« 組んで投げる! | トップページ | キャプテンとは・・・? »

2008年2月 3日 (日)

羽咋少年柔道親善大会

Dsc01530a_3 今日は、石川県羽咋市で「第24回羽咋少年柔道親善大会(山岸旗争奪戦)」が行われました!今大会は、北信越・中部地区の各県から総勢60チームが参加する大きな大会となり、また、名の通った強豪チームも多数参加するレベルの高い大会でした!

 我が丸岡スポ少からも、Aチーム・Bチームの2チームが参加し、各チームとも熱のこもった試合を展開してくれました・・・・と言いたいところですが、試合内容はA・B両チームとも(怒)(怒)(怒)の結果となってしまいました。

 まずは結果から・・・。

Dsc01535a  丸岡Aチームは予選リーグで、内灘Aチーム(石川県)、緑柔道教室(石川県)と対戦し、1勝1敗。(VS緑柔道教室戦は3-1で勝利。VS内灘Aチーム戦は1-2で敗北。)
 リーグ2位で、2部トーナメント戦へまわりました。

 また、2部トーナメント初戦では窪田道場Bチーム(石川県)と対戦し1-4で敗北。羽咋大会の日程を終了しました。

Dsc01531a  丸岡Bチームは予選リーグを、必誠館Aチーム(石川県)、鶴来坂田道場Bチーム(石川県)と対戦し、2敗。(VS必誠館戦は2-3で敗北。VS鶴来坂田道場Bチーム戦は0-5で敗北。)
 リーグ3位で3部トーナメント戦へまわりました。

 トーナメント戦では1回戦不戦勝。2回戦は福野Bチーム(富山県)と対戦し2-1で見事勝利!3回戦で入善Bチーム(富山県)と対戦し0-4で敗北。惜しくもベスト4進出を逃しました。

 ・・・・・と、このような結果でした。

 中には、白熱の好試合有り、結果以上に内容のある試合有り・・・と良い面も見えた選手もいましたが、全体としては×の内容だったように思いました。

 丸岡Bチームの予選リーグは、Kつお先生曰く、

 「今シーズン最悪の試合内容だった・・・・」とおっしゃられるとおり、見せ場なく3部リーグに落ちてしまった内容でした。しかし、トーナメント戦に入ってからは、1戦目・2戦目と、徐々に持ち味の出た選手も見られ、一概に悪い!という内容でもなかったように感じました。

 トーナメント初戦の中堅Tおる君!そしてトーナメント2戦目の先鋒Mきや!共に素晴らしい試合を見せてくれました!残念だったのは、大将K輔。試合が始まった瞬間、気持ちで負けている試合が目立ちました。体の大きな相手に気持ちで負けてしまったら、その時点で負けです!

 そして、もっとも最悪だったのはAチーム!!次鋒Y弥!!!

 「お前は何をやっとるんじゃあ(怒)お前のせいで負けた団体戦ばっかりやろが!

 と、思わず叫びたくなる試合ばかりでした。 実力的に完敗の試合なら、何も言いません。後でビデオを見直しても、3試合全てが普通にしていれば勝てる試合の取りこぼし!!!次鋒戦を勝てていれば、全て勝てている団体戦ばかりでした。本当に腹が立つわ!実力の似たもの同士の対戦で、勝敗を決めるのは「心」と「自信」です。その2つが、相手に負けていました。一番腹立つことです!!3試合とも、得意の「背負い」を信じて掛けていれば、全部決まった試合ばかりでした。なぜに3試合とも、練習したこともない大外刈りにこだわったのか・・・意味が分かりませんでした。大外刈りに入ったタイミングで、いつも練習している背負投げを出していれば、きっと違った結果が出ていたことでしょう。

Dsc01538a  Mなぶ先生も、試合後子供達に伝えていましたが、

 「お前らそんなもんじゃないやろ!まだまだやれたやろ!

 の言葉が全てを物語っていました。絶対、やれていた相手だっただけに、悔しい反面、課題もはっきり見つかりました!また、手ごたえも感じました。全く通用しない相手は、今日の対戦相手の中には、1チームもなかったように思いました。

 では、何が勝敗を分けるのか・・・・?

 いつもKつお先生、Mなぶ先生、M原先生、M屋先生がおっしゃられる事が全てだと思っています。先生方の目指す柔道を子供達が信じていければ、きっとこういう拮抗した試合を物にしていけるように思いました。心の勝負が一番の課題だと、改めて感じた大会になりました。

Dsc01540a  僕達が見ていて、ハラハラドキドキする試合!こういう試合は、間違いなく良い試合ですし、こういう試合が出来るチームも、なかなかないですよね!丸岡スポ少には、そういう一番良いところがあります!どんどん伸ばしていってほしいと、心から願っています!!

|
|

« 組んで投げる! | トップページ | キャプテンとは・・・? »

丸岡スポ少柔道日記」カテゴリの記事

大会結果2008」カテゴリの記事

コメント

昨日はお疲れ様でした。
負けた試合(勝った試合もですが)のビデオはしっかり子供に見せてください。人に言われるよりも自分の柔道が客観的に見れて敗因も解ると思います。(見たくないでしょうが・・・)
M弥とK馬は初戦不戦勝が悪い方へ出てしまいましたね。2試合目は気持ちが入らないまま終わってしまいました。
裕さんの言われるとおり、実力差の大きくない相手との勝負の分かれ目は『気持ち・気合い』と、その中の少しの冷静さです。
アニマル浜口ばりのパフォーマンスが必要かもしれませんね。
来週の県大会では手に汗握る試合が出来るようお互い頑張りましょう!

投稿: クリリン会長 | 2008年2月 4日 (月) 10時24分

このような試合が続くのであれば、そろそろクリリン会長の血圧が。。。。僕も頑張って指導しなければ!

投稿: HA◯E監督 | 2008年2月 4日 (月) 20時05分

クリリン会長、HA○E監督、日曜はお疲れ様でした。こんな試合だったからこそ、ファンは楽しめるんですよね!いい試合もたくさん見れましたし。僕は、Tおるの前に出る姿勢や、イケイケの時のT大、そして調子に乗った時の美希弥の柔道は大好きです!
優弥のみ腹立つ試合でしたよ。勝てる試合ばかりだったのに。。。。クリリン会長のみならず、僕の血圧がやばくなってきました。
来週の県大会、3兄妹にはかなり期待していますよ!今週水金の練習は、死ぬ気でやらせるつもりです。

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2008年2月 4日 (月) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/10236689

この記事へのトラックバック一覧です: 羽咋少年柔道親善大会:

« 組んで投げる! | トップページ | キャプテンとは・・・? »