« 「自分を信じる」 | トップページ | TO BE OR NOT TO BE »

2008年4月27日 (日)

熱い(暑い)役員引継会

 昨日は、丸岡スポ少保護者会恒例(?)の「役員引継会」なる飲み会beer が開催されましたsmile このイベントは新年度の保護者会役員と前年度の役員、そして先生方を交えての引継会(旧役員のお疲れ様会)なのですが、今年度は諸事情により役員を留年する保護者もおり(私もそうなのですが・・・)、「引継会」というよりは「頑張ろう会」の意味合いが強かったように思いますnotes

 

 また、昨年度たくさんの「サザエさん伝説」を残してくれた役員さんのお別れ会(??)も兼ねた会になりました。僕はあねごとK輔が団から卒業するのが悲しくて仕方がないのですがbleah、新会長はそんなあねごを追い出す気満々catface のスピーチを披露してくれましたsmile(ウソですsign01) みんなが爆笑の滑り出しとなりましたhappy01

 

 この引継会では、先生方もHA○E監督・クリリン会長・M原先生・T山先生の4名の先生が、お忙しい中参加してくださり、会に花を添えてくれましたcherryblossom

 

 毎回の事なのですが、このメンバーが集まっての飲み会beer の話題といえば恒例熱い柔道討論会となりますcoldsweats01 というより、僕がまた熱くなってしまうのですが・・・sweat02 HA○E監督は、店内の暑さに耐え切れないご様子で「クーラー全開指令」を出しておられましたcoldsweats01 その店内の熱気に輪をかけての熱い柔道談義sign03 室温は30℃を超えていたでしょうかupbleah 

 

 この暑さ(熱さ)では、当然ビールも進みますbeer 飲み放題だった今回は、会長のお店チョイスのセンスの良さに脱帽でしたshine 雰囲気の良いお店で、しかも飲み放題sign03 「飲兵衛」にはぴったりのお店でしたhappy01

 

 会も終盤に差し掛かると、熱い柔道談義を語っていたハズが、いつの間にかあらぬ方向に話題がそれていっているではないですか・・・sign02 ここでは、話しの内容を公開するのは控えさせていただきますがbleah僕はスイカウリもあまり得意ではありませんbleah どちらが好みかといえば、ミカンあたりでしょうかsmile

 

 会の終わりになり、新会長Hさんのお迎えにM紀ちゃんとS君が来てくれましたhappy01 これから丸岡スポ少を背負って立つ、期待の二人ですshine HA○E監督の二人を見る目が輝いておりましたhappy02

 

 さて、昨夜はいったい何杯のお酒を頂いたでしょうか・・・・dash 日頃鍛え慣れていない「ガラスの肝臓」を、フルに働かせてしまう結果になりましたsweat01 しかし、このように先生方と保護者会が一体となり、子供達のために出来ることを考えていけば、きっと素晴らしいチームが出来ることと確信しています。

 

 子供達・先生方・保護者が「三位一体」となり、子供達が楽しく厳しく柔道に取り組めるよう、これからも頑張っていこうと決意を新たにした引継会でしたsign03

 

 最後に、この会を企画してくださった会長さんご夫婦、本当にありがとうございましたsign03 これからも、頑張っていきましょうup

|
|

« 「自分を信じる」 | トップページ | TO BE OR NOT TO BE »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

 肝臓の鍛え方が甘かったのかwobbly二日酔いでした。でも、楽しい夜でした。小島さん。役員として親子共々頑張っていただき、ありがとうございました。これからも、ちょこちょこ顔を出してください。待ってますbleah
 そして、会を開催してくださった長谷川さんはじめ新役員の皆様。良いお店restaurant、ありがとうございました。今年一年、頑張りましょう。good

投稿: クリリン会長 | 2008年4月28日 (月) 12時46分

土曜日は本当に楽しかったですねsun H会長並びに奥様、役員の皆様ご苦労様でしたsign03 保護者会の皆様のつながりがあればこそ、団も強くなると信じておりますup

いよいよ5月からの大会ラッシュsign03 好成績を残せるよう、一致団結して頑張りましょうsign01

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2008年4月29日 (火) 18時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/20602608

この記事へのトラックバック一覧です: 熱い(暑い)役員引継会:

« 「自分を信じる」 | トップページ | TO BE OR NOT TO BE »