« 三つ葉大会を終えて① | トップページ | 二つの顔 »

2008年3月 3日 (月)

三つ葉大会を終えて②

 前回の続きです。3年生の決勝リーグ。F太君、R一、T田さん、美希弥の4名によるリーグ戦となりました。このリーグでは、美希弥がベストバウトを連発し、久しぶりに美希弥らしい試合を見せてくれましたshine

 R一戦では、序盤必死に攻め込むも、中盤で不用意な背負いを返されて有効を奪われてしまいます。残り時間も少なくなり、ちょっとピンチsweat02ここで僕は美希弥にアドバイスを送るのですが、本当につまらない事を言ってしまいましたwobblyR一にも申し訳なかったし、目先にこだわった反省の一言アドバイスとなってしまいました。やはり背負いはしっかり担いで投げる意識がないと駄目ですもんね。勝ちにこだわってしまい、我ながら情けない応援になったと反省しなければならない試合でした。結局、終了間際に背負いで有効を取り返し判定で辛くも勝利。内容は攻め続けていましたし、ポイントにはならないものの良い背負いを見せていましたので、判定は安心して見ていましたが、何よりR一がここまで強くなっているのに驚きました!う~んsweat01次はヤバイかも・・・dash F太君のお母さんがコメントでおっしゃられていましたが、つぼみ保育園の仲良し(悪ガキ)3人組が、こうして柔道という一つの道で、しかも決勝リーグで勝ち負けを争うのは実に感慨深いものがありますねcrying

 次のT田さんとの試合では、攻め込まれて頭を下げる場面が多く、後ろに下がってしまっていたので、気持ちで負けてしまったかな・・・と思ったのですが、時折、背負いで勝負に行く場面も見せていましたし、最初から最後までその気持ちで戦っていれば、きっと結果は変わっていたと思います。今の美希弥には、あの体格でしかもしっかり攻め込んでくる相手を、しっかり押し返す気持ちはまだ造れていません。T田さんは本当に強い選手になったと思いました!最後の両膝付き背負いだけは、キチンと注意しておきました!

 そして、運命のF太君との試合!!美希弥には、内心、期するものがあったことでしょう!1年ぶりの対戦は、思い出の名勝負②で紹介した試合以来の対戦となりました。この試合もあの名勝負以上の熱戦となりました。美希弥は良く頑張ったと思います!F太君も強かった!内容はとても言葉では表せないぐらい素晴らしい試合でしたし、書き出すととても長い長い文になりそうなので、またの機会に・・・(笑)一番嬉しかったのは、最後、F太君が全力で背負ってくれたのが本当に嬉しかったです!あの背負い、あの試合内容を見て、やはり美希弥がここまで強くなれたのはF太君のお陰なのだと改めて思いました!他の選手との試合とF太君との試合とでは、別人のような美希弥。これからもずっと目標にしていくことでしょう!

3nennhyousyou  聞けばF太君も体調不良と怪我で悩まれていたとのこと・・・。でも、F太君は丸岡町の宝です!これが復活のきっかけになれば良いですね。

  

 次は4年生の部。丸岡からは超級にTちゃんが出場しました。4年生のこのリーグは、春江スポ少の選手が多く、1月の丸岡大会でも活躍した選手が出ており、Tちゃんにとっても厳しい試合が続きました。しかしTちゃんは、丸岡の選手の中でもイケイケの柔道を実践する選手で、毎回ドキドキの試合を見せてくれます。この日の試合も、結果だけをみれば残念な結果となってしまいましたが、内容を見ると自分から積極的に技を出していけていましたし、しぶとさも出てきたように感じました。もう一歩!あと一歩!!というところでしょうか。今年は丸岡スポ少唯一の5年生!!として、どんどん頑張ってもらわなければならない選手です!! 頑張れ!Tちゃん!!

