道に取り組む姿勢・気持ちというのは、すぐには結果に見えなくても、内容には必ず見えてきますし、そして将来必ず大きな差となって結果に表れるものだと思っています。

 次に1,2年生の練習試合を川口さんと丸岡とで行いました。ようやく待ちに待った対戦機会note を先生方からいただきました。そうですsign01 泉弥とMちゃんの試合ですsign03 やっぱりMちゃんは強かったですねぇsweat01 泉弥もかなり成長してこの試合を迎えたはずですが、でも上手くいきません。やはりこれからも、Mちゃんに置いていかれないように更なる成長をしてもらわなくてはなりませんsign03

 1,2年生の試合は、良い試合がいくつか見られました。悪い試合もいくつか見られました。これもやはり、普段の練習という事でしょうか・・・・sweat02  

 

 一方もう片方では、5年生以上が元立ち稽古で良い練習を見せてくれていたようです。敦賀市の先生方がとても熱心にご指導してくださり、本当に感謝しています。

 そしてこの高学年の練習で感心したことは、声出しです。川口道場さんの高学年の練習の雰囲気作りはとても素晴らしく、また、その雰囲気が低学年に確実に伝わっていました。見習わなければならないことだと強く感じましたshine 川口道場のRキャプテン。本当に素晴らしいキャプテンに成長しましたね!感心しました!!

 

 では、書くことが多すぎて長くなりましたので、とりあえずこの辺でcoldsweats01  全体乱取りの様子はHA○E監督の血管がたくさん切れた内容sweat01sweat01 でしたので、次回にまわしますsweat01

 監督が丸岡に帰った後、ぼそっと一言。「今日は、勝雄さん来なくて本当に良かったわcoldsweats01 来てたらぶっ倒れてますわ。」

 本当ですcoldsweats01 

 

 土曜日は、敦賀市柔道スポーツ少年団の先生方・保護者の皆さん・子供達、川口道場の先生・保護者の皆さん・子供達、本当にありがとうございましたsign03 とても素晴らしい練習をさせていただきました。これからもお互いの道場・福井県柔道の発展のため、切磋琢磨していきましょう。よろしくお願いしますsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年6月28日 (土)

金井学園との合同練習 第2弾

 今日の練習は、先々週に続いて金井学園ジュニアの子供たちが練習に来てくれましたsign03 今日もたくさんの子供たちが練習に来てくれましたshine 本当に感謝しなければなりませんよね。丸岡の子供達も、金井学園ジュニアの子供たちが練習に来てくれると、本当に良い練習になりますし、いつも以上に気合いの入った練習を見せてくれますup

 今日の練習も良かったですよねぇshine 乱取り稽古は特に力が入りましたsign03 凄いですよね、子供達のエネルギーはsign01 僕は泉弥の稽古に夢中になってしまいましたが、時折高学年に目を移してみると、高学年も気合いが入っていた様子で良い練習を見せてくれていました。

 でも、少し厳しい目で見てみると、丸岡スポ少の子供達の中にも、だんだん柔道に対する意識の高い子とそうでない子の差が表れてきているような気がしてしまいましたsad 今日は、折角金井学園ジュニアの子供たちが来てくれる機会だったのです。強い子を見つけて捕まえに行く子や、苦手なタイプと何度も練習する子、自分がやらなければならない相手を積極的に捕まえにいく子が見れた反面、その有意義な練習を十分活用できていない子も、中には見えました。このことが、今日少し残念だったところでしょうか・・・sweat02

 これは高学年・低学年とも同じですdash でも、それじゃいけないんですよねsweat01 丸岡スポ少は、30本の矢となって皆が同じ意識と目標を持って練習していかなければならないはずです。いまこそ、6年生の出番ではないでしょうかsign03 今日も6年生の中には、声を出して頑張っている子や出させようとしている姿、遊んでいた低学年を指導する姿を見せてくれましたshine 素晴らしい進歩です。でも、ここでもうひと頑張りsign03

 みんなで強くなっていかなければ意味がありません。6年生の進歩と、低学年の中にも意識の高い子が育ってきてくれた事に喜びを感じつつ、これで満足することなく更にパワーアップしていってくれる事を期待したいと思わせる、今日の合同練習でしたsign01

 

 今日も遠いところから金井学園ジュニアの子供達や先生方、ご父兄の皆様にお越しいただいて、本当に中身の濃い練習をさせていただきましたsign03 本当にありがとうございましたsign03

 

 最後に・・・happy01 今日は泉弥も頑張ってくれていましたsign01 強敵に何度も向かっていく姿勢も見られ、何より足捌きが格段に良くなっていましたshine 確かに金井学園のライバル達に幾度となく投げられていましたが、それでも少しですがレベルアップしたようで、僕的には嬉しく感じています。今日のような練習を、これからも続けていって欲しいものです。

 練習終了後には、恒例の居残り練習での風景、Aゆむ君対泉弥の乱取り稽古も良かったですし、優弥もM原先生にしごいてもらっていたり、Y章君と中身のある練習をしてくれていたり、また、今日は何の気まぐれか・・・、美希弥までもがTおる先輩に受けてもらっていました。本当にありがとうございましたsign03

 

 今日の勢いを明日の合同練習にも繋げていってほしいと思います。

| | コメント (15) | トラックバック (0)
|

2008年6月27日 (金)

早くも半年が!

 僕がこのブログをはじめてから、早くも半年が経ちましたcoldsweats02 昨年12月末、何を思ったかsweat01 無謀にも「丸岡柔道スポ少応援日記」なるブログを書き始める決心をしました。今振り返ると、半年前の当時は本当に無謀で無計画な状態のままスタートを切ってしまったように思いますcoldsweats01 中途半端で終わってしまったらどうしよう・・・なんて考えてもみなかったですねsweat01 本当に恐ろしいほど無計画な僕でしたcoldsweats01

 僕がこのブログを開設するにあたっては、川口道場さんの「川口道場・志ノート」の影響が大きかったですね。管理者赤ペン先生の素晴らしい柔道観と情熱に心打たれるようになり、応援日記の開設のきっかけを頂きました。そういう意味では、この応援日記の生みの親は志ノートになるのかもしれませんねflair

 しかし、最後に開設に踏み切る一歩を踏み出させてくれたのは丸岡スポ少の子供達の姿でした。保護者会会長をしていた当時、一生懸命柔道に取り組んでいる子供達や先生の姿を見て、でも勝てない歯痒さから、「何が足りないのか・・・?」と考え、保護者会の協力が不可欠だと思いました。子供達だけに

 「がんばれsign01 気持ちを強く持てsign03

 と言うだけで、自分は何をしてあげているのだろう・・・と考えた時、正直、反省することが多かったですね。なので、

 子供達や先生方の手助け・・・なんていう立派なものではありませんでしたが、子供達・先生方・保護者・・・、みなが楽しく同じ方向を向いて丸岡柔道スポ少に携わっていく場を作りたいsign01、そんな気持ちが大きかったように思います。

