« 鯖江三六記念祭柔道大会 団予選会 | トップページ | 信頼感 »

2008年5月 8日 (木)

日本柔道 金への苦闘

 少し時期はズレますが、5月5日の夜10時からNHKで「日本柔道 金への苦闘」と題した特集番組がありました。この番組があることは、保護者会OGのあねごから情報をもらい知ったのですが、内容はまさに今話題の「JUDO」と「柔道」についての話でした。

 世界の中で苦戦を強いられている日本柔道が、JUDOに勝つためには・・・ということで、日本柔道の代名詞「1本をとって勝つ柔道」を実践している井上康生選手と、国際JUDOへの転換で活路を見出そうとしている石井慧選手との比較をしているような番組でした。

 

 番組の冒頭で石井選手がインタビューでこう答えているのが印象的で、何とも言えないショックを受けましたcoldsweats02

 「効果一つでも反則一つの差でも、勝ちは勝ち。僕は勝ちにこだわった柔道をしていく。

 「今の柔道は、最も力の強い選手が勝つのでもなく、技のキレる選手が勝つのでもない。一番努力をした選手が勝つのでもない。どんどん変化していくJUDOに一番早く対応しそれに順応できる選手が勝つ。

 といった内容の言葉でしたsweat01 もちろん、日本柔道のトップとしてオリンピック代表に選ばれた石井選手の言葉ですから重みもあります。しかし、僕が思っている柔道の姿とは正反対の言葉に、さすがにショックを隠せませんでしたweep

 

 僕は井上選手の全日本でのあの姿が忘れられません。多くの人は、あの井上選手の柔道に憧れ、魅力を感じ、そして感動したはずですshineshine 柔道はその姿があってこその柔道だと思っています。だから日本人は柔道を応援し感動をもらえるのでしょうsign03

 

 その後テレビの映像では、すさまじいパワーと身体能力でありえない体勢からでも技を繰り出す欧米選手の姿が映し出されており、僕が思っている柔道とはかけ離れたJUDOが展開されていました。バックドロップやタックルcoldsweats02 が主流な技となっているJUDOでは、日本人選手は組むことすらできませんsweat02

 「これはプロレスか・・・sign03annoy

 と思うような試合がいくつもありました。

 欧米選手は、日本柔道に勝つためにたくさんの研究と努力をし、そして今のJUDOに辿り着いたのでしょう。レスリングの要素を取り入れたり、各国の民族格闘技の要素を取り入れたりと。まさに努力の成果でしょう。しかし日本人は、それに対応できなくなるとすぐに欧米の真似をしようとしていますimpact 日本人が体力で勝る欧米選手の真似をしても結果は見えています。

 どうして日本の国技「柔道」に、もっと自信と誇りが持てないのか?なぜ欧米選手が努力したように、日本は日本で柔道をさらに磨く努力をしないのか?その欧米JUDOに勝つ日本柔道を追求しないのでしょうか?annoyimpactannoy

 

 スポーツであるJUDOでは、確かに勝敗は付き物です。そのなかでも、いかなる条件でも勝利を義務付けられた日本は本当に辛い立場にあるのでしょう。しかし、日本柔道の精神を忘れてまで勝利にこだわらなければならないのであれば、それはすでに柔道という武道ではないと思いますsign03

 ならば、違いを明確にするため、はっきり「柔道」と「JUDO」という風に、名前を変えて競技を行うべきです。僕が子供に学んで欲しいのは「柔道」であり、決して「JUDO」ではありませんsign03

 いかに相手に組ませず、パワーと体力でプロレス技を繰り出すかが勝負のJUDO。最後に畳を背中につけた者の負けとなるJUDO。どれも子供に目指させるべき姿が見当たりません。

 例えばキレイな大外刈りを決めても、最後の最後に体を入れ替えられれば掛けた方の負けです。これで日本人が泣いたのが昨年の国際大会でした。きめが甘いと言ってしまえばそれまでかも知れませんが、これでは技を磨く意味が薄れます。

 

 僕のような柔道の事など何も分かっていない者が偉そうな事を言う資格などないことは分かっています。しかし、小さい頃から憧れてきた日本の柔道が大好きなのです。ですから、今回は書きながら熱くなってきてしまいましたがcoldsweats01一柔道ファンとして、そして子供に柔道を学ばせている親として思ったことを素直に書いてみました。

 

 勝手なことばかり書いてしまいすいませんでしたsweat02 ついつい・・・

|
|

« 鯖江三六記念祭柔道大会 団予選会 | トップページ | 信頼感 »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

 最近の最重量級の代表選手と言えば、小川・篠原・井上・鈴木選手。皆、大きな海外の選手相手に、背筋を伸ばして組み合い、豪快にpaper一本を決め、その柔道で頂点scissorsに立つ柔道でしたね。
 石井選手の柔道は、日本柔道の中では確かに異質です。多くの柔道ファン・柔道愛好家の中では批判的な声も上がってます。彼の真の実力は皆が認めるところです。きっと彼自身、現実と理想の狭間で激しいimpact葛藤があったことでしょう。
 海外では相撲取りのことを【スモーレスラー】と呼びますが、我々は【ジュードーレスラー】ではなく【柔道家】でありたいです。
 

投稿: クリリン会長 | 2008年5月10日 (土) 11時20分

クリリン会長、コメントありがとうございます!会長の言葉を読んで、なるほど!と思いました。
僕は日本柔道のファンであり、その柔道が好きなだけなんですよね。だから、これからもその気持ちを持ち続けたいと思います。しかし、だからといってJUDOを端から否定することはよろしくないのかもしれませんね。JUDOはJUDOとして認めることが大切かもしれません。
しかし、過去何度も訪れた日本柔道のピンチの時に、ヒーローのように現れた小川・篠原・井上・鈴木選手のように、また欧米のJUDOに真っ向から勝負できる、強い【柔道家】が現れてくれることを願って止みません!
そのためにも、日本柔道の底辺を担っている少年柔道には、将来【柔道家】を目指す子供達を育てて欲しいと願っています!

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2008年5月10日 (土) 16時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/20842709

この記事へのトラックバック一覧です: 日本柔道 金への苦闘:

« 鯖江三六記念祭柔道大会 団予選会 | トップページ | 信頼感 »