« 信頼感 | トップページ | 修学旅行 »

2008年5月13日 (火)

ワーク&ファミリーバランス

 昔から日本人は世界の国々の人に比べて、働きすぎだと言われます。これはおそらく、戦後日本の高度成長を支えた方々の鬼気迫るような働きぶりからきたイメージなのでしょう。

 サービス残業は当たり前。日曜出勤することもしばしば。平日に家族揃って夕食をとることが珍しいという家庭もたくさんあるということをニュースなどで聞いたことがあります。お父さんは子供達が寝静まったあとに仕事から帰ってきて、そして子供達より早く仕事に出かける・・・。都会のご家庭では、子供と顔を合わすことすら難しいということも耳にしますwobbly 本当に大変です。

 さらにここ福井県では、共働き率が全国でも1位・2位を争うほどの共働き県で、さらに大変さが伺えます。

 また、お父さんはたまに早く仕事が終わっても日頃の仕事のストレス解消のため、アフター5に同僚などと「ノミニュケーション(飲み会という名の打合せ)coldsweats01 」してから帰る日もありますしねbeer 核家族化も進み、ますます「家族の絆とは?」ということが問われる時代のように思います。

 今世間では、

 「ワーク&ファミリーバランス

 という言葉が徐々に使われるようになってきているようです。働きすぎで心の余裕をなくした大人が増え、家族の絆が稀薄になってきた現代の日本に警告となる言葉のようです。仕事と家庭のバランスをしっかり考えていかなければ、どんどん心が疲れてきてしまうということなのでしょう。

 

 丸岡スポ少の父兄さんの中にも、このようにお仕事が忙しくなかなか子供さんの柔道の練習や試合などを見に来られる機会が少ないという方もいらっしゃるのでしょうね。本当は見て応援したいのでしょうが、本当にご苦労様だと思いますsign03

 しかし、子供達はお父さん・お母さんやお家の方が試合などを見に来られると、本当に嬉しいのだと思います。いつも以上の力が出るものだと思っています。(僕のようにいつも来てばかりだと、効果は半減するようですが・・・sweat02

 そして、お家の方が見にこられているときは、子供達は何より一生懸命です。僕も、子供達の一生懸命な姿にいつもエネルギーをもらっています。僕は多くの父兄さんに、このような子供達の一生懸命な姿を見てもらい、少しでも何かを感じてもらいたいと思っています。また、自分の仕事へのエネルギーをもらてほしいと思います。子供達の頑張る姿を見れば、きっと何か感じるものがあるはずですshine

 たまの日曜日、休日出勤してお仕事をしなければならない時もあるかもしれません。町内や家庭の用事などもたまっているかもしれません。しかし1回でも良いと思います。丸岡スポ少の試合がある日には、ぜひ一度会場に足を運ばれて子供達の一生懸命な汗(冷汗??)を身近で感じてみて欲しいと思います。

 また土日が難しいのであれば、平日の水金にはご自分の職場のデスクにある書類やPCをいつもより1時間早く片付けて、是非子供達の練習の様子なども見に来られてはどうでしょうか?

 普段ご家庭にいる時の子供さんとは、また違った一面が見られるかもしれませんよhappy01 

 

 僕なんかが偉そうなことは言えないのですが、自分自身「ワーク&ファミリーバランス」という言葉が今の世の中にはかなり重要なことのように感じています。

 

 

|
|

« 信頼感 | トップページ | 修学旅行 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/20932222

この記事へのトラックバック一覧です: ワーク&ファミリーバランス:

« 信頼感 | トップページ | 修学旅行 »