 

 正直、ここまで続いていくなんて、飽き性の僕の性格では考えられませんでしたdash 自分でも驚いているぐらいですcoldsweats01 当初の目標にしていた「みんなのコミュニケーションの場にしたい」という点では、このブログも大きく成長してくれて、本当に皆さんから愛されるブログになってくれたと感謝しています(自分で言うなよな・・・coldsweats01

 やはりこんなにも続けてこれたのは、見てくださってる多くの方々の応援や励ましがあったからだと感じています。大会の会場などでいろんな教室の先生方や保護者の皆さんにお会いする度、

 「いつも見ています。

 「凄いですね。

 「頑張ってください。

 などの温かい言葉をたくさん掛けて下さいました。また、ブログ初心者の僕でしたから、機会があると赤ペン先生にブログの使い方を教えていただきましたnote 僕にとっては大きな原動力になりました。ちょうど燃料補給のようなものでしょうかhappy01 お陰でいつも燃料は満タンの状態でいることができましたfull もちろん、子供達の頑張る姿は「ハイオク」級の燃料になりましたshine 

 皆さん本当に長い間、このブログを応援してくださりありがとうございましたsign03 

 めでたし、めでたし・・・・・confident

 

 ・・・・sweat01sweat01 危うく最終回になってしまうところでしたsweat01 残念ながらまだまだ続きますsign03 僕の燃料タンクが空にならないうちはずっと続けていきたいと思っていますので、これからも変わらず応援をよろしくお願いしますsign03 (最近の原油高が少々心配ですが・・・coldsweats01) 次の目標は、更なるブログの成長と子供たちが目に見えて活躍できるようになってくれることですね。あと、僕的にはこのブログの丸岡柔道スポ少の公式HP昇格を、密かに狙っていますbleah

 みなさんのご意見・ご感想・想いなど、これからもコミュニケーションをどんどん広げていけたら良いな・・・と思っていますので、これからも応援よろしくお願いしますhappy01

 目指せsign01 20000アクセスnote

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年6月26日 (木)

いよいよ週末は・・・

 いよいよ今週末は敦賀市柔道スポ少さんと川口道場さんとの合同練習ですnote そしてその日の夜は、丸岡柔道スポ少の保護者親睦会notes 忙しい週末になりそうですが、その分楽しみな気分で一杯ですupup

 風邪からも完全復活し、いよいよ夏に向けて絶好調になってきましたsign03 (僕だけが絶好調になっても困りもんですが・・・coldsweats01

 でも、なぜか夏が近付くとワクワクした気分になってきますよねhappy01 これで子供のように夏休みでもくれると最高なのですが・・・coldsweats01

 

 敦賀市スポ少さん・川口道場さんとも、合同練習をするのは随分久しぶりのように感じます。敦賀市柔道スポ少さんは、僕の小さい頃からずっと県で1・2位を常に争っている実績のある名門チームshine で、新しい船出となられた今年も「古豪復活」ということをおっしゃられていて、とても恐ろしい存在ですし、川口道場さんも近年では、県上位の成績を常に残してきている強豪チームshine になられましたsign03

 どちらも丸岡柔道スポ少にとっては、目標として学ぶことの多いチームですsign03 是非とも子供達には、この合同練習で一つでも多くの事を学んで、自分達の柔道に活かして行って欲しいものですsign03

 ただ、丸岡柔道スポ少の子供達には、それに臆することなく、自分達のやってきた「丸岡柔道」というものに自信を持って練習に参加して欲しいと思います。丸岡柔道スポ少の柔道スタイルというのも、他チームにはない素晴らしい柔道をしていると思っています。

 最近、W会長(クリリン会長と保護者会会長)から頂いている、過去の大会のDVDを何枚か見返したのですが、どの大会のどの子の試合も、しっかり2本持っての柔道ができていましたshine 負けても投げられても、それだけは変わっていませんでした。とても良い柔道だと思います。

 確かに、「もっと組み手を厳しくいけよsign01」と思ってしまうところもあるのはあるんですが、組み手ばかりにこだわってしまうのも良くないですし・・・、難しいところではあるような気がしますcoldsweats01 

 逆に組み手十分なのに技が出ない歯痒さもあります。組み負けて負けることも多いのですが、自分がしっかり組んでいても何も出来ない(しないsign02)試合も目立ちました。

 こうして過去の大会の様子などを見ていても、総じて丸岡スポ少の子供達には、気持ち(心)の強化が必須ですsign03 他チームの柔道に対する気持ち、取り組みを是非感じて欲しいと思います。

 

 そして合同練習が終わると、夜からは保護者親睦会が行われます。この行事は、保護者間の親睦と先生方との意見交換の場として毎年この時期に開かれていますが、この親睦会も今年は特に重要な意味を持つのではないかと思っています。

 この会が、保護者・先生方の繋がりと意思疎通、そして子供達のために何が出来るかを考え、話し合う場として是非意味のある会になれば良いな、と感じています。僕は最近、大人も同じように子供の柔道に夢中にならなければ、団の発展はないと考えるようになってきました。(僕みたいに夢中に熱くなり過ぎるのも考えものですが・・・sweat02) ですから、保護者会と保護者の皆様が、側面からしっかり子供達を支え、そして先生方をサポートしていくことは、団の発展と子供達の柔道環境を考えれば必要不可欠ですsign03

 幸い、丸岡スポ少の保護者の皆様は、団活動と保護者会活動に対し、いつも温かいご理解とご協力を下さる方ばかりです。今年度も、この親睦会を通じて一人でも多くの保護者の方がご参加くださり、そして更に結束を強固にしてこれからの団活動を支えていける足場に出来たらな・・・と願って止みません。

 みなさん、忙しい今週末、頑張っていきましょうsign03

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年6月25日 (水)

3兄妹の父、敦賀へ出張する

 私事ですが、今日と明日の二日間、僕は敦賀市へ出張することになっていました。病み上がりですが体調は万全sign03 気分陽々で電車に乗り込みました。

 う~んwink 電車での通勤・帰宅なんて・・・まるで都会人みたいではありませんかhappy01(でも、根っからの田舎人の僕は、電車に乗るだけで何故かワクワクした気分になってしまいましたがcoldsweats01) 電車に揺られながら、気分は何故かハイテンション!すっかり都会の人の気分でしたhappy01 

 出張の用向きは、「原子力防災講座」というものへの参加。職場の中でもたいして偉くもなく、かといって若造でもない僕のような中途半端な立場にいると、このようなものによく行かされてしまいます。

 眠い講義coldsweats01 もようやくおわり、いよいよ帰宅の電車に乗り込みました。

 

 帰りはちょうど、丸岡スポ少の練習終了時間に間に合う感じでしたので、団の子供たちが梅雨のうざったい季節を元気に乗り切れるように、甘いドラ焼きを買って帰る事にしましたsmile

 団の子供達は、みんなきちんとお礼を言ってくれましたので、とても気持ちよく、そして買ってきて良かったsign01 という気持ちになれましたnote

 今日の練習はあまり良く見ることができませんでしたが、欠席者も何人かいたようで少し心配になりましたが、本当に心配していたTちゃんの元気な姿を見ることが出来ただけでも、来て良かったと思う事ができました。

 

 丸岡スポ少も、金曜日は金井学園さんが練習に来てくださるようですし、土曜日の合同練習、来週は坂井町さんも練習に来てくださるそうで、本当に充実した練習になりそうですね。

 僕は僕で、そんな活気が出てきた丸岡スポ少の練習に負けないように、明日もまた電車で都会の雰囲気を味わいつつ、眠い講義をやっつけてきたいと思っています!!みなさんも、体調管理には十分注意され、熱い丸岡柔道を展開していきましょう!!!

