« 長嶋茂雄 | トップページ | 熱い(暑い)役員引継会 »

2008年4月25日 (金)

「自分を信じる」

 柔道に限らずあらゆる勝負事の中で、特に大事な勝負の掛かった場面でよく使われるこの言葉。監督・コーチなどの指導者も、応援する者も、選手に対ししばしばこの言葉を使いますよね。

 「自分を信じていけ!

 すごく重みがあり素晴らしい言葉であると同時に、伝えることが最も難しい言葉でもあると思います。

 理由は二つあると思います。まず一つ目は、伝える相手が子供の場合です。子供の場合、自分自身を信じるということは経験上なく、先生方やあるいは親を信じているからです。自分の何を信じていけば良いかなんて、うちの3兄妹には到底分かっていません。言葉の意味がもの凄く難しいですよね。僕も未だに分かっていないと思いますcoldsweats01

 

 もう一つの理由は、自分を信じられるだけのバックボーンを、その選手がどれだけ持っているかによって受け取り方が変わってしまう点です。

 「これだけ練習したんだからsign01

 という風に、練習量を自信に変える選手もいれば、

 「オレ以上に強い奴は他にいないだろうsign01

 と、自分の実力に納得するまで強くなり自信に変える選手もいるでしょう。

 しかし、こうしたバックボーンを持っていない選手や試合で勝てていない選手に、いくら「自分を信じていけ!」と伝えたところで、信じるものが何もないのではかえって逆効果になることの方が多いでしょう。

 

 僕の職場でも、これと同じ現象が起きています。現場活動は、知識+経験に裏付けられた自信と責任感がなければ失敗の原因になります。ましてや「小隊」と呼ばれるチーム活動を主体とする僕らにとっては、一人ひとりのこうした責任感は最低限の約束事です。一人ひとりの確実な活動の上にチームでの活動が成り立っていますshine 柔道で言うと、団体戦のようなものでしょうかhappy01

 しかし、経験値の少ない子にそれを求めるのは無理です。そんな中、いくらその子に

 「自信を持ってやれ!」

 と言っても、自信なんか持てるはずがありません。不安で一杯なんですからsad もちろんプロとしては失格なんですが、僕はそれで良いと思っていますし、それが当たり前だと思っています。逆に、知識も経験もないのに、知った顔をして自信満々に間違ったことをされるくらいなら、不安でビクビクされていた方がよっぽど安心ですsign01

 大事なのは、その不安を受け入れてそれを経験と自信に変えて行けるかどうかです。以前、多分HA○E監督からだと思いますが、こんな質問をされたことがあります。

 「田中さんは訓練なんかでは、自分の後輩やできない奴を怒ったり厳しく指導したりする方ですか?」

 なかなか答え辛い質問coldsweats01 で困りましたが、僕は確かこう答えましたよね。

 「僕は怒ったり無理矢理やらせたりはしません。やる奴とか出来る奴というのは、黙っていても勝手にするでしょう。社会人になった以上、相手もいい大人なんだから自分で判断すれば良いと思っています。」

 なかなか大人な答えでしょう(笑)でも、本当にそう思っています。僕らの職場での訓練や日々の研鑽は、残念ながら皆さんを守るためではなく、自分の命を守るためというのが一番の目的です。訓練で得た知識や技能なくして現場活動に臨むのは、はっきり言って自殺行為です。そんな無謀な行動をしてしまえば、結果、皆さんを守り助けることが出来なくなります。ですから自分の命を守る=皆さんをお守りするということに直結するのです。自分の能力の限界を知っておくためにも、これらの訓練は重要です。

 若い子達には、この意味さえ理解してもらえば、あとはいくら厳しい訓練でも自分でするようになるでしょう。ですから知った顔した勘違いが一番怖いのですangry こういう子には、残念ながら厳しく怒りますannoy 

 話しが逸れてしまいましたが・・・この、

 「自分を信じる」

 という言葉は、短縮すれば「自信」ですよね。つまり、「自信を持つ」という事は「自分を信じる」という事になります。これは僕自身の考えなのですが、「自分を信じる」という事は、「裏付けを持つ」とイコールでなければならないと思うのです。根拠のない自信は自信ではなく油断であり、無知と同じです。裏付けのない自分を信じていては結果も出ませんよねsweat02

 どんな裏付けを持つかは、先ほど書いたとおり人それぞれです。練習量の裏付け、実力の裏付け、実績の裏付けetc・・・・。こうした裏付けが自信になり、つまりは自分を信じるのに必要なバックボーンになるのだと思うのです。

 

 スポ少の子供達は本当に素直ですshine 相手が怖いし負けるのが怖い。投げられるのだって怖いでしょうし、もちろん怒られるのも怖い。いろんな事が怖いんだと思います。当然ですよね、子供ですから。