 5年生の部は、以下級に優弥、超級にY章・Y輝・Tおる・Y真の5人が出場しました。以下級にエントリーしていたK馬は、体調不良でリタイアsweat01やはり風邪が流行ってますよねsweat02今大会は、他道場でも欠席者が多かったようで体調管理の大切さも感じました。

 先ずは以下級。昨年この大会で初優勝を挙げた優弥でしたが、この日は苦戦の連続となったようです。先生とお話したとおり、この日の反省事項は本人が一番分かっているようでしたので、何も言わずにおこうと思いました。

 一言だけ、J君との試合を振り返らせ、背負投げ・大内刈りという二つの技を一回も出さなかった(出せなかった!?)ことを伝え、美希弥と泉弥の試合から学ぶように、と教えました。美希弥はF太という実力差の大きい相手に、自分の普段練習している大外刈りで勝負できた。泉弥もN海ちゃんという強敵相手に積極的に前に出て、「絶対勝ちたい!」という気持ちを前面に出した試合が出来た。でも、優弥はそれらが出来ていなかったですよね。バタバタするような所や焦りすぎな所、釣手と引手の使い方、取り方など、直すところはたくさんありますが、何より精神的に負けているのが分かりましたので。優弥にしても、練習で幼年の頃から何万回以上も練習してきている技を一回も出さずに終わる試合ほど、悔しい試合はないはずです。これだけは守って欲しいです

5nenn_2  ただ、あまり悔しそうにしていなかったのも気になるのですが・・・sweat01ま、今後に注目といったところでしょうか(笑)

 

 続いて超級。ある意味波乱含みの展開となり、川口道場の二人の主力に明暗が分かれた結果となりました。また、我らが丸岡のエースY章も、良い所と悪い所が同時に見られる結果となりました。優勝者のN桜さんは、本当に絶好調ですよね。強い!!女の子だというところも更に凄い。やはり姿勢とバランスが良いのが一番見ていて素晴らしいと思いました。ちょっとやそっとで倒されないだろうな・・・と、見ているだけで分かります。

 一方Y章も、宿敵R君との試合で開始早々いきなりの技ありを奪います!しかも大外刈り!!これは素晴らしかった。もしかしたら1本あったかも・・・、という勢いの技でした。その後、違う会場で我が子の試合と重なりY章の試合から目を離してしまったのですが、見るとその技ありを守りきって勝利。対R君に久しぶりの勝利となりました。・・・が、先生方やお母さんは何故かお怒りモード!何かやらかしたのかな・・・?と思って先生に聞いてみると、僕が目を離していた間の試合は、その技ありを守りにいき技を出さない試合になってしまっていたらしく、反省のほうが多い試合になったようでしたdown

 また、絶好調のN桜さんとの試合も、攻めにもう一つ思い切りの良さがなかったですね。恐る恐るの技の入りになってしまっていました。上手く言えませんが、「勝つ試合」ではなく「負けない(投げられない)試合」をしてしまった感じですね。結果、判定で負ける結果になってしまいました。今日のY章なら、きっと優勝できた大会ではなかったでしょうか?しかし、良いところもしっかり見せてくれたので、今後に期待の持てる大会だったと思いますup

 また、超級ではY輝・Tおる・Y真もそれぞれ見せ場を作ってくれていました。Y真は、正直厳しいメンバーで何も出来ないのかと思っていましたが、全ての試合で大外刈りで立ち向かう試合を見せてくれて、優弥なんかよりよっぽど良い試合をしていました!!このところのY真は、大きな変化を見せてくれているように感じ、とても楽しみになってきました。また、Tおるの負傷は正直、ドキッとしましたが何事も無く良かったですdash 大外刈りを返されての負傷。まさに勇敢さが裏目に出た負傷!これに懲りず(?)今後も積極的な柔道を見せて欲しいです。Y輝も体格の違う相手に、気持ちで負けないY輝らしい柔道を見せていましたね。超級は、丸岡のみんなの健闘が目立った試合が多かったように感じました!

 最後は6年生。お伝えするのが怖いのですが・・・thunder6年生にとってスポ少最後の大会となった今大会。遠くからでしたが、3人の試合をしっかり見ようと思いました。しっかり見ましたが、結果は・・・・お伝えしないことにします。最後の大会でしたから、3人それぞれ思いがあったと思います。僕よりも、本人達が一番良く分かっているはずですから!悔いの残らない大会となったでしょうか?それとも最後の大会というプレッシャーが邪魔してしまったでしょうか?しっかり噛みしめて試合が出来たでしょうか?