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2008年6月24日 (火)

ノックダウン

 私この度、風邪hospital をお召しになりましたcrying いや~sweat02 風邪なんてひくのは何年振りでしょうか・・・dash かなり酷い目に遭いましたbearing 熱が急に38.7℃まであがり、しかも体中がダルイ・・・sweat02 う~ん、でも、熱があっても食欲だけはあったので、少しは直りが早かったようですcoldsweats01

 風邪のおかげで「応援日記」もしばらく更新できずに、余計に歯痒い思いをしましたが、しかし昨日辺りからようやく復活してきてくれたので、これからはいつもどおり熱い日記を書き綴っていきたいと思いますsign03

 ま、優弥も風邪気味でしたし、大事な合同練習・県大会を前に、優弥の風邪を貰い請けて罹ったようなので、そういう面では運が良かったのかもしれませんねcoldsweats01

 その分、優弥には是非とも活躍してもらわなければ困りますsign03 もし、ショボい内容の柔道でも見せてくれようものなら、風邪をうつし返してやろうと思っていますannoy

 

 という訳で、親子共々全快に復活しましたので、今後の活躍を期待して見ていきたいと思います。

 

 団の子供達、先生方、父兄さんも、梅雨への季節の変わり目です。風邪などには十分注意していただき、夏に向けて熱い丸岡柔道を展開していきましょうsign03 

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2008年6月19日 (木)

意識の変化

 昨日の水曜日の練習、やはり丸岡スポ少の子供達(といっても6年生が主だが・・・)に少しずつ変化が現れてきているように感じましたeye 先週の金井学園ジュニアさんとの練習から少し気がついたのですが、6年生の意識の変化というものが少しずつ練習態度に表れてきているような気がするのです。

 これを「意識改革」と、大げさに呼べるようなものではまだないかも知れませんが、でも確実に変わってきていますよねぇhappy01

 特に変化が見られると思う点は三つありました。まず一つ目は疲労度です。昨日の練習では、寝技の打ち込み・乱取りから見ていたのですが、練習が終わった後の休憩時間の団員の姿が大きく変わっていました。

 いつもなら休憩時間になると楽しそうに走りまわって鬼ごっこcoldsweats01 などをしている団員達。

 「おいおい、今までどんな練習してたんだよ・・・annoy

 と、思わず突っ込みたくなるぐらい元気に遊びまわっていますsweat01 でも、特に昨日などはみんな(特に6年生)、寝技が終わった瞬間に疲れきった表情で座り込んでしまっていました。優弥なんかは、下窓の風の当たる場所で寝込んでしまっていました。練習最後の乱取り稽古もそうでした。いつもなら乱取り10本近くこなしても平気な顔をしていた子供たちが、昨日は乱取り数本もすると、もう身体も動かなくなり声も出なくなってきていました。みんな真剣に練習に取り組んでいるように見えましたshine

 

 もう一点はです。このような練習で声が出なくなってきている団員を、6年生が率先して大きな声を出したり、出させたり。上級生の自覚が出てきたのか・・・。まだまだ低学年にその想いが伝わるところまでは行っていないかもしれませんが、それでも低学年も6年生に励まされて声を出そうとしている姿が印象的でした。

 最後は6年生の意識です。6年生同士の乱取りでも、Tおるが闘志剥きだしで勝負していたり、Y輝が積極的に技を出しに行っていたり、K馬が率先して中学生にお願いしに行っていたり・・・。キャプテン・副キャプテン以外の6年生もキャプテン・副キャプテンと同じような気持ちで練習しているような感じがして嬉しかったですsign03

 また、6年生が4年生の乱取りを受ける姿も変わっていました。今までは4年生だから・・・といことで、優しく手を抜いて受けているような感じでした。昨日は優弥に数人の4年生以下の子がお願いに来ました。他の6年生にも数人が掛かっていきました。これだけでも低学年の意識の高い子が増えた証拠なのですが、昨日は6年生も変わっていました。4年生に愛のムチで応えてくれていたのです。

 今の丸岡スポ少では、4年生以下のレベルアップは不可欠です。そして4年生のレベルアップには6年生の力が必ず必要です。4年生以下を強くするために、6年生も全力で応えていく姿が見れて本当に素晴らしいことだと感じました。

 このことは昨日だけの事なのかもしれません。6年生本人達が意識してやっていないことなのかもしれません。しかし、もしマルちゃん杯の敗戦から何かを考え、何かを変えていこうとしているのならば、それは本当に凄いことだと思います。先生方の気持ちの変化に気付いたのかもしれませんしね。

またまた、金曜日以降の練習が楽しみになった丸岡スポ少の子供達の変化についてのお話しでした。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2008年6月18日 (水)

日曜日に見た不思議な組み合わせ

 先日の日曜日、あるメンバーが集まってのバーベキュー大会が行われましたbeer 実はこのバーベキュー大会、計画・準備の段階では、僕自身詳しいことは全く知らされておらずdash、 当日になっても誰とするのか・何を準備してよいのやら・・・、ほとんど理解していませんでしたsweat02

 とりあえずこの日は、午前中に村人足で草刈りの奉仕作業を終え、出発時間に向けて風呂に入っていましたnote すると外の方で聞き慣れた子供の遊び声が聞こえてきましたear よく聞き慣れた声なので、遠くからの声でも誰の声かすぐに分かりました。

 まずは泉弥の声happy01 美希弥、優弥、K太郎の声もしました。更に女の子の声。これはM紀の声、R菜の声も。続けて小さい子の声もしました。これは間違いなくSょうの声です。でも、こんなに多くの子供達の声・・・、少し不思議に思い慌てて風呂から出て外を見ると、やっぱり間違いありませんでした。どうやら今日のバーベキューは、このようにたくさんのみんなで出掛けるようだったのですsign01 僕にとっては少々嬉しいサプライズ企画happy01 となりましたsign03

