« 非番の過ごし方・・・。 | トップページ | 思い出の名勝負② »

2008年2月19日 (火)

思い出の名勝負①

 私の子供達が丸岡柔道スポ少にお世話になって、早や6年の月日が経とうとしています。6年もの間、子供達の柔道を見てくると、本当に多くの大会等に参加させていただいており、その多くが楽しい思い出として記憶に残っています。もちろん、忘れてしまった大会や試合もたくさんあるのですが、中には本当に忘れることの出来ない名勝負もありましたsign03

 我が子たちだけに限らず、また、丸岡スポ少の団員の試合だけに限らず、参加した大会を見ていると、福井県のあちこちの団体で、素晴らしい試合を見せてくれる子供達が大勢いました。中には、

 「これが本当に小学生の柔道かsign02

 と、目を疑うような試合も何試合もあり、ますます少年柔道の凄さに引き込まれていきます。

 何より、一番素晴らしいと思うのは、子供達の試合をしている時の表情です!私が少年柔道を見ていて面白いと思うのは、この子供達の表情を見ている時です。

 同じ子供でも、調子の良いときの表情happy01、自信のないときの表情sadは全く違います。一生懸命な表情bearing、負けん気の強そうな表情pout、嫌々やらされている表情wobbly(笑)、泣いた顔weep、笑った顔happy02・・・・、本当に様々な表情を見せてくれますよね。

 ある意味、一番子供らしい正直な気持ちが顔に表れるのが、試合の時なのかもしれません。普段、元気一杯威張ってる子が、試合になると自信のなさそうな表情を見せると、何故か可笑しくなってきますsmile逆に、整列したときには自信のなさそうに、下を向いていた子(顔も、いかにも弱そうな感じbleah)が、主審の「はじめ!」の合図と共に、人が変わったようなイケイケの柔道をして、騙された(笑)ことも何度もありますdash

 本当に面白いですよね!!

 そんな訳で、今まで私が見てきた試合の中で、忘れられない名勝負をこれからしばらくご紹介していきたいと思っています。第1回目の今回は、我が子編から・・・。

 

one 泉弥の名勝負  デビュー戦「金井学園理事長杯」

Dsc01043  泉弥のデビュー戦となった、昨年10月の「金井学園理事長杯」のトーナメント1回戦。これが、まだ少ない泉弥の試合の中でも一番印象に残っている試合です。デビュー戦だというのに、1回戦の対戦相手はいきなりN海ちゃん(金井Jr)・・・・sign03 トーナメント表を見て、思わずdown。一気に敗戦ムードが漂いました。N海ちゃんは、幼年ながら素晴らしくキレのある背負投げを得意とする、本当に強い子ですshineとにかく、怪我しないように、とそればかりで、試合前から結果は諦めていました(泉弥ちゃん、ごめんなさいsweat02)。

 しかし、当日対戦が始まってみると、展開は思いもしない方へと進んで行くのでしたsweat01序盤から積極的に前へ出たのは泉弥。技は無茶苦茶でしたが、攻撃の手を緩めません。背負いの得意なN海ちゃんでしたが、なかなか技が出せないようでした。そして、中盤から終盤へ差し掛かるところで、泉弥にチャンスが訪れました!!なんと、N海ちゃんを押し込みながら後ろへ倒したのでしたhappy02しかし、さすがはN海ちゃん、しっかり腹ばいで逃れられてしまいましたshock

 その後、残り時間十数秒のところで、気の緩みから抑え込まれて負けてしまいました。結果は敗戦でしたが、デビュー戦ということと、対戦相手がN海ちゃんであったということを考えると、本当に素晴らしい試合をしてくれたなshineと感心しました。

 これから先、同学年の、しかも女の子同士ということで、多くの対戦機会があるはずの二人。こんなに強い女の子が同学年にいるというだけで先が思いやられますが、負けてばかりいるわけにもいきません!!ずっとお付き合いをしていかなければならないのですから、良い勝負が出来るよう、泉弥にはこれから精一杯頑張っていってほしいと願っていますsign03

 次回は美希弥、優弥の名勝負のご紹介です。

|
|

« 非番の過ごし方・・・。 | トップページ | 思い出の名勝負② »

3兄妹の柔道成長日記」カテゴリの記事

コメント

この試合自分が審判をしていたと記憶しております。確かに泉弥ちゃんは互角以上の試合をしていました。あのまま判定になったらもしかすると・・・
これからの泉弥ちゃんの活躍を期待しております。

投稿: 赤ペン | 2008年2月19日 (火) 12時15分

赤ペン先生、コメントありがとうございます。
あの試合、赤ペン先生に審判をしていただいた事は、はっきり覚えています。泉弥の初試合に、先生に審判していただいた事はとても光栄でした!
泉弥と同じ学年の女子は、知っているだけでも金井のN海ちゃんをはじめ、同じ金井のT中M樹ちゃん、川口先生のM穂ちゃん、強い子がたくさんいますよね。運が良いのか悪いのか・・・。丸岡には、幸いにもAゆむという強力な練習相手がいますので、彼にどんどん向かっていき、ちょっとやそっとじゃ挫けない精神力を身に付けて、同年代の女の子達に負けないくらい強くなっていってほしいものです。また是非、M穂ちゃん達と一緒に練習させてください!

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2008年2月19日 (火) 14時18分

泉弥は高浜の大会でも1年生№1の北出はるのに果敢に攻めていましたね。あれには正直びっくりしましたし、泉弥のこれからの可能性を期待させてくれました。bleah
明日は川口と合同練習です。強い相手にドンドン臆することなく立ち向かって欲しいですね。攻めてる泉弥は強いですよ。good
それと、pig歩の半分はご飯riceballを食べて大きくなろう

投稿: クリリン会長 | 2008年2月19日 (火) 17時57分

クリリン会長さん、コメントありがとうございます。確かに、高浜のあの試合も秒殺を覚悟しましたが、泉弥の技が先に出ましたね!泉弥の底力は、親自身がまだまだ計りかねていますが、このまま柔道が好きなまま育っていってほしいと思っています。同じチームにAゆむという強力なライバルがいますので、本当に感謝しています。丸岡の2枚看板(翔がいますので3枚看板ですね)になってもらいたいと期待しています!
「ちりとてちん」のお師匠さん、ついに旅立たれたようですね。。この番組は、見ていませんが、落語の師匠さんという事で、きっと厳しくも優しい役だったのでしょうね(笑)師匠さんの言葉を肝に銘じ、体が覚えるまで反復訓練を続けさせます!!

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2008年2月19日 (火) 19時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/10612420

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出の名勝負①:

« 非番の過ごし方・・・。 | トップページ | 思い出の名勝負② »