Dsc01618_2 6年生の3人、今年1年丸岡スポ少を引っ張って行ってくれて、本当にありがとう!そしてお疲れ様でした!スポ少での経験を忘れずに、中学で大きく翔いていってくださいねsign03

 

 以上で、三つ葉大会の実況を終わります。

|
|

« 三つ葉大会を終えて① | トップページ | 二つの顔 »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

コメント

ブログ拝見しました。大会見たかったな(^o^;言われて見ると、元つぼみ3人衆って感じですね、ふうた君やみきや君と同じ舞台に立てた事を喜んで、それと同時に少し悔しがっていました。丸岡柔道や川口柔道に強い仲間やライバルがいて感謝していますm(__)m一年生になる前から柔道をしたいと、せがまれてました。皆より少し遅れて入団になったのを後悔してます、でも同じ道場にいるS君やみきや君同じ3年生の背中を見て追い付いて欲しいですrunそれにマケじと丸岡柔道のレベルアップに繋がって欲しいです。6年生位になったら力強くなって試合もより一層楽しそうですねブログの更新ありがとうございますhappy01

投稿: Rの親父(丸岡) | 2008年3月 3日 (月) 20時46分

昨日はお疲れ様でした。なかなか見応えの有る試合ばかりでしたねhappy01K太郎の初shine勝利sign03裕さんのお言葉通り、喜んで良いのかどうなのか、戸惑ってしまいましたcoldsweats01ただ、今まで押さえ込まれてる姿しか見た事がなかったので、技を掛けにいく姿は見てて嬉しかったです。K太郎もかなり嬉しかったみたいで、「次の試合いつや?」と意気込んでましたcoldsweats01あとK太郎が、皆さんの『K太郎sign03頑張れsign03』の応援の声が凄く嬉しかったhappy01と言ってましたhappy01ホント、丸岡父兄団の応援はスゴいsign03この場をお借りして…アリガトーございましたm(__)m

投稿: K太郎mama | 2008年3月 3日 (月) 21時43分

Rの親父さん、コメントありがとうございます。ははは・・・。確かにR親父さんは二人いましたね。内容で誰かは一応分かるのですが。(丸岡)でこれからもお願いします。R一ですが、最近メキメキと力を付けていますので、普段の練習での乱取りなどでは丸岡3年生の中でも上位の実力を身に付けていると感じています。でも、まだまだ負けませんよ~!!(笑)美希弥には、もう少しR一のライバルとして壁になっていて欲しいですね。R一のためにも!!柔道は体だけではない!ということを知ってもらいたいし、技をもっと磨いてほしいですからね。
僕は、泉弥とAゆむというライバルにも注目しています!・・・が、実力や持って生まれたもの、努力の量は、皆さんご存知のとおりAゆむの方が数段上を行っています。でも、Aゆむのお母さんは、柔道兄弟の母として誰よりも柔道を良く知っているはずですが、それでも泉弥をAゆむのライバルとして認めてくれています。それが凄く嬉しいのです。
ですから、この3人(F太、R一、美希弥)も元つぼみ悪ガキ同士、ある時はライバルとして、またある時は一丸となって強い丸岡スポ少を作っていってほしいと願っています!スポ少だけじゃありません。中学・高校となり、この3人が同チームで福井県で暴れまわれる日が来るのを楽しみにしましょう!
K太郎mamaさん、コメントありがとうございます。K太郎初勝利、おめでとうございます!なかなかの好試合でしたね。まずは1段階をクリアですね。次のステップへ向けて頑張ってください!k太郎には、次のステップとして柔道を通じてもう少し違う何かを学んでいって欲しいと思っています。勝ち負けだけではない、何か・・・です。それが何なのかを学ぶのが練習であり、柔道という存在自体なのではないでしょうか?僕も反省の連続!優弥・美希弥・泉弥も同じです。だから、勝ち負けだけで柔道の好き嫌いを判断しない子になって欲しいのです。