 確かに以前から、家内から会長さんやⅠ村さんとバーベキューをするということは聞いていましたが、T橋さん家も加わっての大人数でのバーベキュー大会とは思ってもいなかったので、本当に驚きましたcoldsweats02 ゆっくり風呂など入り、かなりお待たせしてしまったようで本当に申し訳ありませんでしたng

 

 これだけ大人数が集まってのバーベキュー大会にも関わらず、田中家は道具・食材の準備どころか心の準備すら出来ていない始末・・・sweat02sweat02 密かに準備を進めてくれていた他のご家族には本当に申し訳ないことをしてしまいました。本当にすいませんでしたsweat02 そしてありがとうございましたhappy01

 

 とにもかくにも、みなさんが万事準備をしてくれていましたので、早速出発しましたrvcar 場所は三国町のサッカースタジアム北側にある運動公園でした。駐車場から大荷物を抱えてバーベキュー施設まで歩きました。子供達も重たい荷物をよく運んでくれましたshine 場所に着くなりR菜母が一言。

 「あの人、どっかで見たことあると思ったら、テレビ出てる森本さんっていうアナウンサーやがのぉ。

 よく見ると、確かに福井テレビの森本アナウンサーでしたhappy01 お子さん連れで休日を過ごされているようでした。

 

 子供達は・・・というと、着くなり広い公園を思い思いの場所へ走り去り、4年生以上の4人は姿も見えなくなっていましたcoldsweats01 若いってイイナ・・・・gawk 2年生以下の4人(R菜弟を含む)は、目の届く近場で遊んでいるようでしたhappy01 この低学年組みは、普段から団の練習でも仲の良い姿を見せてくれているので特に違和感は感じないのですが、姿を消した高学年4人の遊ぶ姿は、あまり想像がつかないですよねcoldsweats01 

 もちろん女の子は女の子同士、優弥と美希弥は兄弟同士で遊んでいたのでしょうが、

 「M紀 ・ R菜 ・ 美希弥 ・ 優弥

 と名前を並べてみると不思議な組み合わせで可笑しくなってきましたhappy02 もちろん、意思疎通を図る大切な機会で喜ばしい限りなのですがsign03

 

 話を戻し、残った大人たちは、バーベキューの準備と同時進行で酒盛り開始ですbeer ハンドルキーパー様には申し訳ありませんでしたが・・・・bearing しかし、炎天下でのビールのタブを開けるプシュッsign01という音は最高ですねsign03 飲んでもいないうちから幸せな気分になれますhappy02

 今回はⅠ村家が主体となり豪華食材を用意してくださり、最高に贅沢なバーベキュー大会となりましたdelicious 海の幸あり、山の幸あり、野の幸あり、と、腹がふくれるのも忘れそうになるぐらいの食べ物でしたsign03 Ⅰ村さん、H川会長、T橋さんには本当に感謝の言葉もありません。本当にありがとうございましたsign03 おかげでますますメタボ一直線ですcoldsweats01

 昼食準備は二手に分かれ、「鉄板焼きの店 Ⅰ村」と「やきとり 田中」の開店です。遊びに出掛けた客(子供達)を呼び戻し、いよいよ豪華食材に舌鼓をうちましたhappy01 晴天の下、友達らと食べるバーベキューは特別な味がしたことでしょうhappy01 100本のやきとりはあっという間に完売coldsweats02 3兄妹もいつもよりはるかに食べていました。

 皆楽しそうに思い思いの食べ物に手を延ばし話をしていました。その姿を見て、ますます不思議な組み合わせに思わず笑えてきましたhappy01 とても良い光景を見ることができて、こちらも更にビールが進みますcoldsweats01

 しかし、そのあとが誤算でしたsweat02 酔った勢いでM紀・R菜とバスケットを始めてしまったのですsweat01 みなさんに後片付けはさせてしまうわ、激しい運動で酔いは廻るわ・・・反省でございます。

 

 ここまで酒が入ると、いよいよ熱い(僕だけsign02)柔道談義の始まりですcoldsweats01 丸岡の目指す柔道の話しからスタートsign01 僕は今日いるM紀・R菜・K太郎・Sょう・そして3兄妹、みなそれぞれ個性のある素晴らしい柔道選手だと思っています。礼もあり明るく素直で、そして2本しっかり持って勝負する勇気もあります。でも、周りも強いライバルばかりです。

 僕はマルちゃん杯の敗戦から、保護者(保護者会)も考え、変わっていかなければならないと強く感じました。そういう意味でもこのようなバーベキューという場は、大切な変化の一歩だと思います。子供達と同じ喜びや悔しさを共有したり、心のケアをしたり、そして同じ目標に向かって努力する。我が子だけを思うのではなく・・・。まだまだ変化の具体的な姿は見えてきていませんが・・・・。

 子供達も同じでしょう。常々会長や監督がおっしゃられているように、単なるお友達集団ではない、「チーム力」を作ることも個人の成長以上に大切なことなのかもしれません。確かに今回の子供達の顔ぶれは、不思議な組み合わせではありましたが、次の県大会では同じチームメイトとして団体戦を戦わなければならない子もいるかもしれません。何より今後も同じ丸岡スポ少の仲間として高めあっていかなければなりません。そういう意味でも今回をスタートとして、良い意味で仲間意識と団結力に繋がってくれればsign01・・・と願ってやみません。

 

 今回は本当に楽しい時間を過ごすことができ、とてもよい思い出となりましたsign03 このような楽しい企画をしてくださり、また、全て用意までしてくださったⅠ村さん、H川会長、T橋さん、本当にありがとうございましたsign03

 

 (P・S)会長へ!

  バイクですが、勘違いで「KAWASAKI ゼファ」ではなくて、「HONDA CBRブラックバード(1300CC)」でしたsweat01 どうしましょう?? 

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

2008年6月14日 (土)

金井学園ジュニアさんとの合同練習

 金曜日の練習は、福井から金井学園ジュニアの子供達が練習に来てくれました。丸岡スポ少にとっては久しぶりの合同練習となりましたhappy01 この日は低学年を中心に、4年生までの子供達十数名が練習に来てくれました。

 金井学園ジュニアさんは、低学年の子供達がとても充実していますshine レベルの高い、そして強い子供がたくさんいるのです。また、柔道がとてもキレイで、しっかり2本持ってしっかり投げる柔道をされているので、丸岡スポ少にとってはとても良いお手本となり、そして目標とするチームのように感じていますsign03

 先生方のご指導も徹底されており、巻き込み技や掛け逃げ技をするような子は一人もいませんし、もしそのような技を見ると厳しく指導されていました。

 

 いざ練習を見学してみて、やはり1年生のT君2年生のKさん4年生のTさんが目を引きましたdanger この3人は特に凄いですねshine  別格ですcoldsweats01 (実は1年生のNちゃんと3年生のTちゃんがお休みされていたのが、泉弥と美希弥的には残念だったのですが・・・coldsweats01