 組まない、腰を引く、横を向く、技が中途半端、巻き込む、後ろに下がる、技が出ない。これらは全て、いろんな恐怖心が表れた結果でしょうsweat01sweat01

 でも、そこからどれだけこの恐怖心に負けない心を育てていけるか・・・。これが普段の稽古の最も大きな意味なのかも知れませんね。それがあった上で、その中から柔道に必要な様々な要素を少しずつ身に付けていくのでしょう。

 最初に書いたとおり、子供に

 「自分を信じろ!」

 というのはなかなか難しいものでしょう。でも、努力することの大切さや、恐怖心に立ち向かう精神力というのは、日々の稽古で知らず知らず体験しているはずですsign03

 恐怖をもたらす相手にではなく、恐怖心を抱く自分の心に立ち向かう勇気を育てる稽古を、これからも続けていってほしいと思います。それこそが、

 「自分を信じる

 ということに繋がるのだと思います。

|
|

« 長嶋茂雄 | トップページ | 熱い(暑い)役員引継会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
越前市柔道スポーツ少年団HP管理人の齋藤
ハンドルネームを「越スポ けんだー」と申します

いつもブログを楽しく拝見させていただいております 
この度はHPにご来場いただき誠にありがとうございました またリンクの件ですがリンク依頼をこちらからさせて頂こうと思っておりましたところに逆にご連絡いただきまして誠にありがとうございます 
リンクの件何卒よろしくお願いいたします

「自分を信じる」のところにコメントさせていただくのは迷ったのですが、メールもどうかと思いカキコいたしました

田中様や赤ペン先生のようなブログはとても真似が出来ませんので放置しっぱなしOKのHPで開設いたしました 
これから少しでも充実したものにしていき子供たちの柔道を楽しむ環境づくりに協力していきたいとおもいます
今後ともよろしくお願いいたします

投稿: 越スポ けんだー | 2008年4月26日 (土) 00時14分

越スポ けんだーさん、お返事ありがとうございます! 早速リンクさせていただきました。
 
私も、越スポ けんだーさんのおっしゃるとおり、少しでも子供が柔道を楽しめる環境作りに微力ながらお手伝いさせていただきたいと思っております。つたないブログもそんな思いからのスタートでした。

先月の県大会での主将の選手宣誓、とても素晴らしかったですねsign01 立派な宣誓に感動しました。

今後ともお互いの交流を深め、柔道の魅力をどんどんアピールしていけたら良いですね。

こちらこそ、これからもよろしくお願いします。

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2008年4月26日 (土) 10時03分

 ん~think 難しい問題ですねぇ。
 裕さんの職場の話、(命heart01がかかってますから)重い言葉ですね。 団体戦に当てはめることも出来ますね。選手がチームの星勘定して戦うのではなく、自分に出来ることをやり切る、みたいなことでしょうか?
 子供がいろんなことを考えて、そして少しずつ成長してくれたら、と思います。
 とりあえず、今夜は『役員引継ぎ会』いう名の【bar飲み放題beer】  二十数年鍛えた肝臓wineを信じて、力一杯sign03頑張りますhappy02

投稿: クリリン会長 | 2008年4月26日 (土) 15時22分

飲み過ぎ注意!!σ(^_^;)

投稿: HA◯E監督 | 2008年4月26日 (土) 16時06分

クリリン会長、ありがとうございます!上手く伝えられないのが歯痒いのですが、柔道の団体戦の話しはそのとおりだと思います。団体戦に出場する代表選手一人ひとりが、選手としての自覚と責任、そして団体選手に相応しいと団員みんなが認める実力を持つことがチームとしての最低限の約束事だと思います。このことを強く自覚して努力することが、団体戦に出る選手には求められると思います。そうした姿が、仲間同士の信頼に繋がるのではないでしょうか?
チームメイトがお互いを信頼していればこそ、自分の試合に全力を尽くすことができます。そうした仲間との信頼関係があってこそ、強いチームができるのだと信じています。
団体戦ですから、ある時期にくれば星勘定や引き分け試合も必要なこともあるでしょう。それらもすべて、チーム内の信頼関係があってこそでは・・・。
3兄妹には、チームのためにということを頭において自分の柔道を磨いていけるような、そんな選手になってほしいと願うばかりです。

僕は努力をしていませんので、とても信じきれるような肝臓は持ち合わせておりませんbleahでも、楽しみにしておりますsign01 HA○E監督に怒られないよう、ほどほどにたっぷり頂きたいと思っておりますbeer

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2008年4月26日 (土) 17時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/20530348

この記事へのトラックバック一覧です: 「自分を信じる」:

« 長嶋茂雄 | トップページ | 熱い(暑い)役員引継会 »