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2008年3月 3日 (月) 22時22分

Rの親父さん「龍一、風太と美希弥に追いつき追い越そうと思ったら、二人の3倍練習しろ。楽をして強くはなれないぞ。」と、伝えて下さい。龍一は最近メキメキ頭角を現しています。自分を信じて努力すれば必ず結果はついてきます。  期待してます(*^_^*)

投稿: HA◯E監督 | 2008年3月 3日 (月) 22時24分

K太郎mamaさん、初勝利おめでとうございます。虎太郎の柔道人生は始まったばかりです。これから柔道を通していろんな事を学んでいくと思います。時には傷つき、挫折し、挫けそうになることもいっぱいあるでしょう。でも、それを乗り越えて人生を歩んで欲しいと思います。

投稿: HA◯E監督 | 2008年3月 3日 (月) 22時40分

PS 柔道は個人競技だと思われていますが、僕は団体競技だと確信しています。(競技と呼ぶのはちょっと抵抗がありますが)確かに個人戦は一対一で戦いますが、そこに至るまでには先輩や後輩、同級生達、たくさんの仲間との練習があるのです。試合というのは、自分の為はもちろん、仲間達みんなの努力、想い、汗、涙を背負って戦うものだと思います。子供達にはこの事を肝にめいじて練習に励んで欲しいと思います。

投稿: HA◯E監督 | 2008年3月 3日 (月) 23時01分

HAOE監督、ありがとうございます!
僕も、柔道の中では団体戦に1番魅力を感じています。先鋒から大将まで、みんながチームの勝利のために戦うことに意味を感じるからです。また、代表選手は丸岡柔道スポ少全員の思いを背負い、戦うものだと思うからです。僕がおたよりで、大会の結果を必ずお知らせしてきたのは、団全員(保護者も含む)に結果を知ってもらい、全員で悔しさや嬉しさを共有して、一喜一憂してもらいたかったからです。レギュラーもサブも、同じ気持ちで戦えるチームは、きっと強くなると信じています。

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2008年3月 4日 (火) 11時53分

先日はお疲れ様でした。やっとスタートラインかなという感じですかね?本人も先生方の指導の通り、大きな声をだして、相手に向かって行けば勝てるということが少しだけ理解できたみたいです。
今までは、試合以前の問題でしたから!日曜もそうでしたけどまだ、勝負を自分で決めていますもね。まぁ、勝った試合だけは、本人もこの相手には勝てると思ったんでしょうね(怒)声もでていたし、積極的でしたね。
一応、褒めておきました。(笑)
技や体を鍛える前に気持ちを鍛えなきぁね!
長くなりますが、毎回試合のたびに思うことですが、一生懸命な子供達の姿には感動させられます。ありがとう!僕のベストバウトは、S(幼年)の背負カッコいかったです。

投稿: K太郎の父 | 2008年3月 4日 (火) 11時55分

K太郎の父さん、コメントありがとうございます。日曜日はおめでとうございました!この勝利をきっかけに、更に頑張ってくれると良いですね!一応…ではなく、思いきり褒めてあげて下さい。本当にナイス試合でしたから!!相手が勝てそうな相手…という風に、全ての相手に同じ気持ちで柔道できたら、きっともっと勝てると思います。でも、それが1番難しいんですよね。どうしても、強い相手と分かると気持ちが負けてしまう……。泉弥も同じです。だから、気持ちを鍛える追い込んだ練習が必要なのでは?と、感じています。
僕は残念ながらK太郎の父さんが選んだベストバウトS君の試合を見逃してしまいましたsweat02残念!でも、2勝を挙げていましたし大活躍だったのでしょうね!丸岡幼年組は、きっと強くなるはずです!1年生二人もうかうかしてられないですよ(笑)

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2008年3月 4日 (火) 19時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/10887524

この記事へのトラックバック一覧です: 三つ葉大会を終えて②:

« 三つ葉大会を終えて① | トップページ | 二つの顔 »