 寝技や打ち込みを見ても、金井学園ジュニアさんの練習の様子はとても勉強になりました。丸岡スポ少の子供達も必死に練習に打ち込んでおり、やはりかなり刺激にはなっているんだな、と感じましたup 泉弥などは、寝技乱取りの最中にすでに疲れ果ててフラフラになっているほどでしたcoldsweats01 普段の練習がいかに手抜きだったかが分かりますangry 泉弥だけに限らず多くの子供が、寝技の時点で顔は真っ赤汗びっしょりになっていました。

 思わず、普段どんな練習してるんだよ・・・・sweat01 と思わずにはいられません。このような練習態度が毎回出来ていれば、きっと素晴らしいチームになるのでしょうね。

 

 いよいよ最後の元立ち稽古が始まりました。金井学年ジュニアの子供達に立ってもらいました。面白かったのが低学年です。相手を捕まえに走る丸岡スポ少の1,2年生。一気にT君目掛けて数人が走り出します。今日はT君が大人気で、丸岡の1,2年生で取り合いとなっていましたcoldsweats01 とても良い光景を見ることが出来ましたshine

 泉弥が光栄にもT君の最初の相手をさせてもらえましたが、全然歯が立ちませんsweat02 これはまずいsweat01 同じ学年でこれから何度も対戦していかなければならない相手です。なんとかしなければ・・・と思うのですが、T君は体が大きい上にしっかりした素晴らしい柔道をするので、正直手のつけようがありません。やはり何度も練習をお願いして、相手に慣れていくしかないのでしょうね。

 2年生のKさんも同じです。2年生とは思えない素晴らしい柔道をしていました。さすが2年生チャンピオンですshine 二人に共通していえることは、体だけを利用した技は絶対にしないということです。二人ともあの体にあのパワーです。体を利用した技で勝負に行けば、もっと楽に勝てるはずです。でもそれを絶対にさせない先生方のご指導には頭の下がる思いがします。

 高学年に目を移すと、これまた丸岡スポ少の4年生のなかには、Tさんと積極的に乱取りしようと意欲を見せている子も見られ、良い練習ができていたようです。彼女もまた、体だけに頼らず素晴らしい柔道をします。それに加え気持ちの強い柔道をするので、今後手のつけられない選手に成長するように思いました。丸岡の4年生も、どんどんTさんに向かっていこうとする姿は、本当に大切だと思います。

 6年生も、何人かが金井学園ジュニアの先生方に稽古をつけていただき、とても良い練習をしているようでした。最後には本当に疲れ果てた表情をしていたのが印象的でした。(Y章と優弥が特に疲れていました。)T先生、M先生、本当にありがとうございましたsign03

 

 もう一点、気がついたことがあります。後半になり、いつも以上に頑張って練習をしていた低学年の子達が、急に声が出なくなりました。やはり相当疲れたのでしょう。そんな様子を見たキャプテンと6年生が低学年の位置まで行き、声を出すようにsign01、がんばれsign03 と声を掛けに行っていました。今までにはありえなかった変化に少々感心しました。そういえばこの日の優弥はよく声が出ていました。

 

 今日は金井学園ジュニアさんが練習に来ていただき、丸岡スポ少にとっては本当に良い練習になりました。普段の練習との違いや金井さんの柔道、本当に勉強になったと思います。この日の練習がこの日だけで終わってしまわないよう、気持ちを入替え練習に臨んでもらいたいと思いました。

 最後に、金井学園ジュニアの先生方、子供達、保護者の皆さん、本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年6月10日 (火)

泉弥の大健闘の裏側で・・・

 今回のお話は、またまた身内ネタになってしまうのですがsweat02、鯖江三六祭記念柔道大会での泉弥の大健闘の裏側で起きていた、もう一つの3兄妹のお話です。内容は、我が子3兄妹の次男美希弥についてですcoldsweats01

 

 大会当日の夜は、泉弥の健闘を家族みんなで誉めていましたshine 泉弥も目を輝かせながら喜んでおり、次の目標に向かって決意を新たにしているようでした。僕にとってはそれが入賞以上に嬉しいことでしたsign03

 夜ご飯を早々に終えた優弥と泉弥は、この日に頂いたメダルや記念盾、そして昨年優弥が頂いたメダルと記念盾を並べて、見比べながら遊んでいましたcoldsweats01 泉弥も、兄貴と同じものを手に入れて、よっぽど嬉しかったのでしょうhappy02

 「この次は泉弥ちゃん、この金色のメダルとれるように頑張るsign03

 というような事を話ししてくれていました。しかし、その場から少し離れたテーブルでは、美希弥が相変わらずの遅いスピードで未だに夜ご飯に悪戦苦闘していましたcoldsweats01 美希弥は、大概家族の中でいつもご飯を終えるのが一番最後です。ゆっくりよく噛んで食べる子なので、それはそれで偉いのですがそれにしても遅すぎると感じることもありますsweat01

 

 しかしそんな時です。お互いのメダルや盾を見比べながら遊んでいる兄貴と妹の姿を見た美希弥が、「しゅん・・・despair」として、とても寂しそうな顔をしましたdespair

 僕も家内も、そんな美希弥の表情を見逃しませんでした。確かに美希弥にとってみれば、妹の健闘に喜ばしいような誇らしいような気持ちを持ってくれていた反面、自分だけが取り残されたような寂しさも感じるのは当然の事だと思います。もちろん、悔しい気持ちだってあるでしょう。羨ましい気持ちだって・・・。きっとたくさんの想いが美希弥のあの表情に表れたのでしょう。

 僕は美希弥の気持ちが良く分かりました。しかし、ここで美希弥を慰めたい気持ちを抑えて、心を少しだけ鬼にしてこのように言いました。

 

 「美希弥、悔しいか?」

 美希弥は寂しそうな顔を浮かべたまま、静かに力無くうなずきました。そこで僕はこう続けました。

 「美希弥も優弥・泉弥と同じ、お父さんとお母さんの子やぞ。優弥や泉弥にできて美希弥にできんはずがないやろ。お前だって頑張れば必ずメダルも盾ももらうことが出来るんやぞ。必ずできるから。悔しい気持ちがあるんやったら、その気持ちを忘れんと練習してみろ。練習中、ずっとその気持ち持ってやってみろ。きっと変わるから。美希弥は凄いんやから。

 口が下手で、なかなか上手く気持ちが伝えられないのですがsweat02、このように話しをしました。相変わらず美希弥は寂しそうな顔は変わりませんでしたが、それでも先ほどよりは力強い返事を返してくれましたflair

 

 今回、久しぶり(初めてsign02)に大会の団予選で負けてしまい、大会に出場できなかった美希弥・・・。(本当は先生の計らいにより試合に出させてもらいましたがcoldsweats01) このような事も合わさり、余計に悲しかったのでしょう。確かに美希弥は、3兄妹の中では唯一メダルや盾を手にしていません。しかし、僕は知っています。美希弥は小さい頃から何事も一生懸命で兄以上に努力していることをsign01

