« 一粒百行 | トップページ | 日本柔道 金への苦闘 »

2008年5月 8日 (木)

鯖江三六記念祭柔道大会 団予選会

 昨日の練習終了後、6月8日に行われる「三六記念祭柔道大会」の団予選会が行われました。この大会は、5人制団体戦(2年生~6年生まで各学年1名ずつ)と個人戦(各学年3名以内)が行われます。

 今回は、団内でも学年の人数が多い1年・4年・6年生の中で出場希望者を募り、代表選手の選考を行いました。

 

 まずは1年生から。Aゆむ、Sょう、Y成、泉弥の4人でのリーグ戦となりました。個人戦3枠をかけた試合となりましたが、普段の練習での苦手意識がはっきり表れてしまった試合内容だったように思いました。

 例えば泉弥。SょうやY成との試合では危なげなく自信を持って臨めていたのに、Aゆむとの試合ではなぜ急に弱気な試合となってしまったのでしょう?普段の乱取りなんかを見ると、確かに強いAゆむとの乱取りでは分が悪いのですが、決して最初から諦めるような差ではないのですが・・・sweat01

 Sょうも同じに見えました。Aゆむや泉弥と試合のときは、なかなか組もうとせず消極的な柔道になってしまうのですが、Y成との試合では別人のように自分からしっかり組み、背負投げも見せてくれましたsign01 この試合を泉弥との試合でも見せることができたら、そんなに簡単には負けたりしないと思うのです。

 やはり、気持ちの面が大きく試合内容に現れてしまうんだということを、改めて感じた1年生の予選会となりました。

 

 次は4年生。一番の激戦区ですdash 素晴らしい柔道を見せてくれた子と、そうでないこの差がはっきり表れた学年でしたね。必ずしも結果と内容が一致しなかったのですが、今後に期待を持たせてくれる内容の柔道を見せてくれた子が何人かおり、少し安心した予選会となりました。

 特に女子軍団のうちの2名(R菜・M紀)は、積極的な柔道を見せてくれて見ていてとてもおもしろい柔道をしていました。この二人は、全く対照的な柔道をしているのですが、R菜は強敵相手にも積極的に技を仕掛け、そしてセンスの良さから時に「行った!!」と思うようなタイミングでの背負投げを見せてくれます。昨日も惜しい場面が何度かありました。結果は勝てませんでしたが、自信を持って今の柔道を続けて欲しいと思いましたshine

 また、M紀はR菜とは逆にとても力強い柔道をする選手です。最近はようやく本来の姿に復調してきているようで、昨日も力強い投げを何度も見せてくれていました。あの半ば強引に見える払い腰(?)は独特のものですよねcoldsweats01 改めて持っている才能には驚かされます。今年イチオシの選手に成長してくれる予感がしましたsign03

 

 逆に、男子軍団は昨日の試合は???という内容が多く、今後に課題を残す結果となってしまいましたsweat02

 Sょうは昨日の試合を全勝で終えました。確かに実力も体の力も付いてきたようですし、結果も出したのですが、内容は少し反省する点が見られるような気がしました。昨日勝った試合は全て返し技。今後のSょうの柔道を思うと、返し技に味をしめてしまうのが怖いです。今日の結果に満足せず、結果だけではなく内容もともに充実させた柔道を目指して欲しいものです。

 また、Y輝と美希弥については共通して言える事があります。二人とも元気がなかったですよね。特に美希弥には我が子だから言わせてもらいますが、「技がどうこう」とか「組み手がどうこう」、「内容がどうこう」という前に、もっと基本的なことを学ばなければいけないと思いました。礼ができない、返事が出来ない、これではどうしようもありません。もう一度初心に戻って、礼儀を学ぶところからやり直させようと思いました。

 

 最後は6年生。光って見えたのはTおるでした。最近のTおるは見違えるほど強くなりましたshine そして、最近では自信のようなものも見えてきて、本当に素晴らしい柔道を見せてくれます。昨日は金星もあり、また一つ強くなったように感じました。やはり、結果は出なくてもあのような積極的な柔道を続けている子は、遅かれ早かれ強くなってくれるんだと、改めて実感することが出来ました。6年生もいよいよ群雄割拠の学年となってきましたね。とても良い傾向だと思います。みんながお互い良いライバルとして、どんどん競い合って強い6年生になっていってもらいたいものです。

 いよいよ金曜日には三六大会の丸岡代表選手が出揃います。代表選手のみんなは、丸岡の代表として精一杯戦ってきて欲しいと思いましたsign03

|
|

« 一粒百行 | トップページ | 日本柔道 金への苦闘 »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

 裕サンのおっしゃる通り、四年は内容に大きな違いが出ました。
 特に、R菜は全ての試合において積極的な攻めが出ていました。途中、残念ながら渹膝をついてしまう背負いがありましたが、最後の試合では、担ぐことを意識した背負いが繰り出せていました
結果的には返し技で負ける試合がほとんどで記録上の結果は表れませんでした。しかしながら、試合に臨む姿勢は明らかに前進していましたね淲
最近のR菜は、ライバルのM紀に水を開けられていました。が、肩を並べる日が遠くないと信じてます琩一本百行ですね淲

投稿: クリリン会長 | 2008年5月 8日 (木) 17時12分

クリリン会長、ありがとうございます。PCの調子は良くなりましたか?
このような前に出て自分の技で勝負できる団員が、どんどん増えてくれると良いですね!R菜やM紀、Tおるの柔道を見習ってもらいたいものです。
ぼくも、目で見て分かる成長の様子を見ることが出来て、とても面白い予選会だったと思いますhappy01

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2008年5月 8日 (木) 19時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/20834960

この記事へのトラックバック一覧です: 鯖江三六記念祭柔道大会 団予選会:

« 一粒百行 | トップページ | 日本柔道 金への苦闘 »