« 親の目 | トップページ | いよいよ・・・ »

2008年5月23日 (金)

ツーリング紀行(能登編)

 今回のツーリング紀行は、石川県の能登半島と富山県の氷見ですhappy01 職場のツーリング仲間と1泊でのツーリングとなりました。今回は男5人での旅ですsweat02 子供の修学旅行に負けじと、はりきって出発しましたnotes

 

Photo_14  このツーリングの詳しい行程はというと、坂井市の道の駅からスタートして能登半島を一周、能登島にある和倉温泉街で1泊し、次の日は富山県の氷見港へ行きそこから金沢経由で福井へ帰ってくるという内容でした。総走行距離は600km程になりました。しかし、両日とも五月晴れの素晴らしい天気sun に恵まれ、海岸沿いのドライブはとても気持ちの良いドライブとなりました。どうやら僕は、かなりの晴れ男sun のようですhappy01

 

Photo  朝9時に「道の駅 さかい」に集合し、全員揃ったところで早速出発しました。あわら市の北潟湖畔を通りしばらく北へバイクを走らせ、まずは石川県の徳光で最初のトイレ休憩toilet となりました。仲間のみんなのバイクは600cc~1200ccという、とてもバイクとは言えないような排気量のバイクばかりなのでdash 250ccクラスの僕のバイクでは、ついて行くのが精一杯coldsweats01 バイクのような軽い乗り物に、乗用車並みのエンジンを付けちゃぁダメですよねcoldsweats01

 

Photo_2 そして次はいよいよ能登半島に差し掛かり、まずは千里浜(ちりはま)を走りました。千里浜といえば、みなさんお馴染みの「羽咋少年柔道大会」の会場へ行く時も通った道ですよね。羽咋大会の時は冬の日本海でしたが、初夏の日本海は穏やかでとてもキレイでしたwave 途中、羽咋市大会の会場、羽咋市体育館のすぐ近くも通りました。一応、来年2月のリベンジをお祈りしておきましたsign03

 

Photo_3Photo_4Photo_5Photo_6

Photo_15  

   

  

 途中、たくさんの絶景に出会うことが出来ましたscissors 写真は「ヤセの断崖」というところで、海岸が入り組んで断崖となっており、源義経が源平合戦の時に舟を隠していたと言われる場所だそうですship 断崖は、まるで三国の東尋坊のようにそびえたち、下を覗くと思わず足がすくみましたwobbly 落ちたら確実にあの世にいけそうな感じでしたshock

 その後もバイクで羽咋市から先に進み、能登半島の先端の珠洲市(すずし)に到達しました。いよいよ能登半島の最北端に到着です。しかし、この頃にはだいぶ疲れも溜まってきたので、ここからは宿泊地の和倉温泉街へと急ぎました。七尾市の和倉に着いたのは午後6時過ぎ。ホッと一安心ですcatface

 宿泊先は国民保養施設で、温泉とは違いどちらかというとホテルhotel といった面持ちでした。格安プランにつき温泉施設のような豪華さはありませんでしたが、それでも疲れを取るには十分すぎる落ち着きのある場所でした。窓から見える能登島や能登の海が夕焼けに映え、とても心温まる場所でしたconfident

 また、早速温泉につかると、今までの疲れが一気に吹き飛ぶ感じでとても気持ち良かったですspa やはり長時間バイクに乗ると、お尻や腰がとても痛くなるのですがsweat01 さすがに若いので回復も早いようですscissors 湯につかればすぐ治りましたok

 

Photo_7 次の日。疲れも癒え、いよいよ今日は富山県へと向かいます。目的地は石川との県境にある氷見市(ひみし)。氷見漁港です。1時間も走るとすぐに到着しました。写真は県境の海岸道路です。福井の海とはまた少し違っているように感じました。お隣の県の同じ日本海ですから、そんなに違うはずもないのですが、やはり旅に来た気持ちの持ちようでしょうか・・・note 青さや透明感が違って見えました。

 

Photo_13Photo_12Photo_11Photo_8Photo_9  

 

 

 氷見港のセリはさすがに終わっていましたが、市場にはたくさんの新鮮な魚が並んでいましたよcancerpisces 富山では新鮮なことを「キトキト」と言うそうです。この日も、キトキトな魚達が所狭しと並んでいましたdelicious もちろん氷見の代名詞、ブリもいました。 

 

 今回は今年一番の遠乗りとなりましたが、天候にも恵まれとても良い旅となりましたhappy01 富山の氷見は、福井からも近く多くの新鮮な魚がたくさんあります。皆さんも機会があれば、一度足をお運びになってはいかがでしょうか??

 

 ~今回かかった経費~

  宿泊代金(1泊2食付) 3,900円(割引券2,000円分使用したので、実際は5,900円)

  ガソリン代 2,400円(2回給油、1回約8㍑)

  有料道路代 550円(能登有料道路)

  食事代(昼食2回分、飲料込み) 830円(コンビニ)

  合計 7,680円

 

 という結果でした。

|
|

« 親の目 | トップページ | いよいよ・・・ »

ツーリング紀行」カテゴリの記事

コメント

イカ美味かった、ありがとうございますm(__)m
毎日、大事に一匹ずつ頂いております( ̄人 ̄)

投稿: よし~。 | 2008年5月26日 (月) 18時46分

いえいえ、どういたしまして。いつも鉄砲玉のように出掛けてしまうので、せめてものお詫びの印です(ご機嫌取りですが・・・bleah
また、次のツーリングの時も、快く送り出してください

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2008年5月26日 (月) 21時23分

今晩は(^⊿^)
素敵な写真ありがとうございますsign03
海がとても青くてきれいですねhappy01
私も旅に出た気分になれました(≧ω≦)
風を切ってバイクを走らせるのはとても気持ちがいいのでしょうね…happy02
羨ましいで~すhappy01

投稿: みっち~ | 2008年5月30日 (金) 22時03分

バイクの最大の楽しみは、何といっても「匂い」だと思っています。その土地土地の匂い(風の匂いや花の匂い、街の匂いに食べ物の匂いETC・・・)を感じると、とても幸せな気分になれますhappy01車では味わえない楽しみですよshine
快く旅に出させてくれる家族に感謝しつつ、今度もまたいろんな写真を載せられたら良いな・・・と思っていますnote

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2008年5月31日 (土) 14時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/21004498

この記事へのトラックバック一覧です: ツーリング紀行(能登編):

« 親の目 | トップページ | いよいよ・・・ »