 そしてその努力のお陰で、美希弥は今までたくさんの賞状をもらって来ていますshine そしてたくさんの名勝負も見せてくれていますshine みんな僕の自慢です。F太君という凄いライバルにも恵まれ、好勝負もできましたhappy01 そしてまたR一君というライバルも見つけました。

 

 僕は美希弥がやる気になったときは、3兄妹の中で一番良い柔道をすると思っています。そしてなにより、「努力する」という才能があると思っています。昔から自信が持てない欠点はありますが、美希弥が、この悔しさをバネにきっと大化けしてくれることを信じていますsign03

 美希弥は、今まで柔道という武道に出会い、そしてたくさんの先生や保護者の方、友達と出会えた事で、メダルや盾よりももっと素晴らしいものを手に入れていると思います。しかし、美希弥はどうしてもメダルや盾がほしいのでしょう。今度は、形のあるメダル・盾を目指して更に邁進してほしいと願う、親バカ父の想いでした。

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年6月 8日 (日)

鯖江三六祭記念柔道大会

 本日、鯖江市の中央中学校武道場において、第54回鯖江三六祭記念柔道大会が開催されました。今大会は今年で54回目となる伝統ある大会で、丸岡スポ少も毎年参加させていただいております。

 県内各地から15団体総勢200名近い柔道少年が参加しての大会。否が応にも気合いが入りますsign03

 ・・・にもかかわらず、僕は本日仕事の都合上大会を見ることができず、とても悔しい思いをしましたwobbly 今日は福井市の防災訓練の日。仕方がないので団の子供達の活躍を期待しつつ、市民とともに防災訓練に励みましたhappy01

 というのは建前。本音は、大会の様子が気になって仕方がなく、とても訓練に集中することができず市民の皆さんにはとても悪いことをしてしまいました。どうもすいませんでしたcoldsweats02

 

 ということで、家に帰り早速子供達から結果報告を聞くことにしましたnote ところが、家に帰り居間に入ると、目の前に賞状とメダルが転がっているのが見えたeye ではないですかsign03coldsweats02

Dsc02217 これはもしかして・・・shine と、よくよく見てみると泉弥の名前がsign03 しかも「次勝」の文字が書いてあるではないですか。それでも信じられず話を聞いてみると、やはり泉弥が2位に入ったようでありました。しかも優勝はAゆむ君。1年生は丸岡の1.2フィニッシュsign03

 期待以上の成績に嬉しさを隠しきれませんが、内容を聞くまでは・・・と思い直し、早速家内と泉弥から試合の様子を聞くことにしました。

 初戦ではいきなり2月の県大会で負けた相手。そして2回戦はライバルとして尊敬する子が相手。しかし、いきなりの厳しいトーナメントを無事勝ち上がったようで、もしかするとここで波に乗ったのかもしれません。決勝ではAゆむ君に届かなかったようですが、それでも大健闘ですsign03 金曜日の素晴らしい練習の様子がそのまま結果に繋がったようですねnotes それにしても泉弥は、なぜか個人戦でN海ちゃんと縁があるようですね。泉弥のデビュー戦の相手もN海ちゃんでしたし、その後も何回も試合をさせていただいています。女の子同士、これからも良き目標として頑張らせたいと思っていますsign03

 

 さて、親バカはこれぐらいにしてcoldsweats01、団の結果についてです。まずは団体戦。予選リーグ1勝1敗ということで、残念ながら予選リーグ敗退となったようでしたsad 1敗の相手は、奇しくも3月の県大会予選リーグで負けた相手。日頃からよくお世話になっている越前市スポ少さんでした。まだまだ力不足だったのでしょうか。三六大会のような2年生から6年生までの団体戦は、各学年の選手が出場するということでチームの総合力が試される団体戦だと思います。このような大会で勝てるチームになって欲しいものですね。

 しかし本来なら団予選で負けた美希弥も、団体戦に出場させていただいたらしく、本当に感謝しています。

 

個人戦に目を移すと、1年生は先ほどのとおり丸岡の1.2フィニッシュsign03 申し分ない結果ですねhappy01(内容は分かりませんが・・・)

 2年生は1名の欠場によりT海君一人でした。惜しくも2回戦敗退とのことでしたが、我が子談によれば良く健闘していたとのこと。良い知らせが聞かれましたhappy01

 3年生のK輔も、団体戦では見事な勝利を収めたとのことで、こちらも期待の持てる大会だったようですねhappy01

 今回は4年生が課題の学年だったのでしょうかsign02 我が子達からは良い知らせが聞かれませんでしたsweat02 どうだったのでしょうか?

 6年生も優弥を含め、悔しい結果となったようです。しかし、内容も含めもう一度試合を見つめなおし、必ず今後に活かしていってくれると信じておりますsign03

 

 今回は大会を見れずとても残念でしたが、それでも良い知らせも悪い知らせもどちらも聞くことができ、やはり今後に課題を残した大会だったようですね。こうして大会を終えるごとにいつも思うことですが、こうした一つ一つの大会が無駄になってしまわないよう何か得るものがあると良いですね。そして少しずつ成長した姿をみせていって欲しいと思いますflair

 また、大会をご覧になった方は是非ともコメント等で大会の内容をお教えくださると嬉しいですnote

 

 

 

| | コメント (11) | トラックバック (0)
|

2008年6月 7日 (土)

居残り練習で見た良いハプニングと悪いハプニング

 先週日曜日、大きな遠征大会で惨敗という結果に終わってしまった丸岡柔道スポ少の子供達。しかし次は、また新たな気持ちで「鯖江三六大会」に臨まなくてはなりませんsign01 金曜日は大会前の最後の練習。僕も久しぶりに練習の見学をさせてもらいました。

 マルちゃん杯で苦い経験をした6年生は、いつもより少し違った練習の取り組みが感じられたような気がしましたhappy01 (ほんの少しですが・・・) また、先生方の指導にも熱が入っていたように見えました。しかし、何も知らずいつもと同じ感覚で練習に取り組んでいた4年生以下の低学年の子供達は、雰囲気の違いに気付いたのかどうか・・・。久しぶりに泣くほどの練習をする羽目になったようです。

 やはり、

 「団のみんなで強くなる!

