« 緊急事態!! | トップページ | 本日のおすすめは??⑤ »

2008年2月29日 (金)

失いかけていたもの

 今日は2月の最終日。4年に1度の閏年、29日です!!そして、気が付けば明日からは3月です。本当に早いものですよね。新年、丸岡武道館で鏡開きをしたのが、ついこの前のように感じられます。しかし、今日などはとても天気が良く、少しずつ春cherryblossomの気配が近付いてきたようにも感じられます。

 2月に入り丸岡スポ少は、大変多くの他団体との練習をさせていただきました!20日にと27日の丸岡スポ少の練習日には、川口道場さんが丸岡武道館まで出稽古に来て下さりましたし、23日、24日の両日は県立武道館で、4団体が集まっての合同練習にも参加させて頂きました。また昨日の木曜日には、今度は丸岡スポ少が川口道場と松任スポ少(石川県)の練習会ににお招きいただき、県外の強豪チームと練習できる機会を頂きました!!先生方、本当にありがとうございました。

 そんな中で私は、練習量や内容・結果を意識しすぎるあまり、我が子達にかなりの負担を与えていたように思いました。2月だけの話ではなく、ここ最近というもの、何か変に気負いすぎていたように感じるのです。

 前にこのような内容のことで偉そうな事をブログに書いた記憶がありますが、自分自身が一番分かっていないんじゃないのか・・・・。そのことについてずっと悩んでいました。そして、子供達の成長を一番邪魔しているのも自分自身じゃないのかな・・・と。down

 そんなことをゆっくり考える時間を作る必要があるような気がして、過去の子供達の名勝負を思い出してみたりしました。そして、自分自身が一番子供に望んでいることは何なのか??をもう一度整理してみたいと思いました。

 そんな時、川口道場のR親父さんからブログ記事へのコメントが来ました。まさに、天からの贈り物present のような気がしました!私が優弥の名勝負に選んだ試合のDVDtv を持っていることが分かったのです!失礼を承知でそのDVDをお貸しいただけないかとお願いしましたところ、次の合同練習の際に快く持ってきていただき、お借りすることが出来ました!!R君のご両親、本当にありがとうございました。

 次の日、早速DVDを見てみることにしました。優弥とR君のあの名勝負を見た瞬間、2年間という時間の中で、うろ覚えになっていた記憶が繋がりました!そしてもの凄い衝撃を受けました。

      「なんだ!これは!!」

 と、正直に感動しました。「これは、本当に優弥の試合か!?」と、目を疑うような試合でした。何度も、何度も見直しました。しかし何度見直しても、紛れもない優弥とR君の試合でした。思い出の名勝負で書いた、大内刈りでの技ありや、その後背負投げにいって抑え込まれたというのも確かにそうですが、何より試合全体の中でR君という強敵に対し、

    「勝ちたい。何とかしてやろう!」

 と、精一杯動いたりあがいたりしている、優弥の気持ちの強さが見て取れました。

 これは、僕の個人的な思いですし、ビデオを見た感想ですが、小学3年生の優弥は、今よりもはるかに強い!!!そして素晴らしい柔道をしていました。これなんですよね。僕が見たかったのは。そして求めていたのは。なのに、多くのものを一気に望みすぎたあまり、優弥の一番の魅力を消してしまったように感じました。

 一緒にビデオに写っていたR君のお姉ちゃんのYちゃんも、一生懸命な素晴らしい柔道をしていました。Yちゃんの優しく明るそうな人柄が、そして柔道に対するひたむきさが試合にあふれ出ている様な内容ばかりですよね!ビデオに写っていた試合は、確かに負けてばかりの試合でしたが、彼女が中学生になった今でも、楽しそうに道衣を着た姿を見せてくれているのが、彼女がひたむきに柔道を信じて続けてきた結果ではないでしょうか。本当に感動しました。

 我が子も学年が進み、勝利や内容を親から一段と求められ、また、まわりのライバル達も成長し、苦悩していたのかもしれませんね。あの別人のような優弥は、もう戻ってこないのかもしれません。僕がその優弥の一番の良さを消してしまったのでしょう。。。

 ただ、優弥が今も2年前と変わっていない素晴らしいものが、まだ残っています。それは、

 「柔道が好きだ!」という気持ちと、柔道をしている時の「目」です。

 優弥には、多くのものを失わせてしまい本当に申し訳なく思いましたが、この2つだけは相変わらず変わっていないな、と思いました。だから、悩んでいた自分にこう思わせてくれたのです。

 「それで十分じゃないか。」

 今回、このDVDを見れて本当に良かったと思いますし、自分自身悩んでいた原因がようやく分かったような気がしました。R君のご両親、本当にありがとうございました!

 これから優弥には、小学3年生の自分を目標に、そしてガンガン攻める柔道をもう一度取り戻すために頑張っていってほしいと思いました。そしてもう一度、R君と名勝負を繰り広げられる日が来ることを楽しみにしていきたいと思っています!

 

|
|

« 緊急事態!! | トップページ | 本日のおすすめは??⑤ »

3兄妹の柔道成長日記」カテゴリの記事

コメント

 親御さんも試行錯誤。指導員も試行錯誤。そして選手自身も・・・weep
難しいですねぇ~。数学のように公式どおりには解決できませんから。
 でも『ちりとてちん』(毎度で悪いですが)の米倉斉加年と渡瀬恒彦師匠コンビが言ってました。人間は磨いてみても、今まで塗り重ねたモンしか出てこないと・・それが失敗であろうと、何であろうと。何もしてないモンからは、いくら磨いても何も出てこない。
 子供たちは今、たくさん、色んな物を塗り重ねていると思います。指導者の至らなさで結構関係ない物まで塗っていると思いますがcoldsweats01
 将来、磨いた時にshineキラキラ綺麗shineな色が出るようにがんばりましょう。

投稿: クリリン会長 | 2008年2月29日 (金) 18時51分

クリリン会長、ありがとうございます。気持ちが晴れた気がします。
結局、子供が好きだと言って続けてるなら、何も言うことはないはずなんですよね、親は。金曜の練習を見ていて思いました。一生懸命練習している子やサボっている子、先生の顔色をうかがっている子や要領の良い子。同じことでもできる子とできない子。この前出来た事が今日は出来ない子。みんなそれぞれです。でも、みんなが一生懸命です。だから見ていて面白いんでしょうね!それで良いと思いました。
師匠さんやクリリン会長のお言葉、いい言葉ですね。今、子供達が塗り重ねている色が、自分の好きな色ばかりにならないよう、将来綺麗な色になるようこれからも宜しくお願いします。

投稿: 柔道3兄妹の父、裕 | 2008年3月 1日 (土) 13時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/509209/10829905

この記事へのトラックバック一覧です: 失いかけていたもの:

« 緊急事態!! | トップページ | 本日のおすすめは??⑤ »