 という心は、絶対必要なことだと感じました。

 少しずつで良いと思います。変わっていこうとする姿を見せてほしいですね。僕もこれからは、あまり練習を見続けたり、怒るような口の出し方をしてしまうことを控え、

 子ども自身が変わっていこうとする気持ち

 子ども自身が強くなりたいと思う気持ち

 それにむかって努力しようとする姿勢

 を育てさせたいと思いました。3兄妹は良い先生方に恵まれとても感謝していますし、安心しておりますhappy01

 

 金曜日の練習終了後の居残り練習でも、そうした本人のやる気を出させる掛け声を掛けるよう心掛けた結果、大化けした子がいました。何を隠そう泉弥です。居残り練習終盤の乱取りでは、見違えるほどの動きと気持ちを見せてくれましたshine

 久しぶりに泉弥の柔道を見たからかもしれませんが、本当に素晴らしい柔道を見せてくれたように感じました。あの姿を見て涙が出そうになるくらい嬉しかったです。このことで、「本人のやる気」というものが、強くなる上で一番大切なことだということに確信を持てました。

 「凄いぞ!いいぞ!出来るやんか!」

 「もう、最高!! その調子!!」

 ・・・少々親バカすぎるぐらいの褒めかたの方が、どうやら子供には有効らしいです。いやいや、技ありといったところでしょうかhappy01 いつもいつもこのようなことはできませんが・・・、普段は本人の自主性に任せ(任せるためにも、自主性を育てることが大切ですが。)、たまの見学で褒めちぎる!!理想の形のように感じます。

 これが居残り練習での良いハプニングでした。(親バカネタですいませんsweat02

 

 しかし今度は悪いハプニングのご紹介です。居残り練習で優弥の練習の様子を見ている時の事です。突然HA○E監督さんが、

 「あれ火事じゃないですかsign02 どうみても火事ですよねsign03

 と、慌てた様子で道場に入ってこられました。僕はとりあえず道場の外に出て確かめることにしました。しかし外に出た瞬間、現場を見るまでもなくこれが火事だということが分かりました。そうです。臭いです。火災独特の臭いが、武道館付近にも漂っていました。

 そして監督の指差す方を見てみると、辺りは真っ赤に染まっており、火災はまさに最盛期といったところでした。1~2kmは離れている場所でしたが、それでも炎が天井を突き抜け炎上している様子が見えました。

 「これは酷い火災だな・・・。怪我人がなければ良いのだが。」

 と、思わず心配になるほどでした。火災のニュースは、翌日新聞にも載っており、悲しい結果となってしまったようでしたが、この悪いハプニングを教訓として、自分自身ももう一度気をつけていきたいと思いました。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年6月 5日 (木)

自然界に学ぶ

 以前、「30本の矢」の記事の中で雲雀(ひばり)とカラスの決闘について少し書き込みをしましたが、今回はそれに付随して思い出したことを一つ・・・happy01

 このお話しは、雲雀とカラスの決闘に似た出来事を、僕の職場の車庫の中でも目にした時のお話しですscissors

 

 うちの職場の車庫には、毎年4月ごろになるとたくさんのツバメが巣を作りに里帰りしてきますchick 今年もたくさんのツバメが戻ってきてくれましたhappy01

 

 しかし、このツバメの巣作りは毎年多くの脅威impact にさらされていますcoldsweats02 まず一つ目の脅威が人間coldsweats01です。 職場の中には、

 「車庫内に巣を作られると、フンが車(仕事の車ですよ、もちろんcoldsweats01)のボンネットに落ちる」という理由で、せっかく作り出した巣をすぐに壊してしまう人もいますsweat02 もちろん正論なのですが、ツバメが必死に作ってきた巣をあっという間に壊してしまうのは、人間だけの勝手な都合に他なりませんdespair

 しかしツバメは、壊されても壊されても、何度も巣を作り直しますshine しかもツバメはとても賢いので、巣が壊されないよう車の無いところや見つかりにくいところに作るようになるのですgood

 こうして人間ツバメ我慢比べ・知恵比べは続きますが、とうとう人間の方が根負して巣の破壊を諦めましたnotes まさにツバメが人間に勝った瞬間でしたsign03 やはり家族数匹が団結していれば、ツバメは人間にも勝てるんだという事が証明されたのですsign03

 

 しかし、また次なる脅威がツバメ達を待っていますsweat01sweat01 苦労して完成させたいくつかの巣を、今度はスズメに奪われてしまっていたのですweep ツバメも必死に抵抗してスズメを追い出そうとするのですが、やはりスズメの方が強いようで、しかも、ツバメが「3本の矢」のように結束して立ち向かっても、スズメも同じく「3本の矢」のごとく団体で対抗するので、結局ツバメは巣を奪い返すことが出来ませんsweat02

 

 しかし、そんなスズメにもバチがあたりましたimpact 今度は横取りしたツバメの巣に住むスズメがカラスに襲われたのですsign03 あっという間にスズメは逃げ出しsweat01 ツバメは再び巣に戻ることができましたhappy01 ここでようやくツバメは多くの試練を乗り越え、無事に巣の中に卵を産むことができましたshine

 お父さんツバメがお母さんツバメのためにエサを運び、お母さんツバメは卵を一日中温めるため巣から一歩も離れません。こうして間もなく雛がかえる・・・・・ところだったのですが、ツバメの悲劇はまだ続きますwobbly

 

 その卵を狙って再びカラスが巣を襲ってきたのですsign03 ここでのツバメの反抗は、スズメに巣を奪われた時以上の力を見せていましたcoldsweats02 やはり子供を護る親の底力でしょうか。夫婦ツバメのみならず、隣近所のツバメも協力しての団体攻撃でカラスに対抗していましたsign01 実に数分以上にも及ぶバトルの末、何個かの卵が巣から落ち、地面に叩きつけられ潰れてしまいましたweep しかし、何とかカラスを追い払うことには成功し、そしていくつかの卵を守る事ができたようでした。

 そしてその後、カラスはツバメの巣を襲うことはなくなりました。

 

 こうして5月になり新しい生命が誕生し、そして巣立っていきましたshine

 長くなりましたが・・・、どうでしょうsign01 このツバメの凄さはsign03 

 

 ツバメ ⇒ スズメ ⇒ カラス ⇒ 人間 

 という風に自然界の弱肉強食の様子をしっかり見ることが出来ましたが、改めて自然の凄さを感じずにはいられませんでしたsign03

 

 なにやら結びの言葉として適当な言葉が上手くでてきませんが、皆さんも一度注意深く自然界の様子を眺めてみてはどうでしょうかsign02 言葉以上に、きっとなにか感じるものが見つかるはずですhappy01

 昔、どこかの偉い人が、

 「アリほど上手に説教する生き物はいない。しかもアリは、一言もしゃべらずに説教する。」

 と言っていましたが、まさに今回のツバメの激闘は人間にとって、とても良い説教のような気がしました。

 自分の一番大切にしているものは何か?

 その大切なものを命がけで守る事ができるのか?

 自問自答する機会をくれた、自然界での一コマをご紹介しましたhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年6月 3日 (火)

写真展の追加

 「丸岡スポ少写真展」を、4月の松任市合同練習、6月マルちゃん杯の写真に更新しました。また、能登半島のツーリング写真も併せてアップしましたので、是非ご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年6月 1日 (日)

マルちゃん杯を終えて・・・

 我が丸岡スポ少にとっての今年度の初遠征試合、マルちゃん杯も終わりました。結果は前回お知らせしたとおりです。今大会を観戦し、実に多くの事が教訓として残る思いがします。

 このような遠征を行うにあたっては、実に多くの皆さんのご理解とご協力が必要です。そして今大会も、本当に多くの皆さんのご協力をいただき選手達は大会に臨むことができました。選手達には、まずそのことに対して感謝の気持ちを持って欲しいと思います。

 しかし、このようなご協力の上に成り立つせっかくの遠征試合において、力を出し切ることなく試合が終わってしまうのは、ご協力頂いている皆さんに対してとても失礼なことです。選手にとって感謝の心とは、試合の内容でみなさんにお返しするしかありません。選手達にはそのことを理解して欲しいと思いました。

 今大会は、このようにご協力いただいた皆さんに対し、とても顔向けできないような内容の試合だったように思います。保護者会として、また私自身、選手の親としてとても申し訳ない思いがしています。

 まずはそのことを冒頭に書きまして、みなさんにご報告させていただきます。

 

 では内容に対する感想を・・・。

 先鋒戦・・・ふがいないの一言!相手は一本背負い狙い。優弥は受けの一手。かろうじて出足払いで有効は奪ったものの、背負い投げは不発。先鋒として次に勢いを繋げる事ができませんでした。手を突っ張り、腰を引いての足技。土壇場になっての中途半端な背負い投げ。どこにも良い所が見当たりません。試合に勝って内容で負けた・・・といったところでしょうか。

 次鋒戦・・・相手は軽量級屈指の技とパワーを持つ強敵。体落としに大外刈り。どれをとっても切れ味抜群!最後はきっちり得意の大外刈りで仕留められました。完敗の内容ですが、次に繋がる敗北のようにも感じました。何故かと言うと、5人の中で一番勝負できていたように感じたからです。

 中堅戦・・・惜しい!!実に惜しい!!しかし完敗。Tおるの良さは少し見えたものの、勝利に対する貪欲さに欠けていたように思いました。経験の差かな・・・。Tおるの技、ノーポイントでしたが本当に見事に決まっていました。惜しかったですよ。

 副将戦・・・普段実力の半分も出せていなかったですよね。大会自体に飲まれていたのかも・・・。丸岡の勝敗が決定してしまう勝負にしては、あっけない幕切れ。勝利に対する思いの差・・・としか言いようがありません。県軽量級3位の自信とプライドを持って試合に臨んでください。

 大将戦・・・正直、一番辛かった試合です。観客席から、「頼むから大外刈りで勝負してくれ!」と、必死に願いましたが、結局技が一つも出ませんでした。すでに団体戦の勝敗が決したあとの試合。モチベーションのもって行き方が難しい試合でしたが、それにしても残念でなりません。悪い引き分け試合となりました。

 

 正直に言いますと、今大会の1回戦の対戦は、どっちが勝ってもおかしくない、まさに接戦の戦いになるだろうとの予想ができました。しかし結果を見ると完敗!このような結果になってしまったのは、やはりチーム力の差・心の差に他なりません。

 試合内容を1試合ずつそれぞれ見ていけば、課題や敗因もたくさん見つかります。しかしそれ以上に大きな問題が、丸岡スポ少には見つかりました。しかもこの問題は、とてもやっかいな心の問題だと思うのです。

 選手のみんなは、それぞれ一生懸命試合に臨んでいたと思います。しかし、このような内容と結果になってしまうのは、普段の練習の心の持ち方がそのまま出たからに他なりません。練習で出来ていないことを試合で出せるはずがありません。試合の結果は全て、練習の成果でしかありませんよね。

 

 一番印象に残っているのは、先生が父兄さんに対し謝っている姿でした。

 「今回は本当に申し訳ありませんでした。」

 決して敗北を子供のせいにしない姿に、僕自身、思いの強さを感じずにはいられませんでした。先生、本当に申し訳ありませんでした。僕は悔しくて仕方ありません。でも子供はそれ以上に悔しい。そんな子供の気持ちを分かってくださる先生に教えて頂き、本当に感謝の気持ちで一杯です。と同時に、先生や子供達の悔しい気持ちに応えるには、親が(保護者会が)もっと考えなければならないとの思いを強くしました。

 いろんな出来事があって、僕は今日ほど悔しい思いをした大会はありません。でも、子供はもっと悔しいはずです。子供達にこんなに悔しい思いをさせてしまったのは、我々大人の責任です。今日の敗北を無にしないためにも、もっと出来ることをしていかなくてはなりません。決意を新たにした遠征でした。

 僕はそれでも良いのです。子供たちが不自由なく大会に臨めるためなら、どんな努力も惜しみません。これは僕の楽しみでもあるからです。しかし、残った団員やそのご父兄に対しては、申し訳ない気持ちで一杯です。責任を感じずにはいられません。そしてその思いは先生に対しても同じです。我が子を真剣に叱ってくださる先生方に、こんなにツライ思いをさせてしまうのはとても耐え難いことです。

 

 最後に。このようなことは、優弥や選手達には決して直接言えませんので、このブログという場をお借りして一言。

 選手達へ。今日は本当にごめんなさい。みんなにこんなに悔しい思いをさせてしまったのは、僕達大人の責任です。力不足です。みんなは一生懸命頑張りました。これからは、君達の一生懸命に力添えできるよう、僕達大人はもっともっと努力します。だから、

 いつか笑って遠征が終えられる日が来るよう信じて、これからも一緒に頑張りましょう!僕はそのための努力なら少しも惜しみません。今日の敗北は、決して選手の責任ではありませんよ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

マルちゃん杯大会結果

 6月1日(日)に、静岡県浜松市で開催された「マルちゃん杯中部少年柔道大会」も、皆さんのお陰を持ちまして無事に終えることができましたhappy01 丸岡スポ少代表チームの大会出場にあたり、多くの皆様のご協力と温かい応援を頂きましたこと、改めまして御礼申し上げますsign01 本当にありがとうございましたsign03

 選手をはじめ先生方、保護者会一丸となって今大会に臨みましたが、結果は残念ながら1回戦敗退となってしまいましたwobbly また、今大会については結果以上に内容に満足できない試合となってしまい、選手自ら悔いの残る試合となってしまったことは、とても反省しなければならないことだと感じました。

 みなさんの温かい声援に応える内容が出せず、保護者会としましてもとても心苦しい思いでおります。しかし、何より選手自身が一番良く分かっている事と信じておりますので、これからも引き続き温かい目で見守っていただけると幸いです。

 内容に対する僕の感想は次回としまして・・・、とりあえず結果報告をさせていただきたいと思います。今回は本当にご協力ありがとうございましたsign03

【1回戦 VS 小松さん(石川)】

   × 丸岡 ( 1 - 3 ) 小松 ○

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »